屋根リフォーム

屋根リフォームで火災保険は使えるのか?

更新日:

屋根リフォーム

 

屋根のリフォームは、火災保険を使うと無料になるという話を聞いたことはありませんか?

費用がかかる屋根のリフォームが無料になるのは、とても嬉しいことです。

しかし、すべての屋根の修理やリフォームに火災保険が適用されるわけではありません。

火災保険を利用するためには、あらかじめ決められた条件をクリアしなければいけないからです。

この記事では、火災保険が適用される条件や気をつけるべきポイントなどをまとめました。

 

火災保険が適用される条件とは?

屋根の調査

 

火災保険の種類は2つある?

 

火災保険には大まかに分けると、「住宅火災保険」「住宅総合保険」の2つの種類があります。

それぞれ補償の内容が異なるので、現在加入している保険について、まずは補償内容などを確認しましょう。

 

住宅火災保険とは?

 

多くの方が加入しているのが、住宅火災保険です。

火災のほか「落雷」、ガスなどの「破裂・爆発」、自然災害による「風災・雪災・雹災」に対応しています。

また保険会社によっては水災に対応している商品もあります。

 

住宅総合保険とは?

 

住宅総合保険は住宅火災保険よりも広範囲の損害に対応する保険です。

住宅火災保険の対応に加えて「水災」、自動車の飛び込みなどによる「被害、水濡れ、暴行・破損、盗難」といった損害も適用範囲となります。

商品によって適用範囲や適用条件が微妙に異なりますから、加入している火災保険の内容を必ず確認しておきましょう。

 

屋根の損害は「風災」が適用される?

 

いろいろな損害に対応していますが、特に屋根のリフォームで重要になるのが「風災」による屋根の損害です。

風災とは一般的には「台風や竜巻、暴風雨、強風」などの強い風によって起こる災害をいいます。

ですが、自然災害といっても、ある一定の条件が満たされていないと申請は通らないでしょう。

 

風災による被害として認められる条件

 

  • 修理費用が「20万円以上」であることも条件となります。
  • 申請は災害による「損壊から3年以内」に行う必要があるのです。
  • 経年劣化ではなく、自然災害と認められた場合

 

上記の要件を満たしていれば基本的に申請が通る可能性が高いです。

すでに修理やリフォームが完了している場合であっても、決められた期間以内に申請すれば保険が適用されます。

なるべく早めに申請を行いましょう。

 

自然災害による雨漏りは火災保険が通りやすい?

 

風災による被害で、火災保険が適用された事例で多いのが「雨漏り」です。

台風がきて、屋根が欠損したことにより雨漏りが発生した場合には、「雨漏り修理費用」が適用されます。

このほかにも、「棟板金のクギ・ビスなどの浮き、瓦など屋根材のズレや割れ、漆喰の崩れ、雨樋の破損」などでも適用例があります。

とくに棟板金は強風にあおられると浮きや飛びやすいので、風災が適用されやすい破損です。

 

屋根リフォームで火災保険は使える?

屋根リフォーム(塗装)

 

屋根塗装工事の場合

 

屋根のサビや塗膜の劣化などが理由で塗装工事を行う場合は、経年による劣化と判断されやすいので、火災保険が適用される例は少ないといえます。

屋根材が割れたり、棟板金の剥がれなどで雨漏りが発生したとしても、屋根塗装で原因を解決することはありませんので、基本的に「塗装」という作業に対しては保険は適用できないでしょう。

 

屋根カバー工法の場合

 

屋根カバー工法は、今ある屋根の上に新しい屋根材を被せる工法です。

既存の屋根材を撤去する必要がないので、コストが低いのがメリットです。

風災による被害であれば、屋根カバー工法で保険が適用されるケースは十分にあります。

「屋根材の剥がれ、棟板金の剥がれ、雨漏り」を解決するために屋根カバーは必要な工事内容だからです。

 

屋根葺き替えの場合

 

屋根葺き替え工事は、現在の屋根材をすべて取り除き、新しい屋根に葺き替える工事です。

屋根の破損が著しい場合などに行われることが多いのですが、こちらも風災による被害による修理と認められれば、火災保険が適用されます。

屋根カバー同様に「屋根の不具合」を解決するために必要な工事であれば、葺き替えも適用されます。

ですが、屋根の不具合箇所が「部分的」であった場合には対象箇所のみ適用され、そのほかの問題ない箇所は対象外になるので注意が必要です。

 

火災保険の申請で迷ったら業者へ相談

施工業者の選び方

 

火災保険の申請は加入者本人が行います。

仕事で忙しい、申請が面倒などの理由で代行業者を利用したくなるかもしれませんが、申請書類に必要事項を記入して提出するだけなので、簡単に行えます。

しかし私たち素人の場合、屋根の劣化が経年によるものなのか風災などの災害によるものなのか、正しく見極めることができません。

火災保険の対象なのかどうかで迷ったら、信頼のできる施工業者に相談しましょう。

 

信頼できる業者の選び方は?

 

一社だけではなく複数の業者に見積もりを依頼し、「見積額や接客態度、現地調査」の信頼性などさまざまな角度から比較検討するとより安心です。

というのも、屋根のリフォームでは火災保険をエサにした悪徳商法が横行しているからです。

保険金が適用されるのでタダで工事できますよと騙して注文をとろうとする詐欺商法の被害が、報告されています。

国民生活センターでも注意を促していますから、悪徳商法にだまされないようにしましょう。

とくに、訪問販売による勧誘、実地調査をせずに火災保険が適用されると断言する、工事代金が前払いといった業者は詐欺である可能性が高いので、このような業者とは取引しないでください。

 

まとめ

記事のまとめ

 

屋根修理で火災保険を利用する場合、特に風災による被害の条件をクリアしているかがカギとなります。

屋根のリフォームは費用がかかりますから、できれば火災保険を利用したいですね。

しかし、悪徳業者もいますから、十分に気をつけましょう。

 

屋根外壁リフォームの費用相場の確認・お見積り依頼はコチラ▽

 

屋根外壁リフォームの「費用を少しでも抑えたい」「優良な業者に依頼したい」方は、下記の一括見積もりサイトのプロヌリがおすすめです。

地元の優良業者を比較することで最適な業者を選ぶことができます。

もちろん無料で、「匿名で費用相場の確認」「お見積り依頼」ができます。

また、加盟しているほとんどの業者で、火災保険の相談を行う事ができます。

 

おススメお見積り比較サイト

屋根外壁リフォーム専門サイト「プロヌリ」

 

プロヌリは、全国対応で、加盟基準を満たした「500社」の中から厳選された近くの優良業者を「1~3社」紹介してくれます。

外壁屋根の塗装はもちろん、「外壁の張替え、屋根カバー、屋根葺き替え、雨漏り、防水工事」と屋根外壁リフォーム専門に対応しています。

建物の劣化状況に合った、「塗料や材料(外壁材・屋根材)」の選定を行い、ご予算に合った「的確なプラン」の提案を行ってくれます。

親身に相談にのってくれる業者が多く、細かいところまで丁寧な説明を行ってくれると評判です。

費用面に関しても、自社施工店の登録がほとんどで無駄な中間マージンも発生してきません。

屋根外壁リフォームを検討中でしたら、「プロヌリ」がおすすめです

口コミ・評判はコチラ

公式サイトはコチラ

その他の一括見積サイトはこちら>>

-屋根リフォーム

Copyright© 【屋根外壁リフォームガイド】費用相場と業者の選び方まとめ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.