屋根リフォーム

屋根カバー工法の費用はどれくらいかかる?

更新日:

屋根カバー工法は、既存の屋根材の上から新しい屋根材を重ねて仕上げる工法です。

既存の屋根材の解体費用と廃材処分費が省けるため、環境に優しく現在の屋根工事では主流の工法となってきています。

そんな屋根カバー工法の費用はどれくらいかかるのか気になるところですが、屋根カバー工法」として一括で費用がかかるのではなく、項目ごとにかかる費用が決まっており、それを総合した価格が屋根カバー工法の費用となります。

ここでは、項目ごとに屋根カバー工法の費用について解説していきます。

屋根カバー工法では何に費用がかかるのか?

既存の棟板金、雪止め金具の解体費

屋根カバー工法では既存の屋根材の解体はしませんが、屋根をフラットにするため、役物である「棟の板金」や「雪止め金具」は解体して処分していきます。

この役物の解体費用と処分費がまずかかってきます。

役物解体処分費用 「¥10000~30000円/式」

既存屋根をすべて解体する「屋根葺き替えの費用」はこちら>>

木下地張り

既存の屋根材の上から木下地(ベニヤ)を張っていきます。

木下地(ベニヤ)には、9mm、12mmのベニヤをよく使用します。

ですが、施工店によってこの木下地を張るのか張らないのか異なり費用も大きく変わってきます。

木下地新設費用 「¥2000~3000円/㎡」

基本的に新規屋根材はこの木下地に釘で留めて施工していきます。

この木下地が傷んでいたり、腐っていた場合には取り付ける必要があります。

ですが、木下地は重さがあり費用も高いため、張るか張らないかは下地の状態で判断した方が良いでしょう。

防水シート張り

木下地もしくは、既存の屋根材の上に新規の防水シートを張っていきます。

この防水シートは、「ルーフィングシート」と呼ばれ、種類もたくさんあります。

そのため、耐久性や透湿性、遮熱性などのグレードによって単価も異なってきます。

防水シート張り費用 「¥600~1200円/㎡」

新規屋根材張り

防水シートの上から新しい屋根材を葺いていきます。

この屋根材も何種類かあり、主に「ガルバリウム鋼板」、「シングル屋根」、「ジンカリウム鋼板」が使用されています。

屋根カバー工法の費用は、この使用する屋根材の種類で大きく変わってきます。

新規屋根材張り費用 「¥4000~9000円/㎡」

各種役物の取付け

新規屋根材を張る工程の前後で新しい役物を取付けていきます。

役物は、「軒先や端部のケラバ、谷部分、天窓など」に板金を取付けます。

そのほか仕上げに「棟板金や雪止め、換気棟」なども新設します。

これは、屋根の形状によって使用する部材や長さが異なり複雑な形状なほど費用も変わってきます。

軒先・ケラバ・谷役物新設 「¥1500~3000円/m」

棟板金新設費用 「¥2000~3000円/m」

換気棟新設 「¥25000~30000円/箇所」

天窓板金新設 「¥20000~25000円/箇所」

足場・諸経費・管理費用

屋根カバー工法では、資材にかかる費用だけではなく、作業をするのに必要なものにも費用がかかります。

それが、足場と管理費・諸経費です。

足場は屋根勾配や1F屋根の作業の場合には設置しない場合もあります。

仮設足場設置 「10万円~」

仮設足場の詳しい費用はこちら>>

管理費・諸経費は、交通費や駐車代など様々な経費のことです。

屋根カバー工法の費用相場はだいたいどれくらい?

屋根カバー工法では、「1㎡〇円」が基本なので、単科と屋根面積によって異なります。

屋根カバー工法の工程でかかる費用をまとめると「¥8000~13000円/㎡」(ベニヤ含む)にだいたいなります。

100㎡屋根のお宅で、一番安い屋根材を使用して足場代を足していくと、

屋根単価「¥8000円」×屋根大きさ「100㎡」80万円

合計「80万円」+足場代「10万円」90万円

だいたいの費用として、100㎡のお宅で屋根カバー工法を行うと「90万円(税別)」となってくるイメージです。

これに「屋根材の種類」や「屋根の形状」、「屋根勾配」によって費用もまた変わってくる形となります。

具体的な費用相場の確認・お見積り依頼はこちら>>

屋根カバー工法を行うメリット・デメリットは?

