塗装費用(目安) 外壁塗装

外壁塗装の相場価格はどれくらい?<50坪編>

 

外壁塗装は施工業者によって数十万以上の見積り金額差が出る業界です。

相見積りを取ったら同じ条件なのに、「120万円が70万円に費用が下がった」という話はよくあります。

このように、施工業者によって外壁塗装の費用は大きく異なるため、見積りを依頼する際には価格相場を把握しておくと失敗が少なくなります。

ここでは、建坪(延べ床面積)が「50坪」のお宅を例に解説していきます。

 

外壁塗装「50坪」の相場価格はどれくらい?

 

建坪:「50坪」窯業サイディング壁(シリコン塗料使用)

相場価格は「120万円~135万円」となります。

 

【内訳】

工事内容 50坪(㎡数) 単価 費用相場
仮設足場(メッシュ含む) 278㎡ ¥850円 ¥236,300円
高圧洗浄(水洗い) 196㎡ ¥200円 ¥39,200円
各種養生費(下地調整含む) 196㎡ ¥300円 ¥58,800円
下塗り 196㎡ ¥800円 ¥137,200円
中塗り 196㎡ ¥1,000円 ¥196,000円
上塗り 196㎡ ¥1,000円 ¥196,000円
目地コーキング打ち 1式 ¥100,000円 ¥100,000円
木部鉄部塗装 1式 ¥120,000円 ¥120,000円
各種運搬及び諸経費 1式 ¥50,000円 ¥50,000円
小計 ¥1,133,500円
消費税(10%) ¥113,350円
合計 ¥1,246,850円

 

各種平米数(㎡)は、『外壁の総面積」から「サッシや玄関扉や付帯部分」面積を差し引いた数字となり、その数字はそれぞれお家によって異なってきます。

 

チェックポイント

足場の面積「㎡数」が多いのは、外壁面から離れた位置に足場を設置して、その囲う面積で算出していくためです。

コーキングの「m数」も建物によって違うため、多いお宅では費用も割り増しとなるでしょう。

モルタル壁の場合には「コーキング打ち替え及び増し打ち」の項目がないため、その分の費用がなくなります。

 

50坪の塗料別の費用相場

 

塗料の種類 アクリル ウレタン シリコン ラジカル フッ素
相場価格(税込み) 105万円 110万円 115万円 115万円 130万円

※コーキングは含まれてません。

 

基本的には、耐久性が高くなるにつれ価格も高くなるという考え方です。

上記の塗料以外に、遮熱機能などをもつ機能性塗料もあります。

機能性塗料は機能を持つ分、耐久性が低くても価格が高くなるケースがあるため、耐久性と価格の相場を把握した上で検討してみてください。

 

塗料別の期待耐用年数と単価

塗料の種類 耐久年数 費用相場
ウレタン 8~10年 1800~2500円/㎡
シリコン 10~12年 2500~3200円/㎡
ラジカル 15年 3200~3600円/㎡
フッ素 18~20年 4000~5000円/㎡

 

上記の年数は耐用年数と謳っている通り、あくまで目安となり、立地環境により耐久性が異ります。

雪の多い地域塩害の多い地域交通量の多い大通り沿いといった立地条件だと塗膜の劣化が早くなってしまいます。

 

外壁塗装費用の求め方

 

外壁塗装は大きく3種類の工事により成り立っています。

 

  1. 外壁の塗装
  2. 仮設足場
  3. 細部の塗装、付帯工事

 

自身で簡単に費用を算出する方法があるので紹介します。

 

外壁の塗装

 

外壁の塗装費用の算出に必要なのは、外壁面積(m2)使用塗料単価です。

 

まずは外壁面積です。

外壁面積は「延べ床面積(建坪×3.3)×1.2~1.3」にて割り出すことができます。(外壁全体から窓を除いた面積になります)

 

<例>50坪の外壁面積の求め方

延べ床面積」:50坪×3.3=165㎡

外壁の面積」:165㎡×1.2=198m2

※延べ床面積とは、各階の床の総面積の合計です。

 

次に外壁面積が出たら「塗装費用」と「高圧洗浄費」、「養生費」を出すことができます。

塗料の種類は「シリコン塗料」を例に紹介します。

 

<例>シリコン塗料使用

塗装費」:198㎡×2.800円=¥554,400円

洗浄費」:198㎡×200円=¥39,600円

養生費」:198㎡×300円=¥59,400円

 

以上のように公式を使用すれば、簡単に外壁塗装費用を算出することができます。

 

仮設足場

 

