外壁リフォーム

築40年で行う外壁リフォームの選択肢とは?

古い住宅

 

築40年にもなると、外壁材も老朽化し、さまざまな不具合もでてくるため、適切な施工方法が求められます。

適切な施工方法を選ばないと、外壁材の剥がれや被害の拡大にも繋がるため注意が必要です。

そこでここでは、築40年以降で行う外壁リフォームでおすすめの施工方法について解説していきます。

 

築40年で外壁塗装がおすすめできない理由

 

外壁リフォームと言えば、まっさきに思いつくのが「外壁塗装工事」だと思います。しかし、築40年で外壁塗装はあまりおすすめできません。

その理由として、外壁材の老朽化内部下地が腐食している可能性があるためです。

 

外壁材が老朽化しているため

外壁材の錆び

 

築40年の住宅では、定期的にメンテナンスを行ってきても外壁材自体が古くなっています。その上から塗装を行っても密着力が悪く、すぐに塗膜が剥がれてしまう可能性があるためです。

とくに対象となるのが「トタン壁(鉄系)」、「羽目板壁(木系)」などです。また、一度もメンテナンスされていない場合やメンテナンス回数が1回程度の場合の「モルタル壁」、「サイディング壁」も注意が必要です。

 

内部が腐食しているため

木腐食

 

築40年以上となると「経年劣化や雨漏り」によって、内部の木下地、構造部が腐食しているケースが非常に多いです。腐食した状況のまま塗装を行った場合、外壁材の剥がれや浮きなどの原因となり、せっかく塗装しても不具合がでてしまいます。

内部は改善していないため、劣化状況によってはシロアリや地震による倒壊のリスクも最悪考えられます。これらのリスクを無視して塗装だけで判断するのは非常に危険なのです。

 

40年目でのおすすめの外壁リフォームとは?

 

築40年目で、基本的におすすめな外壁リフォームは「カバー工法」と「張り替え工法」です。どちらも外壁材を新しいものに交換するリフォームになります。それぞれのリフォームについて解説していきます。

 

外壁カバー工法

サイディング張り

 

カバー工法は、既存の外壁材の上から新しい外壁材を施工するリフォームです。

既存の外壁材の解体や撤去が必要ないので、リフォーム全体の工事費用を抑えることができます。また、外壁材にアスベストが含まれた建材が使用されている場合などにも効果的なリフォームです。

建物の外壁材が二重になることで「防音性」や「断熱性」の向上にも期待できます。

しかし、建物全体の重量が増えてしまうので、新しく使用する外壁材は基本的に「金属系サイディングから選択」する必要があります。金属系サイディングは見た目や質感に特徴があるため、好みによっては避けられてしまうこともあります。

 

外壁の張り替え工事

木下地解体

 

張り替え工法は、既存の外壁材をすべて解体、撤去してから新しい外壁材を施工するリフォームです。

既存の外壁材を撤去することで防水シートや下地、建物の構造体の劣化や腐食にも対応することが可能です。また新しく施工する外壁材も幅広く選ぶことができるため、「建物のデザインや外観に合った外壁材」にすることができます。

ただし、リフォーム費用が高額になることや工期が長くなるなどのデメリットがあります。さらに、外壁材にアスベストが含まれた建材が使用されている場合には、アスベストの撤去費用も必要になります。

 

部分的な外壁の張替えと外壁塗装工事

上塗り

 

基本的には古くなった外壁材には、「カバー工法」と「張替え」が推奨されますが、劣化状況に応じて外壁塗装の選択もありです。

何年かに一度と定期的な塗装を行った場合で、外壁が良い状態であれば塗装も行えます。また、劣化が進んでいる箇所のみ部分的に張替えを行い、他の部分は塗装で仕上げるという方法も良いでしょう。

外壁塗装を行う場合には、しっかりと調査を行ってから施工する必要があります。

 

総リフォームや建て替え

総リフォーム

 

築40年以上になると、劣化状況によっては「総リフォーム」や「建て替え」の検討が必要になることもあります。

とくに築40年間ノーメンテンナンスで雨漏りを放置してしまった場合などに考えられます。建物の構造体にまで劣化や腐食が進んでいる場合には、外壁材だけを張り替えても意味が無くなってしまいます。

このような場合は、内装を絡めた総リフォームか建て替えという選択肢も考えなければなりません。

 

外壁リフォームの費用相場は?

仮設足場設置

 

外壁リフォームでは、施工方法によってその費用が変わってきます。ここでは、「外壁塗装からカバー工法、張り替え工法」の30坪の場合の費用相場を解説していきます。

 

外壁塗装

 

外壁塗装にかかる費用は、建物の大きさや選択する塗料のグレードなどによって異なります。一般的なサイズの住宅の外壁塗装にかかる費用相場は「70万~110万円前後」です。

費用の中には、外壁塗装工事を行うのに必要な「高圧洗浄、養生、雨樋、雨戸」などの付帯部分への塗装費用などすべての費用が含まれています。

 

カバー工法

 

カバー工法にかかる費用は、建物の大きさや選択する外壁材によって異なります。カバー工法では樹脂系サイディングや金属系サイディングを選択することが可能です。

一般的な外壁材を使用した場合のカバー工法の費用相場は「150万~250万円前後」です。この中には、胴縁や透湿シートなどの下地材も含まれます。

 

張り替え

 

張り替えにかかる費用も、建物の大きさや選択する外壁材によって異なります。張り替えでは、新しく設置する外壁材への条件が幅広いことから必要な費用にも差が出やすくなっています。

一般的な外壁材を使用した場合の張り替えの費用相場は「200万円~300万円」になります。また、張り替えを行う際には、アスベストの撤去費用や木下地、構造部材の補修などの費用が追加でかかってしまうこともあります。

工事を行う前には既存の外壁材の調査や下地補修の有無を把握しておくことが大事です。

 

まとめ

 

築40年で行う外壁リフォームでは、外壁材の老朽化や下地、構造部の腐食の可能性から「外壁塗装」よりも「カバー工法や張り替え」などの外壁材を新しくするリフォームがおすすめです。

メンテナンス状況によっては、部分的な修理後に塗装を行ったりすることも問題ありません。ですが、反対に40年間ノーメンテナンスの場合は、総リフォームや建て替えを検討する必要があるので注意が必要です。

このように、築40年以降では今までどのようなメンテナンスを行ってきたかで、選択肢が変わってきます。適切なリフォームを行うためには、しっかりと施工業者と打ち合わせを行い検討していくことが大事です。

-外壁リフォーム

© 2022 横浜市の外壁塗装、外壁リフォーム店|カベトップ Powered by AFFINGER5