外壁塗装

外壁塗装で行う養生について解説

投稿日:

ベランダの養生

 

外壁塗装を実施する際は、必ず「養生」を行ないます。

養生は、外観の出来栄えを左右する重要な工程で、塗料が飛散して外壁が汚れたり、本来塗装しない部分に塗料が付着したりすることの無いように保護するためでも有ります。

この養生がしっかりできているかいないかで、仕上がりに大きく影響がありますし、トラブルも防げます。

ここでは、外壁塗装における養生の重要性について解説していきます。

 

外壁塗装で養生を行う理由

養生後の塗装

 

塗料は液体なので、塗装していると飛散したり垂れ落ちたりします。

そのときに塗料が付着してはならない部分を守る目的で養生を行います。

養生を行なうもう一つの目的は、塗装の出来栄えをきれいにすることです。

窓枠の場合、ポリシートを窓にかぶせ、それを窓枠に沿ってマスキングテープで止めていきます。

このテープは粘着力が弱く、はがしたときに糊残りが無いように工夫されているものです。

窓枠に沿って外壁との境目ギリギリに貼っていくことによって、最後にテープをはがした際に、窓枠との境目が綺麗に仕上がるということになります。

 

外壁塗装で養生が必要な箇所

 

足場の養生

足場のメッシュシート養生

外壁塗装の養生を行っている現場で、最も目にするのが、建物全体をネットで覆っている様子ではないかと思います。

これは塗料の飛散や転落を防止するためのものです。とくに、高圧洗浄で近隣に水や汚れが飛ばないように保護する目的があります。

 

窓養生

窓枠の養生

窓と窓枠に塗料が付着しないようにするものです。

戸袋や雨戸、シャッターBOXなどにも、このビニール養生を行って、塗料の付着を防ぎます。

 

玄関まわり、ベランダ、床養生

外壁塗装用のビニール養生

塗料は飛び散れば下に落ちますから、足元にも養生を敷く必要が有ります。

主にベランダや玄関回りなどは必ず敷くことになります。

 

エアコンの室外機養生

エアコンの養生

エアコンの室外機も養生が必要です。

エアコン上部で塗装作業をすると、下に塗料が落ちることもありますので、汚れないように必ず行っていきます。

室外機には、ビニールシートや専用のカバーシートを使用して養生を行っていきます。

 

植木の養生

植木の養生

その他、植木や物置、通路や庭に置かれているもので、気になる箇所が有れば、事前に相談するようにしましょう。

 

車の養生

車の保護シート

家の近くに車を停めているようでしたら、車にも養生が必要になります。

もちろん、近隣の車にも飛散する可能性があるようでしたら、養生が必要です。

車の養生は、車に乗る際は取り外しできるようなカバーのタイプになっています。

 

養生に使用する道具

養生テープ

 

仮設足場

 

足場に張ってある飛散防止ネットは、家全体を覆うメッシュのシートです。

足場を設置する際にいっしょに張ります。

 

窓まわり、戸袋、雨戸、エアコン、植木など

 

基本的に養生には、マスカーを使用しています。

マスカーは、養生用ポリシートとマスキングテープが合体した形です。

マスカーを窓と窓枠に貼っていきます。

 

玄関まわり、ベランダなどの床

 

床には、ノンスリップマスカーブルーシート布カバーで保護します。

ノンスリップマスカーは滑り止め機能が付いていて、足元を保全します。

ブルーシート及び布カバーは、ノンスリップマスカーを使わない場合に足元に敷くものです。

布カバーは滑りにくいという特徴が有ります。

 

車や室外機

 

車や室外機には、専用のカバーシートを使用します。

カーカバーは、車に塗料が飛散した場合に塗料の付着を防止します。

室外機カバーは、エアコンの室外機を保護するもので、

室外機の機能を阻害しないように、メッシュ状になっているものも有ります。

 

養生における注意点

挨拶回り

 

窓の開閉ができない

 

窓や窓枠に養生をすると、窓を開けることが出来なくなります。

冬であれば、それ程問題になりませんが、夏場に窓を開けられないと、なかなか大変です。

ただし、やり方によっては、多少の開閉ができるような養生の仕方も有りますし、場合によっては、窓の周りの塗装を先に終わらせてもらう方法も有ります。

いずれにしても塗装業者に相談してみると良いでしょう。

 

