外壁塗装の費用相場 外壁塗装のQ&A

外壁塗装をツートンカラーにする際に知っておきいことは?

更新日:

外壁塗装をツートンカラーにする方も多いですが、塗った後に色の組み合わせで失敗したと感じてしまうことも少なくないものです。

そうした失敗をしないためには、色相環の隣り合う色や「近い位置にある同系色」で2色を選ぶと、まとまって見えるのでおすすめです。

ただ、2色を選択したけど何となくまとまらないと感じる場合には、別の色で境界を入れる「セパレーションカラー」を利用して「計3色」で仕上げていくのも方法です。

この方法では、主に外壁以外の「帯板と言われる真ん中の付帯部」の色を変えていくのが効果的です。

セパレーションカラーにより色同士を分離すると、強い配色を緩和してくれたり弱すぎる配色を締めてくれたりして見え方を調整してくれるので、より効果的な配色に変えることができます。

ただし、セパレーションカラーに目立つ色を選んでしまうと意味がなくなるので、「無彩色・低彩度色」などを使うことも大切なポイントです。

ツートンカラーにする際の区切り方は?

ツートンカラーにするにしても、どのように塗るのかによって印象も大きく違った仕上がりになります。

その為、どのように塗るとどんな印象になるのかを事前に知っておくことは、失敗しないためにも大事なポイントのひとつです。

ツートンカラーにする場合に「1階と2階に分けて」外壁塗装をするケースは、比較的多くみられる塗り方と言えます。

このような塗り方をすると重厚感のある印象を与えられますし、2階部分に明るい色を使用すると家を広く大きく見せる効果が得られるのです。

また最近では「縦に色を分ける塗り方」をする住宅も増えてきていて、このように縦に分けると塗料の色にもよりますが、スタイリッシュな雰囲気を与えることができるのです。

それから出っ張り部分(バルコニーなど)のみ色を変えるといったツートンカラーの方法もあって、こうすることで建物がより立体的なイメージになります。

外壁塗装シミュレーションは参考程度に

外壁塗装の色を決める際にイメージしやすいようにと、シミュレーションを行っている業者さんも最近では多くなってきています。

このシミュレーションは、外壁塗装を終えた状態が想像しやすいので人気ですが、そのイメージだけで決めてしまうと失敗することもあります。

それはコンピューターのディスプレイにより色の見え方が変化してしまったり、プリンターによっては同じ色でも違う色に見えてしまうことが理由です。

また、大きさによって色の見え方が変わるという色の面積効果もあって、同じ色であっても見え方が変化してしまうのです。

色を決める際にはこれらのことを理解した上で選ぶことが大切ですし、失敗するリスクを減らすことにもつながります。

まとめ

外壁塗装で色をツートンカラーにしたい場合には、「同系色」の色で分けていくと比較的まとまって違和感なく仕上がってくると思います。

色の分け方としては、「1Fと2F」で分けていく方法と「縦のライン」で色を変えていく方法、「バルコニー」などの色を変えていく方法があります。

基本的に2色でおさめていくと、違和感なく綺麗に仕上がってくるでしょう。

また、色を決める際には、大きめの「カットサンプル」を業者に依頼して、直接外壁と見比べながら色を何種類か決めていくとイメージがしやすいです。

最終的に候補色の中から、カラーシュミレーションを利用して決めていくとより理想に近づけるでしょう。

そのほか、色に関しては「施工業者」に相談していくのが一番でしょう。

ですが業者によってもセンスや提案力が違いますので、まずは業者選びが一番重となってくるでしょう。

外壁塗装業者の選び方はこちら

-外壁塗装の費用相場, 外壁塗装のQ&A

Copyright© 【屋根外壁リフォームガイド】費用相場と業者の選び方まとめ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.