外壁リフォームガイド

 

<外壁リフォームを行う目的>

  1. 外壁材の経年劣化を遅らせて、長期間性能を持続させるため
  2. 台風・強風の際にでも、不具合を起こさないようにするため
  3. 外壁からの雨漏りを防ぐため
  4. 外壁の美観を長期間、持続させるため
  5. 遮熱効果・断熱効果・遮音効果を得るため

 

外壁リフォームは美観維持もそうですが「雨漏りを防ぐ」ためという目的がもちろん一番重要です。

外壁から雨漏りした場合「木下地・躯体」などが腐食する原因となり、シロアリなども寄せ付け、深刻な状態となってしまいます。

そうなる前に、外壁材の「塗膜保護や張替え・カバー」を行って、雨水の侵入からお家を守っていきます。

このような理由で、長期的に建物を長持ちさせ、快適な生活環境を維持するために外壁リフォームは必要不可欠なのです。

外壁リフォームの施工方法について

 

外壁リフォームには、主に「外壁塗装」、「外壁カバー工法」、「外壁張替え」があります。

外壁全体の修繕・メンテナンス工事のため、古くなり劣化した外壁材を塗膜で保護したり、新しく交換したりする工事内容です。

 

外壁塗装

外壁塗装は、最も一般的な外壁のメンテナンス方法です。

外壁塗装は、既存の外壁材に塗装を行って、素材の保護を行い、「耐久性の維持・美観向上」を目的として施工します。

工程は、高圧洗浄を行い、専用の外壁塗料で3回塗りを行って仕上げていきます。

外壁塗装について詳しくはこちら

外壁塗装の詳細

 

外壁カバー工法(重ね張り)

外壁カバー工法

外壁カバー工法(重ね張り)は、既存の外壁材の上から、新しい外壁材を重ねて「耐久性・美観の向上」を目的として施工します。

工程は、既存の外壁材の上から透湿シートを張り、胴縁を取付け、新しい外壁材を重ねて張り上げていきます。その後、新しい外壁材の取合いをコーキングで仕上げていきます。

 

メリット

既存の外壁材の解体作業費、処分費用が削減されるので、大幅に費用をコストカットできる点です。

また、外壁材が2重になるので、必然的に雨仕舞効果(雨漏りリスク)、断熱効果、遮音効果は高まります。

デメリット

少しだけ重たくなるという点と下地の状態を確認できないことです。

また、外壁材の劣化状況によっては施工できない場合もあります。

 

外壁張替え

外壁の張替えを行っている職人

外壁張替え工事は、既存の外壁材をすべて解体撤去して、新しい外壁材を張り上げ「耐久性・美観の向上」を目的として施工します。

工程は、既存の外壁材を解体撤去してから、下地の調整を行い、透湿シートを張り、胴縁を取付け、新しい外壁材を重ねて張り上げていきます。その後、新しい外壁材の取り合いをコーキングで仕上げていきます。

メリット

既存の外壁材をすべて解体するので、下地の状態が確認ができ、必要であれば交換することができる。

カバー工法と比べて、重量が軽量化できる点です。

デメリット

既存の外壁材の解体作業費、処分費用がかかる。

工期が長くなる。

 

外壁リフォームの目安

 

外壁リフォームは、外壁材の種類や劣化状況によって、施工方法や目安(時期)なのか変わります。

 

モルタル壁

モルタル壁

モルタル壁は、「砂と水とセメント」を混ぜ合わせて形成されている外壁材です。経年劣化で、表面の色あせや、剥離ひび割れが発生します。

築10年目で、「外壁塗装」を行うことで耐久性・美観を維持できます。

経年劣化が進み、ひび割れや剥離の状態がひどい場合には、「カバー工法」がおススメです。

サイディング壁(窯業系)

窯業サイディング

窯業系は、「セメントと繊維」が主な材料として使用されている外壁材です。経年劣化で目地のコーキングの劣化や表面の剥がれ浮きなどが発生します。

築10年目で、「外壁塗装」を行うことで耐久性・美観を維持できます。

築30年目以上と古くなってきたら、「カバー工法」「張替え」がおススメです。

サイディング壁(金属系)

金属の外壁材

金属系は、「アルミやガルバリウムなど」の金属の鋼板を形成しプレスするエンボス加工などでおしゃれに仕上げた外壁材です。経年劣化で表面の塗装によるコーティングが劣化した場合、色あせが発生します。

