屋根修理

軒天張替えとは?知っておきたい費用や単価について解説

更新日:

 

外壁よりも出っ張っている屋根の裏側のことを総称して「軒天、軒下、軒裏」と呼びます。

軒天の役割はいわば「外壁の傘」のようなものです。

人間が傘を差さずに歩いて、体が雨で濡れてしまうように、家にも軒天が無ければ外壁は直接雨や紫外線にさらされることになり外壁材にダメージを負う事になります。

家を長持ちさせるためには軒天はとても重要な役割をしています。

そんな軒天ですが、経年劣化で「剥がれたり、穴が空いたり」します。

劣化した軒天を修理する方法として「張替えやカバー」を行いますが、費用はどれくらいになるのでしょうか?

 

軒天張替えの費用相場

 

軒天工事の代表的な施工方法は、「張り替える方法」です。

部分的に施工することが可能で、劣化した箇所のみ交換できます。

そのほか、「カバー工法」という費用を抑えられる施工方法もあります。

 

軒天を張替えた場合の費用

 

軒天張替えの費用相場 ¥5000~8000円/m」

塗装仕上げ ¥25000円~」

 

軒天の張替えは、既存のベニヤを解体して、新しくベニヤを張替える作業です。

新しいベニヤには、防水性を高めるために塗装を行い仕上げます。

軒天塗装の単価と施工方法について

ベニヤ以外にも「ケイカル板」、「プリントベニヤ」、「白ポリベニヤ」などがあります。

白ポリベニヤの場合には、塗装が不要で仕上げることができます。

デメリットは、作業中にベニヤが汚れた場合、そのまま汚れが目立ってしまう点にあります。

 

軒天をカバーした場合の費用

 

軒天カバー工法の費用相場 ¥4000~6000円/m」

塗装仕上げ ¥25000円~」

 

張替え以外に、上からベニヤを重ねて仕上げるカバー工法もあります。

カバー工法の方が、解体処分費がなくなるのでコストを抑えることができます。

ですが、カバー工法のデメリットは、部分的なカバーが行えない点です。

カバーするとベニヤに厚みが出るので、他の箇所と段差となってしまい美観を損なうためです

 

軒天換気口

 

新規換気口設置 「¥3000~5000円/箇所」

 

屋根の内部の換気を良くするために軒天に換気口を取付けます。

基本的に、屋根の棟に換気棟が設置されてることで効果を発揮します。

既存で換気口がある場合には、基本的に「張替え・カバー後」も新しく取付けを行っていきます。

 

仮設足場の有無

 

「1Fの軒天」「部分的な張替え」の場合には、仮設足場なしで工事を行うこともあります。

ですが、基本的には仮設足場が必要となり、「m数」によっては1F部分の張替えでも仮設足場は必要です。

仮設足場無しでの作業はとても効率が悪いので、手間がかかって逆に割高となるケースがあります。

仮設足場の設置費用についてはこちら

軒天は火災保険で無料で修理できる?

 

軒天の材料はどれがおすすめ?

 

軒天の材料として、約20年前の日本では「木材のベニヤ」が主流でしたが、近年では「不燃材の使用」が主流となっています。

不燃材系の軒天材は、代表的なものでは「ケイ酸カルシウム板(ケイカル板)」です。

他、セメントやセラミックが基盤となりそこに各メーカーが独自の材料を加えてオリジナルの軒天材を製造販売しています。

 

ケイカル板のメリット・デメリット

 

不燃材系の軒天材は「耐久性、耐火性、耐水性」に長けている、表面の柄の種類が豊富、換気機能をつける事が可能などの長所が挙げられます。

また逆にデメリットは「重量が非常に重い」ということ、そして「木材の軒天材よりも値段が少し高い」ということです。

 

木質系ベニヤのメリット・デメリット

 

一方、木材の軒天材には一般的には「ベニヤやプリント合板」が多く使われています。

木材の軒天材のメリットはやはりなんといっても「軽量」であること。

木の家の趣にこだわりたいなどの趣向をお持ちの方にも人気があります

デメリットは「耐火性が低い事」、木は生きた材料なので経年劣化で「反りや腐食のトラブル」は免れない事です。

 

まとめ

 

軒天は、放置してしまうと「剥がれや穴あき」、美観を損ないます。

そうなってしまった場合には、「軒天張替え」、「軒天カバー」を行い改善していきましょう。

それぞれ、メリット、デメリットをしっかり確認し、よりご自身のニーズにあった「施工方法」と「軒天材」を選択されることをおすすめします。

また、軒天張替え工事も「業者選び」がとても大事です。

費用面で高い業者や手抜き工事を行う業者がいるので、複数の業者で比較検討していきましょう。

そして、自然災害で軒天が傷んでしまった場合には火災保険が使えます。

ご自身の火災保険が「屋根修理」に対応しているかも施工店に確認をしましょう。

軒天張替えは外壁や屋根の他の部分の修理と同時に行うと、足場代の節約など大幅にコスト面でお得にできます。

軒天張替えを検討されている方は家の他の部分のチェックも忘れずにおこなうことをおすすめします。

 

雨漏りの修理や対策を行うなら「 雨漏り修理110番」

 

雨漏り修理110番は、自然災害で急な雨漏りが発生した場合はもちろん、雨漏りの原因になる箇所への対策や修理を行ってくれる雨漏り修理専門の運営会社です。

全国対応で、低予算の工事でもで迅速に点検調査に駆けつけてくれて、屋根や外壁の部分的な小さな修理から屋根外壁リフォームまで幅広く相談できます。

戸建てはもちろん、マンション、アパートの雨漏りやその対策の依頼も可能です。

急な雨漏りによるトラブルが発生したら「雨漏り修理110番」はスピーディな対応をしてくれるので、まずは無料点検とお見積りを取ってみるのも良いでしょう。

低予算で、ピンポイントで部分的に屋根や外壁の修理をお願いしたい方にもおすすめです

公式サイトはコチラ

 

屋根外壁リフォーム専門サイト「プロヌリ」

 

プロヌリは、全国対応で、加盟基準を満たした「500社」の中から厳選された近くの優良業者を「1~3社」紹介してくれます。

「外壁塗装、屋根塗装、外壁の張替え、屋根カバー、屋根葺き替え、雨漏り、防水工事」と屋根外壁リフォーム専門に対応しています。

建物の劣化状況に合った、「塗料や材料(外壁材・屋根材)」の選定を行い、ご予算に合った「的確なプラン」の提案を行ってくれます。

親身に相談にのってくれる業者が多く、細かいところまで丁寧な説明を行ってくれると評判です。

費用面に関しても、自社施工店の登録がほとんどで無駄な中間マージンも発生してきません。

屋根修理や雨漏り修理の対応はもちろん、その他の修理やリフォームの提案を受けたい方、複数の業者で比較したい方は「プロヌリ」への相談もおすすめです

口コミ・評判はコチラ

公式サイトはコチラ

-屋根修理

Copyright© 【屋根外壁リフォームガイド】費用相場と業者の選び方まとめ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.