屋根リフォーム

屋根葺き替えに発生する費用はどれくらい?

更新日:

 

屋根の葺き替えとは、現在の屋根に使用されている屋根材を取り除き、新しい屋根材に葺き直す工事です。

その際に、下地の補修や補強も同時に行い、「耐久性」や「機能性」を向上させて、より良い「美観」に仕上げていきます。

そして修繕が必要な部分のみを葺き替えるのが「一部屋根葺き替え」と呼び、屋根全体を葺き替えて新しく取り換えることを「全面屋根葺き替え」と呼びます。

「一部屋根葺き替え」は雨漏りが発生した際に、部分的に葺き替えを行って、雨漏りを改善させていく場合に行っていきます。

そんな屋根葺き替え工事の費用はどれくらいかかってくるのでしょうか?

 

屋根葺き替えの費用について

 

屋根葺き替え工事の費用相場 ¥10000~15000円/㎡」

 

屋根葺き替え工事では、新しい屋根材の種類によって費用に大きく幅が出てきます。

参考に、100㎡屋根(約40坪)のお宅で、一番安い屋根材で切妻屋根として足場代を足していくと、

 

屋根単価「¥10000円」×屋根大きさ「100㎡」100万円

合計「100万円」+足場代「10万円」110万円

 

だいたいの費用として、100㎡のお宅で屋根の葺き替えを行うと「110万円(税別)」となってくるイメージです。

これに「屋根材の種類」や「屋根の形状」、「屋根勾配」によって費用が変わり高くなります。

主に新しく使用する屋根材によって費用が変わります。

また、アスベストの有無によっても廃材処分費が異なるでしょう。

 

屋根葺き替えでの作業工程別の単価は?

 

屋根葺き替え工事の作業工程を知っておけば見積もりに提示された工事内容もより理解しやすくなす。

一般的に屋根葺き替えの工程とそれぞれの費用相場をご紹介します。

 

既存屋根材の撤去、処分

 

既存の屋根材(粘土瓦・スレート瓦・トタン・モ二エル瓦など)を解体して処分していく作業です。

屋根材と一緒に、下地の桟木や棟(漆喰・盛土・板金材・木下地)も撤去処分していきます。

解体後は、しっかりと清掃を行って屋根面を綺麗にしていきます。

 

既存屋根材の解体処分費用「¥2000~3000円/㎡」

 

施工店によって異なりますが、既存の野地板も解体していく場合があります。

野地板を解体して、垂木の状態まで解体する場合には別途費用がかかります。

 

既存野地板の解体処分費用「¥2000~3000円/㎡」

 

木下地の増し張り

 

既存の野地板を解体して新しく野地板を新設していくこともありますが、基本的には上から木下地を増し張りしていきます。

木下地には、「9mm、12mmのベニヤ」を使用していきます。

既存の野地板が腐っている場合には、補修を行ってから木下地を新設していきます。

 

木下地の増張り費用「¥2000~3000円/㎡」

 

防水シート張り

 

木下地の上に、新規の防水シートをタッカーという留め具を使用して張っていきます。

この防水シートは、「ルーフィングシート」と呼ばれ、種類もたくさんあります。

そのため、耐久性や透湿性、遮熱性などのグレードによって単価も異なってきます。

 

防水シート張り費用 「¥600~1200円/㎡」

 

新規屋根材張り

 

防水シートの上から新しい屋根材を葺いていきます。

この屋根材も何種類かあり、主に「ガルバリウム鋼板」、「シングル屋根」、「ジンカリウム鋼板」が使用されています。

また「軽量瓦」という日本瓦風の金属屋根を施工する場合には、下地に「桟木」というものの取付けを行うため別途費用が掛かってきます。

 

新規屋根材張り費用 「¥4000~9000円/㎡」

 

各種役物の取付け

 

新規屋根材を張る工程の前後で新しい役物の取付けも行います。

役物は、「軒先や端部のケラバ、谷部分、天窓など」に板金を取付けます。

そのほか仕上げに「棟板金や雪止め、換気棟」なども新設します。

これは、屋根の形状によって使用する部材や長さが異なり複雑な形状なほど費用も変わってきます。

また、役物も同質の「ジンカリウム鋼板材」や「シングル材」を使用していくとまた費用が割り増しとなってきます。

 

軒先・ケラバ・谷役物新設 「¥1500~3000円/m」

棟板金新設費用 「¥2000~3000円/m」

換気棟新設 「¥25000~30000円/箇所」

天窓板金新設 「¥20000~25000円/箇所」

 

足場・諸経費・管理費用

 

屋根葺き替え工事では、資材にかかる費用だけではなく、作業をするのに必要なものにも費用がかかります。

それが、足場と管理費・諸経費です。

足場は屋根勾配や1F屋根の作業の場合には設置しない場合もあります。

 

仮設足場設置 「10万円~」

仮設足場の詳しい費用はこちら>>

 

管理費・諸経費は、交通費や駐車代など様々な経費のことです。

そのほかアフターメンテナンスの管理費用も含まれていることがあります。

 

屋根葺き替え工事のメリット・デメリットは?