基本的にノーメンテナンスで良いとされていますが、錆の影響を考えると築20年~30年での「外壁塗装」をおすすめ致します。

トタン壁

トタン壁

トタン壁は、「亜鉛メッキ鋼板」を加工した材料で鉄板のため、経年劣化でが発生します。

非常に錆びやすく、こまめな「外壁塗装」が必要です。

塗装しても剥がれやすくなった時期に、「カバー工法」「張替え」が必要となります。

 

最後に

 

外壁リフォームは、建物を長期的に維持させていくために必要不可欠な工事です。

施工方法は、「外壁塗装」、「外壁カバー工法」、「外壁張替え」などがあり、劣化状況や予算に応じて選択できてます。

ある程度の年数が経過したら、そのまま放置せずに、適切な外壁リフォームを行っていきましょう。

コーキングの劣化

外壁リフォーム

サイディング直貼りとは?知っておきたい基礎知識から注意点まで徹底解説!

2021/11/8  

  現在、戸建て住宅に広く普及している窯業系サイディングも、製品として出始めた初期の頃は施工方法が完全に確立されていませんでした。施工後に発覚するようなトラブル事例があり、その代表的なものが ...

レンガの壁

外壁リフォーム

外壁をレンガ張りにリフォームするメリット・デメリット

2021/10/18  

  日本の住宅ではあまり馴染みが少ないですが、高級感あるオシャレな外壁材「レンガ張り」。 このレンガ張りの外壁材はその見栄えだけではなく、さまざまメリットがあるため、新しくレンガ張りにリフォ ...

アルミサイディング

外壁リフォーム

外壁をアルミサイディングにリフォームするメリット・デメリット

2021/10/11  

  外壁のリフォームでよく使われる商品に金属サイディングがあります。 この金属サイディングの素材には、「アルミ」、「ガルバリウム鋼板」などがあります。 「ガルバリウム鋼板」のサイディングは知 ...

外壁の点検

よくある質問 外壁リフォーム

外壁塗装と外壁張替えではどちらがおすすめ?

2021/10/5  

  外壁はお家を雨漏りから守る為や、美観を保つ為に定期的なメンテナンスを行う必要があります。 メンテナンスの方法は大きく分けて2種類あります。 既存の外壁の塗装を新しくする「塗装」と、外壁材 ...

外壁の高温化

外壁リフォーム

外壁リフォームで外張り断熱工法を行うメリット・デメリット

2021/9/4  

  外壁リフォームを検討している場合、思い切って「断熱材」の導入をしてみるのもおすすめです。断熱工事を行う事で、家の中が冬は寒く、夏は暑いといった状況の改善につながります。 ここでは、外壁の ...

サイディング壁

外壁リフォーム

外壁サイディングの種類やメーカー一覧まとめ

2021/7/27  

  現在では、戸建住宅の約7割に、サイディング壁が使用されています。 施工が容易で、デザイン性もあり、耐久性も期待できるため、使用頻度が高まっています。 そんな、サイディングには素材により様 ...

外壁本張り

外壁リフォーム

外壁リフォームの工法の種類と選び方

2021/5/19  

  外壁リフォームには工法や種類が幾つかあります。経年劣化によるひび割れやサビ等を塗装で保護したり、外壁を新たに張替えすることなどが施行内容になります。 施工方法の選び方は、外壁の劣化状況や ...

天井の雨染み

外壁リフォーム

外壁からの雨漏り原因とその解決方法は?

2020/11/18  

  雨漏りは屋根やベランダからだけではなく、外壁からも発生します。 ですが屋根からの雨漏りの原因はイメージがつきやすいですが、外壁からの雨漏りで考えられる原因はなんでしょうか? 外壁からの雨 ...

外壁リフォーム

外壁リフォーム

横浜市で外壁リフォームするならどこが良い?失敗しないための豆知識

2020/10/28  

  家の屋根とは違い、ちょっとした変化に気付く場所と言えば外壁ではないでしょうか。 なぜなら、外壁のひび割れや塗装剥がれが目視で確認できるからです。 そんなときに、そろそろ外壁リフォームをし ...

外壁リフォーム

外壁リフォーム

外壁リフォームで雨漏りを直すための費用はどれくらい?

2020/10/20  

  台風などの大雨によって、急に雨漏りが発生したら誰もが焦ってしまうでしょう。 ちなみに雨漏り発生箇所が、「2F天井」からの場合は「屋根が原因」である可能性がほとんです。 ですが、「2Fの壁 ...

© 2021 横浜市の外壁塗装、外壁リフォーム店|カベトップ Powered by AFFINGER5