外壁リフォーム

外壁リフォームで外張り断熱工法を行うメリット・デメリット

外壁の高温化

 

外壁リフォームを検討している場合、思い切って「断熱材」の導入をしてみるのもおすすめです。断熱工事を行う事で、家の中が冬は寒く、夏は暑いといった状況の改善につながります。

ここでは、外壁の外張りによる「断熱リフォーム」について解説していきます。

 

外張り断熱リフォームとは?

外壁リフォーム

 

断熱リフォームには、「建物の柱の外側と間と内側」に行う施工方法があります。

外側に行う工法が「外張り断熱工法」、間に行う工法が「充填断熱工法」、内側に行う工法を「内断熱工法」と呼ばれています。

柱の間や内側に行う工法は、主に内装工事となり、外壁リフォームでは「外張り断熱工法」が行われます。

この外張り断熱工法は、既存の外壁材を解体後、またはその上から断熱材を張って仕上げていきます。

古くなった外壁材のリフォームを行うついでに、この外張り断熱リフォームも一緒に施工されています。

 

外張り断熱リフォームを行うメリット

光熱費の削減になる

 

断熱材が入っていない家の場合、暖気や冷気が室内外へ漏れてエアコンの効きが悪くなります。

そして、なかなか冷暖房が効かないため、1日中エアコンをつけっぱなしにすることもあります。しかし、断熱材を入れると冷暖房を使い過ぎず、節電につながり光熱費の削減が可能になります。

 

防音対策になる

 

断熱は防音対策にも効果的です。騒音や生活音を防ぎ、落ち着いた生活や安眠にもつながります。屋内外の音を遮断し、自分自身の時間を静かに過ごせるようになります。自分自身のプライベートな空間はもちろんのこと、近隣住宅への音の配慮も可能になります。

小さなお子様がいる家庭や、住宅密集地、市街中心部などの家庭にはとても効果的です。

 

結露やカビの抑制

 

さらに、室内外の激しい温度差が緩和されるので、結露やカビの発生が抑えられます。そのため、家の劣化防止につながり、家が長持ちするようになります。

 

外張り断熱を行うデメリット

工事費用が割高になる

 

メリットの多い断熱のリフォームですが、部分的な施工にしてしまうと前述したような効果が期待できません。そのため、家全体のリフォームを行うことになり、費用が高くなってしまうのがデメリットです。

 

屋根やサッシの状況によっては効果が少ない

 

熱の出入りは外壁だけではありません。屋根やサッシからも熱が出入りするため、状況によっては外壁だけ断熱リフォームを行っても効果が薄い場合もあるため注意が必要です。

 

外張り断熱リフォームの施工方法とその手順

施工方法

断熱材を施工し、その上から外壁材を張る

外張り断熱工法

出典:ケイミュー

外壁リフォームには、既存の外壁材を張り替える「張替え工事」と既存の外壁材の上から重ね張りする「カバー工法」があります。

外張り断熱リフォームでは、新しい外壁材を張り上げる前に断熱材を施工します。

断熱材がその役割を十分に発揮し、外からの熱気や冷気を屋内に入り込むのを防いでくれます。

新しい外壁材には、サイディング壁が主に使用されています。

 

断熱の性質を持った外壁材を張る

サイディング張り

 

外壁リフォームの際に、断熱材としての性質を持っている外壁材を張り、外張り断熱を行う工法です。

もともとの外壁に空気層を作り、その上から断熱効果のある外壁材を張ります。こちらの工法は金属系のサイディングが主となり使われています。

コストは下がりますが、断熱材そのものを施工する前述の工法に比べると断熱効果は劣ります。

しかし、外壁の厚みを抑えられるため、狭小地や住宅密集地などでも施工が可能です。

 

施工手順

外壁本張り

 

外張り断熱リフォームの施工手順は基本的には下記の通りになります。

 

①足場の組み立て

 

外壁周りに足場を組み立てる必要があるため、家全体を囲うように組み立てます。足場の設置にかかる日数は一般的な住宅であれば半日から1日以内で完了します。

 

②断熱材を施工

 

通気性を保ちつつ断熱材を住宅全体に施工します。

 

③防水シートを敷き、胴縁材を施工する

 

防水対策が必要な個所には、湿気を外に逃がすことが可能な透湿シートを敷きます。

そしてその上から一定間隔で胴縁材を施工します。胴縁材には、外壁の内部の風通しや熱を遮ったり、結露を予防したり、雨水が染みこむのを防ぐといった役割があります。

 

④サイディングなどの外壁材を施工

 

断熱材を施工したら、その上からサイディングなどの外壁材を張り付けます。

サイディング本体にも断熱材が入っている製品もあります。(その場合は②の工程が無くなります)

外壁材を張り付けても、胴縁材と断熱材との間には空気の通り道が確保されています。そのため、通気性が良く、カビや湿気を防ぎます。

 

⑤検査及びチェック

 

住宅全体に外壁材の施工が完了したらその場で業者による検査と、施主様にもチェックをしてもらいます。

 

⑥お引渡し

 

足場を解体し、お引渡しとなります。足場の組み立て同様、解体も一般的な住宅であれば半日から1日以内で完了します。

 

最後に

 

外壁の断熱リフォームは、家全体を断熱材で覆うため、断熱性が高いリフォームです。しかし、家全体を施工する必要があるため、価格が高い傾向にあります。また、全ての家で外張り断熱が適用できるとは限りません。

どの工法や製品が適しているのか、家の敷地や家の状態などから、ご自宅に最も合った方法を選び、高い断熱効果のあるリフォームを実現しましょう。

-外壁リフォーム

© 2021 横浜市の外壁塗装、外壁リフォーム店|カベトップ Powered by AFFINGER5