防水工事

タイル張りバルコニーに防水する必要はあるのか?

更新日:

タイル張りバルコニー

 

タイル張りバルコニーは、見栄えがよくオシャレなのでタイルを張るお宅も多くなっています。

ですが、タイルも年数が経過してくる汚れやひび割れなど、様々な不具合も発生してきます。

そのような場合、バルコニーのメンテナンス方法と言えば「防水工事」があげられますが、その必要性について疑問に思う方も多いと思います。

タイル張りバルコニーは、どのようにメンテナンスを行っていけばよいのでしょうか?

ここでは、タイル張りバルコニーの「防水や補修」必要性と施工方法について解説していきます。

 

バルコニーにタイルを張る理由は?

タイルを張る

 

そもそもどうしてバルコニーにタイルを張るのか?

理由は大きく3つのタイプに分けられます。

 

見栄えが良い

 

タイル貼りはオシャレな雰囲気になりますし、カラーを工夫することで「華やかな印象にも落ち着いた印象」にも工夫ができます。

殺風景になりがちなバルコニーをタイルで彩ることができるわけです。

またバルコニーは光が建物に入り込んでくる重要な場所でもあります。

そのためタイルを明るい色や光を反射しやすい色にすると「部屋全体が明るくなる」メリットも期待できます。

日当たりなどで室内が暗い雰囲気になりやすい立地条件の場合にはとくにこの点のメリットが大きくなるでしょう。

一方、フローリングの床と同系統のカラーを選択すれば、バルコニーと室内が連続しているように見えることで全体が広く奥行きを持って見えるようになるのも魅力です。

 

2つ目は日常生活における実用性

 

タイルは滑りにくいメリットがあるため、「転倒のリスクを軽減」できます。

とくに雨の日や湿度が高い日のバルコニーは滑りやすく、高齢者や小さな子どもがいる家庭では少々不安も付きまとうものです。

バリアフリー対策の一環としても役立てられるでしょう。

植木鉢などを設置する場合でもこのすべりにくさはメリットになるはずです。

 

3つ目は耐久性の問題です

 

バルコニーにタイルを敷き詰めることで、雨風や太陽光の直射日光が「床(下地)」に直接当たるのを防ぐことができるので「耐用年数が長く」なります。

通常のモルタル下地や防水層では、「8年~10年」でメンテナンスが必要なのに対して、タイルでは「15年~20年」はノーメンテナンスで保てるでしょう。

タイルそのものが耐久性に非常に優れているのでメンテナンスの手間が省ける点も魅力です。

 

タイル張りのバルコニーは防水や補修が必要?

バルコニータイルの劣化

 

耐久性や防水性に優れているタイルですが、「15年~20年」以上経過してきたら、劣化状況によってタイル補修や下地の防水を行う必要が出てきます。

また、タイルの劣化を防ぐために「タイルに防水」を行うケースもあります。

簡易なメンテナンス方法順にみていきましょう。

 

タイルの補修

 

タイルそのものが紫外線の影響で劣化した結果「ひび割れ」てしまうこともありますし、タイルを接着しつなぎ合わせている接着モルタルや目地の材料が劣化して、「タイルが剥離」してしまう、「浮き上がってしまう」といった問題も出てきます。

また外れたりヒビが入ったりした部分に雨水が入り込んでしまうと劣化がどんどん加速してしまう悪循環に陥ることもあります。

ですから、状況によっては「タイルの補修」「部分的に張替える」必要性があります。

 

下地の防水

 

タイルに問題が無くても、ある程度年数が経過してくると「タイル下のモルタルや防水層」は劣化してきます。

下地に「ひび割れ」など発生すると、隙間から雨水が入り込み雨漏りする原因ともなります。

また、厚めのタイルが下地の上に置いてあるだけのタイプだと、「ごみや汚れ、コケや藻」なども下に溜まるため清掃も行はなくてはなりません。

 

下地の上に置いてあるタイル

 

タイルがあるのでメンテナンス頻度は少なくなりますが、いずれは防水工事を行う必要があります。

 

タイルの塗装

 

タイルであれば、「防水性」に優れているため、屋根がついているバルコニー(ベランダ)だったらとくに防水工事をしなくても問題はないでしょう。

ですが、雨に晒されやすい環境の場合や、できるだけ長くよい状態を維持したい場合には防水(塗装)工事も検討しておくとよいでしょう。

工事といってもそれほど大規模なものではなく、表面を専用の塗料で塗装するだけでも、汚れ防止や多少劣化を遅らせることにつながります。

 

タイルのメンテナンス方法について

防水施工

 

タイルのひび割れ補修

 

タイルや目地にひび割れが発生した場合には、ひび割れ箇所に「専用の補修材」で充填して穴埋めしていきます。

タイルのひび割れが酷い場合には、部分的に張り替えて交換を行っていくケースもあります。

 

下地の防水

 

タイルが置いてあるだけで脱着が可能な場合には、既存タイルを剥がして「下地の防水」を行い、またタイルをもとに戻していきます。

下地がモルタル仕上げの場合では、「ウレタン防水」または「FRP防水」を行い、下地がウレタンやFRP防水仕上げの場合には「トップコートの塗り替え」を行っていきます。

 

ベランダ・バルコニーの劣化症状と最適な補修方法は?

 

タイルの張替え及び防水

 

タイルがモルタル下地に接着されている場合には、既存のモルタルを解体して、下地を補修してから防水していきます。

既存タイルが再利用できないので、タイルを新しく交換する必要があり、もっとも費用が高額になってしまいます。

そのため、タイルを新しく張らずに、「ウレタン、FRPやシート防水」で仕上げてしまうケースも多いです。

 

 

まとめ

記事のまとめ

 

タイル張りのバルコニーの耐久性は高いですが、さすがにある程度の年数が経過してくると「防水や補修」を行う必要がでてきます。

簡易的な補修から、大掛かりな防水工事までさまざまです。

タイルだから大丈夫と判断して、メンテナンスを放置してしまうと雨漏りの原因となるので注意が必要です。

もし、雨漏りが発生していた場合には、早急に対処することをおすすめします。

放置してしまうと下地の木材が腐食して、被害が悪化してしまうからです。

メンテナンスを行う場合には、施工店によって提案方法や費用がさまざまですので、何社かで比較して納得できる業者に依頼していくと良いでしょう。

 

防水工事の費用相場の確認・お見積り依頼はコチラ▽

 

防水工事の「費用を少しでも抑えたい」「優良な業者に依頼したい」方は、下記の一括見積もりサイトのプロヌリがおすすめです。

地元の優良業者を比較することで最適な業者を選ぶことができます。

もちろん無料で、「匿名で費用相場の確認」「お見積り依頼」ができます。

おススメお見積り比較サイト

外壁・屋根リフォーム専門サイト「プロヌリ」

プロヌリで比較

プロヌリは全国対応で、加盟基準を満たした500社の中から地元の優良業者を紹介してくれます。

外壁・屋根塗装、雨漏り、防水工事の「劣化具合に応じた提案力」「最適な工法の提案」を行える業者が加盟しています。

もちろん、厳選された自社施工店が数多く登録しており、「費用面」、「施工面」でも信頼と実績があります。

外壁・屋根専門で工事を行っている業者の紹介となりますので、塗装・防水メインでお考えの方は「プロヌリ」はおススメです。

口コミ・評判はコチラ

公式サイトはコチラ

その他の一括見積サイトはこちら>>

 

-防水工事

Copyright© 【屋根外壁リフォームガイド】費用相場と業者の選び方まとめ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.