屋根カバー工法のメリット

屋根カバー工法は、屋根葺き替えと比べて、既存屋根を「解体する手間」「廃材処分費」を抑えられることによって、コストカットができ、地球環境に優しいというメリットがあります。

とくに、20年前の屋根材には「アスベスト材」が入っているため、「処分費用」がとても高額です

また既存屋根と新しい屋根材で2重の屋根となるため、「断熱効果」、「遮音効果」がより高まります。

屋根塗装と比べると、耐久性が良いため「20~30年」メンテナンス不要となり、長期的な目線でコストカットにつながります。

(耐久年数は新しく使用する屋根材によって異なります)

屋根カバー工法のデメリット

デメリットとしては、屋根葺き替えと比べてベニヤを張る場合には、屋根が重たくなるという点です。

「既存屋根+ベニヤ+新規屋根材」となり、屋根に多少の負担がかかります。

ただ、新規屋根材も軽量なガルバリウム鋼板を使用していけば問題ないでしょう。

(ベニヤを張らない場合では、重さ的には葺き替えた場合とほとんど変わりません)

また、下地が腐っていた場合には、そのままフタを閉じてしまう形となり補修が行えない点があります。

そのほか、屋根カバー工法できる屋根材には限りがあることでしょう。主に、「スレートやシングル材、トタン屋根、瓦棒」のみに限定されます。

屋根カバー工事は火災保険が使える?

「地震での災害」、「台風での雨漏り」、「台風での屋根材の不具合」など自然災害での被害が原因で屋根カバー工事を行う必要がある場合に限り火災保険が適用されます。

保険費用は被害箇所の範囲によって異なりますが、「全額適用されるケースから最低でも20万円以上」が支払われます。

実は屋根の修繕には火災保険が適用されることが多く見られます。

そのため、見積もりを出す前に一度保険会社に屋根の修繕が適用されるかどうかご確認した方が良いでしょう。

小規模な被害でも「最低20万円」適用されますので、確認をしないのはもったいないです。

火災保険に関しては、屋根工事店であればほとんどの業者が対応できますので、お見積りを依頼する業者に確認を取ってみましょう。

屋根修理は火災保険で無料でできるのか?

 

まとめ

屋根カバー工法は、既存の屋根に新しい屋根材を上から張りつけることによって行う屋根の修繕方法です。

既存の屋根とはまた違った味が出るので、比較的人気の工法です。

優良な業者であれば、細かく費用の見積もりを出してくれるので、その部分において悪徳業者かどうかの見分けをつけやすいです。

したがって、屋根カバー工法の費用についての一定の目安を知っておくことで、適正価格で施工してもらえやすくなります。

最善の業者を選ぶためには、いくつかの業者に見積もりを出して比較していくことがとても大事です。

一括見積もりサイトなどを活用して、「業者選び」を行っていきましょう。

 

屋根外壁リフォームの費用相場の確認・お見積り依頼はコチラ▽

屋根外壁リフォームの「費用を少しでも抑えたい」「優良な業者に依頼したい」方は、下記の一括見積もりサイトのプロヌリがおすすめです。

地元の優良業者を比較することで最適な業者を選ぶことができます。

もちろん無料で、「匿名で費用相場の確認」「お見積り依頼」ができます。

 

おススメお見積り比較サイト

屋根外壁リフォーム専門サイト「プロヌリ」

 

プロヌリは、全国対応で、加盟基準を満たした「500社」の中から厳選された近くの優良業者を「1~3社」紹介してくれます。

外壁屋根の塗装はもちろん、「外壁の張替え、屋根カバー、屋根葺き替え、雨漏り、防水工事」と屋根外壁リフォーム専門に対応しています。

建物の劣化状況に合った、「塗料や材料(外壁材・屋根材)」の選定を行い、ご予算に合った「的確なプラン」の提案を行ってくれます。

親身に相談にのってくれる業者が多く、細かいところまで丁寧な説明を行ってくれると評判です。

費用面に関しても、自社施工店の登録がほとんどで無駄な中間マージンも発生してきません。

屋根外壁リフォームを検討中でしたら、「プロヌリ」がおすすめです

口コミ・評判はコチラ

公式サイトはコチラ

その他の一括見積サイトはこちら>>

-屋根リフォーム

Copyright© 【屋根外壁リフォームガイド】費用相場と業者の選び方まとめ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.