防水工事

ベランダのひび割れはなぜ起きる?その原因や補修方法について解説

バルコニーのひび割れたモルタル

 

洗濯物を干したりする際、ベランダの床に「ひび」が入っているのを見かけたりすることがあると思います。

そのひび割れは放っておくと雨漏れに繋がる原因となってしまうので早めの対処が必要です。

ここでは、ベランダにひび割れが発生する理由や対処方法などについて紹介していきます。

ひび割れは経年劣化により発生する

ひび割れ

 

ベランダにひびが入る原因の殆どが経年劣化によるものです。ベランダは常に紫外線を浴び続けています。

その為、紫外線により塗膜が劣化しひび割れを起こしてしまうという訳です。

他に、ベランダは雨水にさらされる時間が長いというのも原因の1つです。

ベランダは人が歩くように設計されている為、なるべく平坦に作られております。

その為、必然的に屋根よりも勾配が緩くなり、水はけが悪い状態にあります。水に浸っている時間が長い分、劣化が早くなってしまいます。

 

ベランダの構造とは

 

  1. 木下地、コンクリート下地
  2. 防水層(ウレタン、FRP)
  3. トップコート

ベランダの多くは「木下地+防水層+トップコート(塗装)」や、「コンクリート下地+防水層+トップコート」といった複層構造により仕上げられています。

小さなひび割れの場合、表面のトップコートにのみ発生していることが多いです。しかし、小さなひび割れも放っておくのはかなり危険です。

そのひび割れを放っておくことで防水層や下地にまでひびが入り、補修が大掛かりになってしまう恐れがあるためです。

ひび割れが深い場合は、下地まで割れていることが多いため、このケースは早急に対処した方が良いでしょう。

 

ひび割れの対応方法

 

ベランダの床にひび割れを発見した場合、早急に補修対応を行う必要があります。

DIYでも簡単に行える方法もある為、それぞれ紹介していきます。

 

コーキング補修

バルコニーのモルタル補修

 

一番簡単な方法として、ひび割れ部にコーキングを注入することで補修を行えます。

器用な方であればDIYでも行うことができます。

工具や材料などは通販やホームセンターで購入することが出来るため、早急に対処できます。

しかし、穴埋めをしっかりと行っていないと、水の侵入は止まらないので、注意が必要です。

 

トップコート、防水層の塗り直し

ウレタン防水

 

全体的にひび割れが入っている場合や、表面の塗膜の劣化がみられる場合は、全面的なメンテナンスが必要です。

軽度な劣化であれば、仕上げのトップコートの塗り直しで問題ありません。

ひび割れが深く防水層に傷みがある場合は、防水層からやり直した方が良いでしょう。

 

下地の補修が必要な場合もある

モルタル塗り

 

雨漏りなどが酷い場合は、下地からやり直すケースもあります。

木下地の場合は木下地の張替え、コンクリート下地の場合はモルタル補修や塗り直しなどを行う必要が出てきます。

 

劣化を防ぐ為には定期的なメンテナンスが必要

劣化したベランダ

 

屋根や外壁は定期的なメンテナンスを行うのに対し、ベランダのメンテナンスを怠ってしまう方は多いのではないでしょうか。

ベランダのメンテナンスは屋根や外壁同様で非常に重要な項目ですので必ず行ってください。

具体的なメンテナンス方法として、定期的なトップコートの塗り直しが必要です。屋根や外壁同様10年に1度のペースで行うことをおすすめします。

他に見落としがちなのが「排水溝」のメンテナンスです。

ベランダの排水溝には泥やホコリなどが原因で詰まりやすくなっています。

排水溝が詰まることで水はけが悪くなり、トップコートの劣化にも繋がってしまう為、注意が必要です。

 

最後に

 

ベランダのひび割れは小さいからといって放っておくのは非常に危険です。

見かけた際はなるべく直ぐに補修などの対応を行いましょう。

また、ひび割れが起こる原因をしっかりと把握し、メンテナンスを行うことで劣化しづらい環境を作ることも大切です。

-防水工事

© 2021 横浜市の外壁塗装、外壁リフォームなら地域密着で安心保証のカベトップ Powered by AFFINGER5