 

屋根葺き替え工事のメリット

 

屋根葺き替え工事の最大のメリットは、やはりその「重量を軽減できる」点と言えます。

とくに、粘土瓦やセメント瓦などは重量があり、「地震」での影響は大きいです。

大規模な地震で倒壊した建物では、この「粘土瓦」という屋根材での被害がほとんどです。

現在の軽量な屋根材に葺き替えることによって「重さを最大1/10」にまで軽減させることが可能です。

その他では、屋根カバー工法と比べて重さが軽減できることや、下地が傷んでいた場合に補修が行える点でしょう。

屋根カバー工法の費用につてはこちら>>

 

屋根葺き替え工事のデメリット

 

屋根葺き替え工事のデメリットは、やはり「費用が高い」という点です。

屋根リフォーム工事の中で、一番大掛かりで工事日数や人件費、処分費がかかるため単価も総合的に割高となります。

また、既存屋根に「アスベスト材」が含まれていた場合には、処分費用も高くつきます。

アスベスト材の解体では、飛散防止対策や近隣への対応もしっかりと行はなくてはなりません。

ですが、屋根葺き替えは、古くなった屋根をメンテナンスをするのに「一番最適だと言われる工法」で、昔からその考えは変わりません。

 

屋根葺き替えは火災保険が使える?

 

「地震での災害」、「台風での雨漏り」、「台風での屋根材の不具合」など自然災害での被害が原因で屋根葺き替え工事を行う必要がある場合に限り火災保険が適用されます。

保険費用は被害箇所の範囲によって異なりますが、「全額適用されるケースから最低でも20万円以上」が支払われます。

実は屋根の修繕には火災保険が適用されることが多く見られます。

そのため、見積もりを出す前に一度保険会社に屋根の修繕が適用されるかどうかご確認した方が良いでしょう。

小規模な被害でも「最低20万円」適用されますので、確認をしないのはもったいないです。

火災保険に関しては、屋根工事店であればほとんどの業者が対応できますので、お見積りを依頼する業者に確認を取ってみましょう。

屋根修理は火災保険で無料でできるのか?

 

まとめ

 

屋根葺き替え工事の費用に関しては、新しい屋根材や屋根構造による違いによって費用は変わってきます。

作業工程に中には、必要な工程やそうでない場合もそれぞれ状況によって異なりますでの施工店に相談していきましょう。

また、自然災害の影響で屋根葺き替え工事を行う際には「火災保険」確認をしてください。

適用されているケースがほとんどですので、上手く活用していきましょう。

 

最後に、屋根葺き替え工事の費用は施工店によって幅が大きい?

屋根葺き替え工事の費用は、「新しい屋根材や屋根構造」による違いもありますが、やはり「施工店」にる価格の違いは大きいです。

よくある費用の違いとして、このようなケースがあります。

例:「80㎡」の屋根葺き替え工事

A社 100万円

B社 120万円

C社 105万円

D社 150万円

施工店によって、「50万円」違うというケースもよくあります。

もし、この「D社」のみでしか見積もりを取らずに決めてしまった場合には、「50万円」の損をしてしまうことになります。

そうならないためにも、お見積もりを依頼する場合には「上記価格を参考にして施工店を複数社で比較していくことが大事です。」

信用できる安全な屋根工事業者さんへ見積もりをとって納得した工事を行いましょう。

 

屋根外壁リフォームの費用相場の確認・お見積り依頼はコチラ▽

屋根外壁リフォームの「費用を少しでも抑えたい」「優良な業者に依頼したい」方は、下記の一括見積もりサイトのプロヌリがおすすめです。

地元の優良業者を比較することで最適な業者を選ぶことができます。

もちろん無料で、「匿名で費用相場の確認」「お見積り依頼」ができます。

 

おススメお見積り比較サイト

屋根外壁リフォーム専門サイト「プロヌリ」

 

プロヌリは、全国対応で、加盟基準を満たした「500社」の中から厳選された近くの優良業者を「1~3社」紹介してくれます。

外壁屋根の塗装はもちろん、「外壁の張替え、屋根カバー、屋根葺き替え、雨漏り、防水工事」と屋根外壁リフォーム専門に対応しています。

建物の劣化状況に合った、「塗料や材料(外壁材・屋根材)」の選定を行い、ご予算に合った「的確なプラン」の提案を行ってくれます。

親身に相談にのってくれる業者が多く、細かいところまで丁寧な説明を行ってくれると評判です。

費用面に関しても、自社施工店の登録がほとんどで無駄な中間マージンも発生してきません。

屋根外壁リフォームを検討中でしたら、「プロヌリ」がおすすめです

口コミ・評判はコチラ

公式サイトはコチラ

その他の一括見積サイトはこちら>>

-屋根リフォーム

Copyright© 【屋根外壁リフォームガイド】費用相場と業者の選び方まとめ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.