塗装費用(目安) 外壁塗装

アパートの外壁塗装の費用はどれくらい?

 

アパートの老朽化を防ぐためだけでなく、アパートの入居率を上げるためにも大切なのが外壁塗装です。

老朽化と入居率の低下には密接な関係があるので、定期的に塗り替えを行って美しい外観を保つことが大切です。

アパートの外壁塗装にはどのくらいの費用がかかるのかご紹介します。

 

アパートの外壁塗装の費用相場について

 

アパートの外壁塗装にかかる費用の目安

建物の階数 費用の目安
2F建て 150万~300万円
3F建て 200万~400万円

 

外壁塗装にかかる費用は、塗装に使う「塗料の種類」「塗装する面積」により大きく異なってきます。

また「劣化の進行状況」「建物の立地条件」なども影響してきます。

正確な費用を知るためには見積もりをとってみるのが一番ですが、おおよその価格としては一般的な2階建てのアパートなら150万円から300万円」くらいとなります。

3階建てのアパートなら200万円から400万円」くらいとなるでしょう。

 

塗料の種類で費用は大きく変わる?

 

アパートの外壁塗装の費用を大きく左右するのが「塗料の種類」です。

とくにアパートの場合には、「一戸建て」と違って塗装する面積が広いので、塗料の違いでその費用は大きく異なってくるのです。

 

塗料の種類 耐久年数 費用相場
ウレタン 8~10年 1800~2500円/㎡
シリコン 10~12年 2500~3000円/㎡
ラジカル 15年 3000~3500円/㎡
フッ素 18~20年 4000~5000円/㎡

 

また、費用ばかりではなく「塗料の耐久性」についても注意しなくてはいけません。

外壁塗装で使用される塗料にはさまざまな種類があり、それぞれ耐久性にも違いがあります。

耐久性の低いものはそれだけ費用も安く、耐久性が高いものはそれだけ費用も高くなっています

安さばかりを重視すれば耐久性も落ちるということになるので、それだけ塗り替え周期も短くなります。

耐久性の低い塗料を選べば1回あたりの外壁塗装の費用は抑えることが出来ても、長い目で見ればコストが高くつくという結果になります。

ですから外壁塗装の費用は1回の塗り替え費用を考えるのではなくて、塗料の耐久性も十分に考慮して長期的な視点で考えることが大切になってきます。

 

おすすめの塗料は?

 

シリコン・ラジカル塗料

 

外壁塗装で使われる塗料には色々な種類がありますが、アパートなどの通常の住居で、よく使用されるのはシリコン塗料」「ラジカル塗料」です。

数ある塗料の中でも、シリコン塗料とラジカル塗料は耐久性と費用のバランスが良いからです。

もっともコストパフォーマンスに優れた塗料と言えます。

シリコン・ラジカル塗装の耐久年数は10年から15年」ほどですが、そこまで値段も高くなくて耐久性もあるので人気があります。

 

フッ素・無機塗料

 

フッ素塗料や無機塗料になればそれだけ値段も高くなりますが、高級塗料のフッ素塗料なら耐久年数は15年から20年」で、最強の耐久性を誇る無機塗料なら20年から25年」もの耐久年数があります。

アパートは仮設足場が高額なので、少しも塗装の回数を減らしたいところです。

そこで、超耐久のフッ素・無機塗料を使用すれば、塗装の回数を減らすことが出来て、状況によって将来的なランニングコストを下げる事もできます。

どの塗料が良いのかは、将来的なメンテンナンスをどのように行っていくのかで変わってくるでしょう。

 

アパート(建物)の劣化状況や立地条件でも費用が変わる?

 

アパートの外壁塗装では、「建物の面積」や「塗料の種類」で、大きく変わってきますが、それ以外に「建物の劣化状況や立地条件」によって費用も変わってくるため注意が必要です。

 

劣化状況が酷いと修理費用がかかる?

 

外壁材の表面に「大きなひび割れ」が多数発生していたり、外壁材からの「雨漏り」によって、外壁塗装を行う前に修理が必要となるケースがあります。

ひび割れの場合には、コーキングによる「防水作業」など、下地調整を念入りに行う必要が出てきます。

雨漏りしていた場合には、「雨漏り箇所」の特定やその「修理作業」に大きく費用がかかることがあります。

雨漏り被害で最悪のケースは、「外壁材の交換」や「躯体の補修・交換」を行うこともあり、その費用は高額になってくるでしょう。

 

立地条件が悪いと足場費用が割り増し?

 

外壁塗装を行うアパートの立地条件によっては、足場代の運搬費用や設置作業が割り増しとなるケースがあります。

アパート付近に車が止められず、「車からアパートまで距離がある場合」に運搬費用が上がってきます。

また、アパートの構造が複雑であったり、敷地が狭く「足場の設置に手間がかかる場合」には設置費用も上がってきます。

塗装作業では、そこまで影響がありませんが、仮設足場の設置の際には費用が相場よりも高くなるケースがありますので注意が必要です。

仮設足場の費用相場はこちら>>

 

アパートの外壁塗装のタイミングは??

 

外壁の劣化が進む前に塗り替えを行うことが大切ですが、いつ外壁塗装をすればよいかタイミングに悩む人も多いでしょう。

外壁が「ひび割れ」ていたり「色が褪せ」ていたり、「カビ」ていたり、「塗装の剥がれ」や白い粉状のものが付着する「チョーキング」があれば塗り直しのタイミングです。

これらの劣化症状があれば、塗装の塗り直しを検討した方が良いでしょう。

外壁塗装をしないで放置してしまうと、劣化状況によって費用が割り増しとなってしまうので注意が必要です。

年数の目安としては、使用する塗料によって耐久年数が異なりますが、通常は10年から15年」が塗り替え周期となります。

塗料の種類によって塗り替え時期もかなり変わってくるので、1回あたりの費用だけでなく長期的なコストも考慮して選んでいきましょう。

外壁塗装のよくある質問(必要性やタイミングについて)>>

 

最後に

 

アパートの外壁塗装の費用は、劣化状況や立地条件、大きさによって様々です。

上記条件の費用は、変えられませんが唯一費用を選べるのは塗料ランクです。

塗料の種類ごとに費用や耐久年数が異なり、費用と耐久年数は正比例しているので十分に検討して下さい。

-塗装費用(目安), 外壁塗装

© 2021 横浜市の外壁塗装、外壁リフォーム店|カベトップ Powered by AFFINGER5