外壁リフォーム

外壁リフォームで雨漏りを直すための費用はどれくらい?

外壁リフォーム

 

台風などの大雨によって、急に雨漏りが発生したら誰もが焦ってしまうでしょう。

ちなみに雨漏り発生箇所が、「2F天井」からの場合は「屋根が原因」である可能性がほとんです。

ですが、「2Fの壁」「1Fの天壁」から雨漏りが発生した場合は、「外壁が原因」である可能性は高いです。

雨漏りは屋根からと思っている方も多いと思いますが、実は外壁からも雨漏りは起きるんです。

外壁から雨漏りが起きた場合には、「外壁リフォーム」を行う必要がありますが、どのような施工方法があり、どれくらいの費用が掛かってくるのでしょうか?

ここでは、外壁リフォームで雨漏りを直す場合の施工方法や費用について解説していきます。

 

外壁リフォームで雨漏りは直せる?

天井からの雨漏り被害

 

そもそも、外壁リフォームといっても種類があります。

主には「外壁塗装」「外壁カバー(重ね張り)」「外壁張替え」と3種類あります。

実は、この施工方法によっては雨漏りを直せるものと直せないものがありますので、注意が必要です。

 

外壁塗装工事

 

外壁塗装工事は、壁面に塗膜を塗って防水を行っていく工事です。

塗膜を塗ることで、雨や紫外線から壁面を守り、外壁の劣化を遅らせる役目があります。

この外壁塗装ですが、実は「雨漏りを対策(雨漏り防止)」する工事であって、雨漏りしてしまったものに対しては、効果があまり期待できないため注意が必要です。

もちろん、ピンポイントで外壁のひび割れや割れが見つかり、そこが原因だとわかれば問題ありません。

ですが、雨漏りはどこから侵入しているのか特定が難しいことと、塗膜による補修を行っても再発する可能性は高いという点があり、不安が残ってしまう工事となってしまいます。

また下地が腐食している場合には、傷みがそのまま残ってしまい、外壁材もフカフカしている状態で塗っても塗膜が剥離しやすく効果が薄れてしまいます

このような事から、外壁塗装で雨漏りを直せる場合もありますが、直せないケースも多いです

 

外壁カバー(重ね張り)工事

 

外壁カバー(重ね張り)は、既存の外壁材の上に新しい外壁材を張って仕上げていく工事です。

新しい外壁材を上からカバーすることで、外壁の耐久性は上がり、断熱、遮熱効果も期待できます。

新しい透湿シート(防水シート)を張り、怪しい箇所をすべてカバーできるので、雨漏りを直すという上では、効果が期待できる工事内容です。

デメリットとしては、塗装費用と比べると予算が掛かってしまう事です。

外壁張替え工事と比べると、既存の外壁材を剥がさないので、内部下地の腐食状況がしっかり把握できないことと、新しく重ね張りを行う外壁材の種類も限られてきます

 

外壁張替え工事

 

外壁張替え工事は、既存の外壁材を解体して、新しい外壁材に張替えを行っていく工事です。

新しい外壁になるため、耐久性も上がり、外壁材の種類によっては断熱、遮熱効果も期待できます。

既存の外壁材を剥がすため、内部の腐食状況が把握でき、必要に応じて補修や補強を行ってから、新しい外壁材を張ることができます。

カバーと同様に、新しい透湿シート(防水シート)を張り、怪しい箇所をすべて張替えるので、外壁からの雨漏りを直すという上では最善の工事です。

デメリットとしては、塗装に比べて費用が割高な点と、カバーと比べて「外壁材を剥がす手間」と「処分費」が掛かってしまい予算が上がってしまう事です。

ですが、ある程度ピンポイントで雨漏り箇所が特定できれば、そこだけ張替えて直すという事も可能で、予算を大幅に抑えられます。

 

外壁からの雨漏りを放置するとどうなってしまう?

シロアリによる木部の被害

 

外壁からの雨漏りを直すには大変なので、そのまま手を付けず放置した場合にはどうなってしまうのでしょうか?

 

剥離や浮いてくる

 

外壁から漏水すると、もちろん外壁材にまずダメージが現れてきます。

主なものとして、外壁材の「ひび割れや剥がれ、浮き」などです。

漏水すると外壁材が水分を含み、表面が剥離したり、浮き上がってきます。

浮きが悪化すると、ひび割れや外壁材が割れて剥がれ落ちてしまうこともあります。

 

下地が腐食する

 

外壁材の下地には、木材が使われています。

長期的に漏水すると、この木下地が腐食してしまい、透湿シートを傷めると、「雨漏り」が発生します。

その雨漏りをさらに放置してしまうと、最悪は躯体にまでダメージが広がってしまう事があります。

 

シロアリの発生

 

木下地が腐食すると、「シロアリ」が発生してしまいます。

シロアリは、湿って腐った木材は好物なので、次々と集まってきます。

腐食した木材は、このシロアリによってさらに食べられてしまい被害は深刻化してしまいます。

 

外壁リフォームの費用はどれくらい?

