屋根修理

棟板金交換するのに必要な費用はどれくらい?

更新日:

棟板金とは、「スレート・トタン屋根」の一番高い尖った部分にかぶせてある山の形をした金属板のことを言います。

てっぺんを守る大事な役割ですから、これが屋根に設置されていないとそこから水が入って雨漏りの原因になるなど、家にとっては大変な事態を引き起こしかねません。

棟板金は、地味ながらも大切な役割を担っています。

この棟板金も経年劣化で木下地が腐り「15年~20年」を目安に交換を行う必要があります。

ここでは、棟板金の交換費用ついてご紹介していきます。

棟板金交換の費用相場と必要性

棟板金交換の費用相場

棟板金交換 m単価「¥3000~5000円/m」

上記は、既存の板金(棟包み)・木下地(貫板)の解体処分費と新しい板金・下地の取付費用(材工共)が含まれています。

「m数」が長いほど、単価も下がります。

反対に、「m数」が少ない場合には、人件費を考えると「¥20,000~」の価格設定となる場合が多いです。

屋根勾配によっては、棟板金交換のみの作業も仮設足場は別途費用かかってきます。

棟板金の下地に樹脂製(タフモック)を使った費用相場は?

近年では、スギ板の代わりに「タフモック」という樹脂製の下地材が使用されています。

タフモックは腐らないので、釘が浮きづらく長期間メンテナンス不要となります。

棟板金交換費用にプラスで「¥500~800円/m」の費用相場となります。

費用面もそこまで高くはないので、近年では需要が多くなっています。

棟板金は火災保険で無料で交換できる?

棟板金交換の必要性

棟板金は台風や強風によって飛んでしまうことがあります。

理由は、棟板金の下地には、木材(スギ板)が使用されているため、経年劣化によって腐敗して留め釘が緩んでしまうためです。

釘が効いていない板金材は強風で飛ばされてしまうのです。

また、棟板金の釘浮きは、よく訪問販売に指摘されやすい一番のポイントです。

その他、板金材も経年劣化で錆びてしまうため塗装によるメンテナンスは必要となってきます。

棟板金交換の目安

棟板金のメンテナンス

釘の打ち直し及び板金の塗装 「10年~15年」

棟板金の交換「20年前後」

棟板金は「築8~10年前後」で、木下地が劣化して釘が浮き始めてきます。

そのため10年前後では屋根塗装などを行う際に、一緒に点検して「釘の打ち直し」を行うと良いです。

その後、「20年前後」で木下地は腐敗してきます。

棟板金交換の時期の目安として「築20年前後」がベストでしょう。

棟板金は、屋根の一番高いところに設置されているため一番外的ダメージを受けやすい場所です。

年数に関わらず、屋根を見上げて棟板金に異変を感じたら、点検調査を依頼していきましょう。

棟板金は、台風などの影響で、一番被害に合う箇所です。

棟板金は屋根のてっぺんを水から守る大切な役割を果たしており、一度剥がれて雨漏りをしてしまうと屋根の他の部分はもちろん家の中にまで被害が及びます。

雨が続く季節が近ければ更に要注意となってきます。

火災保険の適用

棟板金交換の工期は「半日から1日」で出来てしまう、屋根の修理の中では比較的簡単な作業です。

ですが屋根の修理ということで高所作業になるため、仮設足場の設置は基本的に必要です。

そのため、ご自身の火災保険会社に棟板金交換に保険が使用できるか確認してみましょう。

一般的に、自然災害であれば火災保険の適用範囲内のため、工事費用が保険でまかなえます。

また、将来的に少しでもコストを低く抑えたいなら他の部分も同時にメンテナンスを行っておくと良いでしょう。

火災保険の申請から工事まで無料で行ってくる会社はこちら>>

まとめ

あなたの家を雨漏りから守る大切な棟板金、もしおかしいなと感じることがあれば地元の屋根屋さんに点検を依頼してみましょう。

棟板金が飛んでしまった場合には、通行人や他の建物・車を傷つけてしまう場合があるので放置もできない箇所です。

工事を行う場合には、費用相場をチェックして、仮設足場の有無、保険適用の有無を施工店に確認しましょう。

 

雨漏りの修理や対策を行うなら「 雨漏り修理110番」

 

雨漏り修理110番は、自然災害で急な雨漏りが発生した場合はもちろん、雨漏りの原因になる箇所への対策や修理を行ってくれる雨漏り修理専門の運営会社です。

全国対応で、低予算の工事でもで迅速に点検調査に駆けつけてくれて、屋根や外壁の部分的な小さな修理から屋根外壁リフォームまで幅広く相談できます。

戸建てはもちろん、マンション、アパートの雨漏りやその対策の依頼も可能です。

急な雨漏りによるトラブルが発生したら「雨漏り修理110番」はスピーディな対応をしてくれるので、まずは無料点検とお見積りを取ってみるのも良いでしょう。

低予算で、ピンポイントで部分的に屋根や外壁の修理をお願いしたい方にもおすすめです

公式サイトはコチラ

 

屋根外壁リフォーム専門サイト「プロヌリ」

 

プロヌリは、全国対応で、加盟基準を満たした「500社」の中から厳選された近くの優良業者を「1~3社」紹介してくれます。

「外壁塗装、屋根塗装、外壁の張替え、屋根カバー、屋根葺き替え、雨漏り、防水工事」と屋根外壁リフォーム専門に対応しています。

建物の劣化状況に合った、「塗料や材料(外壁材・屋根材)」の選定を行い、ご予算に合った「的確なプラン」の提案を行ってくれます。

親身に相談にのってくれる業者が多く、細かいところまで丁寧な説明を行ってくれると評判です。

費用面に関しても、自社施工店の登録がほとんどで無駄な中間マージンも発生してきません。

屋根修理や雨漏り修理の対応はもちろん、その他の修理やリフォームの提案を受けたい方、複数の業者で比較したい方は「プロヌリ」への相談もおすすめです

口コミ・評判はコチラ

公式サイトはコチラ

-屋根修理

Copyright© 【屋根外壁リフォームガイド】費用相場と業者の選び方まとめ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.