よくある質問

外壁塗装は何年ごとに行うのがベストなのか?

 

外壁塗装は、劣化してきた外壁材に塗膜を塗ることで、建物(外壁材)を「雨・風・紫外線」から守るために行います。

塗膜は自然に劣化するため、外壁塗装は定期的に行う必要があるのですが、費用も高額なため、どのくらいのスパンで行う必要があるのか気になるところです。

ここでは外壁塗装何年ごとに行うのがベストなのかを解説してきます。

 

外壁塗装にはベストなタイミングがある

チョーキングの対処方法

 

まず最初に知っておくべきことは、外壁塗装のタイミングは「早くても遅くても駄目」で、ベストなタイミングがあるということです。

タイミングが遅くなってしまうことで外壁材の劣化が進み、外壁材自体にひびが入ったり反ってしまったりと不具合が生じてしまいます。

また、外壁塗装のタイミングが早いと、既存の塗膜がまだ外壁材に密着して落ちきらないという場合があります。その場合、新規の塗膜がしっかりと外壁材に密着せず、本来の効果が発揮できなくなってしまいます。

これらのことが理由で、外壁塗装はベストなタイミングで行う必要があるのです。

 

何年ごとに外壁塗装を行うのがベスト?

初めての外壁塗装は要注意!「築8年~10年」

住宅街

 

外壁塗装のスパンについて調べると、「10年ごと」や「15年ごと」と様々な情報があります。しかしそれらは一概に言えないため、注意が必要です。

新築時から初めての外壁塗装の場合、使用されている外壁材により初めて塗装をする時期が左右されます。

一般的なグレードの外壁材の場合、「8~10年位」がベストな時期とされていますが、それは一般的なグレードの外壁材に使用されている塗膜の耐久性10年前後だからです。

10年ほど使用してくると、外壁に「ひび割れや」、「チョーキング現象(壁を触ると白い粉が付く)」が出始めて一気に劣化スピードが加速していきます。

また、塩害地域などでは劣化スピードが早かったりするため注意が必要です。

 

2回目の外壁塗装「前回塗装から8年~20年後」

ラップサイディングの塗装

 

2回目の外壁塗装は、1回目の外壁塗装で使用した塗料ランクによって変わります。

 

ウレタン塗料:「8年~10年」

シリコン塗料:「10年~12年」

ラジカル塗料:「15年~18年」

フッ素塗料:「18年~20年」

 

また、1回目と同様に上記年数を経過すると、外壁のひび割れ、チョーキングが発生して劣化スピードも加速します。もちろん、耐久年数が長いほど費用が高くなります。

 

3回目の外壁塗装は外壁材の劣化状況による

 

基本的に3回目の外壁塗装も「2回目同様」に前回使用した塗料ランクにより異なります。しかし、2回目と違う点は外壁材の「老朽化」が進んでいることです。

築30年以上となるため、2回目の塗膜耐用年数よりも劣化が進みやすいです。しっかりと劣化状況をみながら、少し早めに塗装を行うことがおすすめです

 

3回目以降に外壁塗装が出来ない場合の選択肢

3回目の外壁塗装を行う際、一般的には築年数が「30年以上」経っている計算となります。

その為、老朽化から外壁材の劣化が激しく、塗装が行えないという場合もあります。

その場合、外壁の劣化状況を見ながら「サイディング増張り工事」、「サイディング張替え」または、「建て替え」を視野に入れて、次のプランを考えていく必要があります。

 

外壁塗装をしないとどうなる

古くなった窓枠

 

外壁塗装のメンテナンスを怠ると、取り返しのつかない状況に陥ることがあります。

外壁材は塗膜を張ることで、その機能を保っています。

例えば窯業系サイディングは素材自体に防水効果が無く、水分を吸収してしまいます。

外壁塗装のメンテナンスを怠っていると、外壁が雨水などを吸収し雨漏りや、躯体の腐食などに繋がってしまいます。

そのような状況になると、費用が膨大に掛かってしまうこともあるため注意が必要です。

 

まとめ

 

新築時から「約10年」での塗装、2回目以降は塗料のランクによって「8~20年ごと」の塗装が適切となります。

それ以降は劣化状況に応じて外壁塗装以外の選択も検討していく必要があります。

しかしそれらの期間はあくまで目安です。

塩害地方、交通量の多い道路付近といった住宅の立地条件により劣化具合が異なるため、あくまで参考として考えておき、気なることがある方は外壁の点検や早めのメンテナンスをご検討ください。

-よくある質問

© 2021 横浜市の外壁塗装、外壁リフォーム店|カベトップ Powered by AFFINGER5