室内が暗くなる

 

養生のデメリットの一つとして、室内が暗くなるということが有ります。

窓を覆うポリシートは透明とはいっても完全ではありませんし、足場に沿って家全体を覆っている飛散防止ネットも太陽光をさえぎることになります。

養生は外壁塗装をしっかりと行うためには、無くてはならない作業ですので、この点は我慢も必要ということでしょう。

 

業者によって稀にあるトラブル

悩んでいる夫婦

 

エアコン、給湯器が使えなくなる

 

エアコンの室外機や給湯器も塗料が付かないように養生することになります。

ですが、業者によってエアコンや給湯器全体を養生してしまい、故障の原因になってしまうこともあります。

エアコンの室外機はメッシュ状のものも有り、それを使うとそのような心配はありませんので、その点も確認が必要です。

給湯機は、専用のカバー材がないので、基本的にはシートで覆うことになります。

養生後に、エアコンや給湯器が養生で塞がれていないか、念のため確認しといたほうが良いでしょう。

 

養生テープの跡が残る

 

通常は粘着の弱いマスキングテープを使うのでテープ跡は残らないのですが、布テープなどを使うと粘着力が強いために跡が残ることになります。

業者によっては、材料を選ばずに養生を行って、テープ跡を残して清掃も行はないケースもあります。

これに関しては、防ぎようがありませんので、最終チェックの際に出来るだけテープ跡の汚れもないか確認しましょう。

 

外壁塗装は業者選びが重要

作業着を着た職人の男性

 

養生ですと、建物だけではなく車やその他の私物まできちんと養生をする計画を立てている業者でしたら、信頼度の高い業者だと言えるでしょう。

逆に、養生やケレン作業などを省略して価格を安く見せようとする業者は不安ということになります。

業者選びを間違えてしまうと、「雑な作業」「塗装の品質」が低下して、後悔してしまうことになりかねません。

見積りを見ながら、どのような作業をするのか、きっちりと確認することが大切です。

また、一社だけの判断ではなく、必ず複数社見積もりを比較して、慎重に選んでいくことが必要不可欠です。

 

まとめ

記事のまとめ

 

外壁塗装を行う際、養生に関してはそこまで注意して確認する人は少ないです。

しかし養生は仕上り外観をきれいにするためにも重要ですし、私物などを汚さないためにも、なくてはならない作業です。

施工中は、養生がしっかりと行われているか、可能であれば確認していった方がトラブルなども防げます。

ただ、施工中の確認もそうですが、まずは信頼できる業者を探すことが必要不可欠です。

信頼できる業者であれば、しっかりと適切な作業を行ってくれますので安心できます。

複数の業者で見積もりを比較して、納得できる業者選びをしていきましょう

 

塗装工事の費用相場の確認・お見積り依頼はコチラ▽

 

塗装工事の「費用を少しでも抑えたい」「優良な業者に依頼したい」方は、下記の一括見積もりサイトのプロヌリがおすすめです。

地元の優良業者を比較することで最適な業者を選ぶことができます。

もちろん無料で、「匿名で費用相場の確認」「お見積り依頼」ができます。

 

おススメお見積り比較サイト

外壁・屋根塗装工事専門サイト「プロヌリ」

プロヌリは全国対応で、加盟基準を満たした500社の中から地元の優良業者を紹介してくれます。

外壁・屋根塗装の「劣化具合に応じた提案力」「最適な塗料の提案」を行える業者が加盟しています。

もちろん、厳選された自社施工店が数多く登録しており、「費用面」、「施工面」でも信頼と実績があります。

外壁・屋根塗装専門で工事を行っている業者の紹介となりますので、塗装工事メインでお考えの方は「プロヌリ」はおススメです。

口コミ・評判はコチラ

公式サイトはコチラ

その他の一括見積サイトはこちら>>

-外壁塗装

Copyright© 屋根外壁リフォームの費用相場や業者選びについて解説|やねかべ屋 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.