防水工事

屋上防水の費用はどれくらい?施工方法別に解説!

 

屋上防水工事は、主に「ビルやマンション、アパート、一般住宅でも陸屋根」の場合など、屋上が防水施工されているお宅に対して行うリフォーム工事です。

屋上の防水も10年前後から劣化が進行して、ひび割れや防水塗膜が劣化してくるため定期的なメンテナンスが必要となってきます。

屋上防水も劣化を放置してしまうと雨漏りの原因となり、劣化状況が酷い場合には防水だけでは間に合わなくなり、大規模な工事につながるケースもあります。

そんな、屋上防水も様々な施工方法がありますので、それぞれの費用についてご紹介しています。

 

屋上防水の施工方法の種類

 

屋上防水工事の種類 耐用年数
ウレタン防水 10年~12年
シート防水 12年~15年
アスファルト防水 15年~20年

 

屋上防水工事は、どの工法を用いるかによって、「費用」、そして「耐用年数」も変わってきます。

耐用年数に関しては、建物の造りや環境によっても大きく異なります。

どの施工方法を選ぶのかは、屋上の状態や劣化状況、予算によって変わってくるでしょう

また、それぞれの工法にはメリットデメリットがありますので、特徴をしっかりと把握して選ぶことが肝心です。

導入コストが割高としても、耐久年数が長くメンテナンスをあまり必要としない工法は長期的に見ると安く済むというケースもありますので、最初の工事の費用だけでなく次回メンテナンスについても一緒に考えてみる方が良いでしょう。

 

ウレタン防水の費用単価

 

防水工事の中で、一番よく選ばれている施工方法がウレタン防水です。下地から「2~3回」ウレタン塗料を塗って、防水層を形成して仕上げていく工法です。

塗料で仕上げるため複雑な構造でも塗装が出来るというメリットがあります。

ですが、ウレタン防水は乾くのに時間を要すため、工期がかかる点はデメリットとなります。費用のほとんどは、その人件費で高くなってしまうケースがほとんどです。

屋上もそうですが、戸建てのバルコニーなどの防水でもよく施工されています。

 

費用相場

ウレタン防水の費用単価:¥3,500~7,500円/㎡

 

シート防水の費用単価

 

シート防水は、表面の塗膜(トップコートの塗り替え)が不要で、アスファルト防水の次に耐久性があります。

シート(塩ビシートやゴムシート)を使用して防水していく工法です。

過度な下地調整が不要で、塗膜ではないので気泡など不具合が発生しないというメリットがあります。そのほか、軽量で工期が短めであること、メンテナンスフリーで長期間耐久性を維持するという点がメリットです。

デメリットは、シートを張るという工法であることから、複雑な構造をしている場所には施工が難しいという点です。

 

費用相場

シート防水の費用:¥3,000円~7,000円/㎡

 

アスファルト防水の費用相場

 

アスファルト防水は、主にビルやマンションなどの屋上で施工されています。防水シートの上から、高温のアスファルトを塗り防水層を形成していく工法です。

防水工事の中では、もっとも耐久性があります。

ですが、施工中に煙や臭いが発生したり、重量があるので、戸建てやアパートへの施工、リフォームでの施工は難しいです。

小さい屋上防水には向いておらず、かなり広い面積で工事をすることが前提となります。

 

費用相場

アスファルト防水の費用:¥5,500~8,500/㎡

 

最後に

 

屋上防水工事の費用単価をご紹介していきましたが、これらはあくまで目安であり、屋上の形状や用いる材料の質などによっても変わってきます。

屋上防水では、いくつかの工法がありますが、それぞれメリット・デメリットありますので違いを確認して、適切な施工方法をご検討ください。

-防水工事

© 2021 横浜市の外壁塗装、外壁リフォームなら地域密着で安心保証のカベトップ Powered by AFFINGER5