外壁塗装に仮設足場は欠かせません。

仮設足場費用は「足場面積×施工単価(¥800)」にて算出ができます。

面積は「延べ床面積(坪数×3.3)×1.8」にて割り出すことができます。

外壁よりも一回り外側に設置をする必要がある為、外壁面積よりも広くなるという訳です。

 

<例>50坪の足場費用

足場面積」:延べ床面積(165m2)×1.8=297㎡

足場費用」:足場面積(297m2)×施工単価(¥800)=¥237,600円

 

以上のように足場仮設費用を算出することができます。

 

細部の塗装、付帯工事

 

最後に細部の塗装や付帯工事です。

付帯塗装工事やコーキング工事に関しては、M数で単価計算されています。

ですが、外壁塗装とセットで行うと「10万円方~15万円」くらいで計算されることが多いです。

 

・木部鉄部塗装(破風、軒天、霧除け、雨戸など):「¥120,000」

・コーキング打ち替え:「¥100,000」

・現場諸経費:「¥50,000」

 

※上記金額は目安です。また、外壁の素材や劣化状況により、項目が増えたり減ったりすることがあります。

 

外壁塗装の費用に影響する5つの状況とは?

 

使用する塗料の違い

 

まずは使用する塗料の違いです。

先ほどの相場例は一般住宅に使用される標準グレードである「シリコン塗料」にて算出しております。

さらに耐久性のある「フッ素系」で見積りを作成した場合は、相場価格に対して高い見積り金額となるでしょう。

 

劣化状況

 

次に外壁が著しく劣化している場合です。

通常の外壁塗装では対応できない場合は、外壁材の補修などが必要となります。

そういった工事が必要な場合も価格が高くなってしまいます。

 

立地条件

 

自宅の前に長い階段があったり、車から自宅までの距離が遠い、作業車の駐車スペースが無い場合など、住宅の立地条件により費用が割り増しとなります。

また、隣家との距離が狭い場合も、作業効率が低下して日数がかかることがあるので注意が必要です。

 

使用されている外壁材の違い

 

使用されている外壁材の違いは、見積り金額に大きく左右します。

例えば相場例のように窯業系サイディングの場合、コーキングの打ち替えが必要です。

しかし樹脂系サイディングの場合はコーキングが不要な為、それらの金額が不要となります。

 

階層数

 

塗装面積が変わらない場合でも、2階建より3階建の方が金額が高くなります。

それは足場仮説面積が増えたり、作業に手間がかかるためです。

 

このような営業には気を付けよう!

 

リフォーム詐欺という言葉を聞いたことがある方も多いと思います。

そういった被害に遭わない為にも注意しておきたいポイントをいくつか紹介します。

 

外観を見て飛び込み営業をしてくる

 

今すぐ塗装をしないと雨漏りしますよ」と飛び込み営業をしてくる業者は多くいます。

それは外装は外観から確認できる為です。しかし実際は不要な工事を進めてくることが多いです。

このように施主の不安を煽りながら工事を進めてくる業者は非常に危険ですので注意してください。

 

見積りの明細が不透明

 

見積り一式100万円!」という詳細が不透明な業者も注意が必要です。

使用する塗料のグレードが記されていなかったり、細部の塗装を省いたりというトラブルにつながる恐れがあります。

見積りは細かければ細かいほど信頼できる業者と認識して良いでしょう。

 

火災保険を使った屋根メンテナンスをセットで行うとお得?

家と図面

 

外壁塗装を行う際、屋根も同時に行うとお得になるという情報を見かけることが多いと思います。

実際に、屋根メンテナンス同時に行うことでお得になるケースは多いです。

屋根は台風やゲリラ豪雨などの自然災害により、屋根材の浮きや、釘の緩みといった症状が発生しやすい場所です。

それら自然災害による不具合をメンテナンスする場合、火災保険が適用されるケースがありますが、その屋根の修理では仮設足場の設置も対象となるためです。

外壁塗装を行う際、仮設足場は必須項目となってくるため、火災保険を適用した屋根のメンテナンスを同時に行うことで、足場仮設の費用が控除されるという仕組みです。

もちろん、対象者限定とはなりますが、自然災害で屋根に不具合があるようでしたら、火災保険を利用して外壁塗装も一緒に行ってしまうとコスト削減につながるのでおすすめです。

 

最後に

 

外壁塗装「50坪」の相場価格は、平均して「120万円~135万円」くらいになります。

その他条件により価格は変動しますが、提案された見積り金額が相場より大きく差がある場合は注意が必要です。

また、外壁塗装で失敗しない為には焦らず相見積りを取り、信頼できる施工業者・担当者を選びましょう。

-塗装費用(目安), 外壁塗装

© 2021 横浜市の外壁塗装、外壁リフォーム店|カベトップ Powered by AFFINGER5