外壁の塗装を行っている職人

 

外壁から雨漏りした場合には、早く修理を行った方が良いでしょう。

ですが、まずはどのような施工方法が適しているのか診断してもらう必要があります。

調査方法もいろいろありますので、下記を参考にしてみてください。

 

外壁塗装を行う場合の費用

 

外壁塗装の費用は主に「塗り面積・塗料」によって変わってきます。

 

【例】30坪の塗料別の費用相場

塗料の種類 アクリル ウレタン シリコン ラジカル フッ素
相場価格(税込み) 73万円 78万円 83万円 83万円 95万円

 

上記単価は、「仮設足場」、「高圧洗浄」、「養生費」、「塗装3回塗り」、「付帯部の塗装」などを含めた金額となっています。

コーキングによる工事が必要な場合は、別途かかってきます。

 

外壁塗装の相場価格はどれくらい?<30坪編>

 

外壁カバー(重ね張り)を行う場合の費用

 

外壁カバー工事の費用は「外壁の施工面積×単価(本体・胴縁・透湿シート・役物)」で変わってきます。

外壁塗装と違って、施工面積以外にも「建物の構造」によって必要な役物が変わってくるため、複雑な構造なほど費用が割高となってきます。

 

【例】施工面積の㎡単価(仮設足場無し)

外壁カバー工法の費用相場 ¥8000~12000円/㎡」

 

上記単価では、「器具脱着費」、「透湿シート」、「胴縁」、「本体(商品)」、「コーキング」の費用が含まれています。

外壁カバー工事の場合は、建物によって費用が変わってくるため、現場を確認しないで「概算費用」を伝えるのが難しいです。

 

外壁カバー工法(重ね張り)はどれくらいの費用がかかる?

 

外壁張替えを行う場合の費用

 

外壁の張替えは、外壁カバーと同様に「外壁の施工面積×単価(本体・胴縁・透湿シート・役物)」でおおよそ決まってきます。

そして、上記にプラスして「外壁の施工面積×(既存外壁の解体費用+廃材処分費+下地調整費)」がかかります。

 

【例】施工面積の㎡単価(仮設足場無し)

外壁張り替えの費用相場 ¥11,000~15,000円/㎡」

 

使用する本体(サイディング材またはトタン材)も「窯業系か金属系」なのか、「素材、デザイン性やマイクロガード、フッ素鋼板」など材料の耐久性も幅広く、どの商品を使用するかにより費用が違います。

 

外壁の張替え費用はどれくらいかかる?

 

外壁リフォームの業者の選び方は?

家とお金について説明している男性

 

外壁リフォームの種類や費用についてわかったけど、一番重要なのは「施工業者選び」です。

ここをしっかり選定しないと、「手抜き工事やぼったくり工事、雨漏りが改善されない」などのリスクがあります。

 

会社が近くにあるのか

 

会社が近くにあると、何かあったときに安心ですし、交通費などを削減できるため費用も多少なりとも変わってきます。

何より、近所なので、下手な工事が出来ないという点が大きいです。

手抜き工事を行うと、評判が下がるので活動ができにくくなるためです。

まずは、地元の会社を中心に探していくことが大事です。

 

保証・アフターがしっかりしているか

 

保証の有無はしっかりと確認を行った方が良いでしょう。

目安としては、外壁塗装「5年間」、板金工事「10年間」が一般的です。

工事後に、どのようなアフターサービスを行ってくれるのかの確認も大事です。

しっかりと保証書を出してくれるところを選びましょう。

 

施工実績は豊富か

 

施工実績がどれくらいあって、「何年」くらい活動しているのかも確認した方が良いです。

経験が余り少ないと、アイディア(提案力)の不足や実際の工事も臨機応変に対応できない業者もいます。

実際に似たような施工現場を見せてもらったり、ホームページで実績を確認することも重要です。

 

資格があるのかどうか

 

その施工業者に有資格者がいるのか、実際に作業に入ってくれるのか確認が必要です。

塗装工事であれば「一級塗装技能士」、サイディング工事であれば「一級建築板金技能士」などの資格があると安心です。

また、「雨漏り診断士」や「外装劣化診断士」、「施工管理技士」などもあると、外壁の雨漏り調査時に良い提案をもられる可能性が高まるでしょう。

 

担当の対応は良いか

 

現地調査や見積もりに来る営業担当の人柄も重要なポイントです。

工事について良い提案してくれるのか、説明をしっかりと行ってくれるのか人によって違います。

工事前のやり取りは、そのまま工事後にも続きます。

良いやり取りが出来る営業担当だと、そのまま工事も気持ちよく行える可能性が高まります。

 

費用が安すぎず、高すぎない

 

実際の工事費用ですが、相場費用に対してあまりにも安すぎる業者は、「手抜き工事」が考えられます。

逆に、高すぎる業者は、「ぼったくり工事」です。

どちらを選んでも後悔してしまう結果になりやすいので、相場に近い適正価格で工事を行ってくれる業者を選ぶことが無難な場合が多いです。

 

外壁塗装の安すぎる見積もりに気を付ける点は?

 

外壁リフォームを安くする方法はある?

 

品質を下げずに、外壁リフォームを安く行う方法は、「施工業者」を比較するしかありません。

施工業者の比較は、3社でくらいがおすすめです。

少ないと比較はできませんし、多すぎても比較するのが大変です。

比較する際の注意点として、安くなったことで手を抜かれてしまったら本末転倒です

安さだけで、選ばないよう品質なども確認して検討してきましょう。

 

外壁塗装で値引き交渉する場合の4つの手順

 

最後に

 

外壁から雨漏りが発生した場合には、早めに外壁リフォームを行う事が重要です。

ちなみに外壁リフォームの種類があり、「外壁塗装工事」、「外壁カバー工事」、「外壁張替え工事」があります。

外壁塗装では、雨漏りの解決に至らない場合もありますので、施工方法をしっかりと相談して決めていくことが大事です。

雨漏りが発生すると被害はどんどん拡大してしまいます。

そうならないように、まずは見積もり依頼を行い、状況を把握して検討を行っていきましょう。

-外壁リフォーム

© 2021 横浜市の外壁塗装、外壁リフォームなら地域密着で安心保証のカベトップ Powered by AFFINGER5