屋根修理

瓦を一枚だけ交換した場合の費用はどれくらい?

更新日:

屋根材の剥がれ

 

屋根材の瓦は、台風などの自然災害や落下物の影響で、割れてしまうことがあります。

部分的な破損でも放置すると、瓦の割れから雨水が侵入して内部を傷める原因となってしまいます。

そんな割れてしまった瓦を「一枚や部分的」に交換した場合、費用はいくらかかるのでしょうか?

ここでは、瓦交換に必要な費用と、一枚のだけ交換ができないケースについて解説していきます。

 

瓦の交換が必要なケースとは?

瓦の割れ

 

粘土瓦

 

粘土を使用した瓦の耐用年数は「60年から80年」とも言われています。

それに加えて表面が滑らかなため、コケが生えたりすることもありません。

しかし、強風や地震で瓦の位置がずれてしまったり、瓦が落ちてしまって割れたりするなら交換の必要があるでしょう。

 

セメント瓦、モ二エル瓦、化粧スレート瓦

 

セメントを原料とした瓦の耐用年数は「30年前後」です。

セメント系の瓦は外側の塗装が剥げると、防水効果が薄れて、ひび割れが生じ、雨漏りの原因になることもあります。

また、強風で飛ばされて剥がれて落下してしまうこともあります。

このように、ひび割れや屋根材が剥がれてしまった場合に瓦を交換する必要があります。

 

瓦を一枚交換するのにかかる費用は?

費用相場

 

自分で交換する(DIY)

 

瓦1枚の単価(材料代)は「100円から1,000円」などその種類と品質によって価格は様々です。

しかし、瓦を自分で交換するのか、また1枚だけ交換するにあたっても施工してくれる専門業者に頼むのかによって修理にかかる費用は変化します。

高いところに自分で登れるから大丈夫という方や、普段からDIYをしているため瓦の種類や交換方法を自分で調べられるという方は、専門業者に頼まず「瓦代のみ」で交換が行えるでしょう。

しかし高所でのDIYにはリスクがあり、通常の足場が安定したところで行うものとは違うことを覚えておく必要があります。

 

業者に依頼する

 

粘土瓦(洋瓦、セメント瓦)の交換

 

瓦の修理はしたいが自分でどうやったらいいかのアイディアがない方は、もちろん業者に依頼して交換してもらうことができます。

粘土瓦の場合には、比較的緩やかな勾配ですので、仮設足場なしで一枚だけ交換することが可能です。

 

瓦一枚の交換費用:「8千~2万円」

 

スレート瓦の交換、差し替え

 

粘土瓦の場合には、既存の瓦を外して、簡単に交換できます。

ですが、スレート瓦の場合には釘で屋根材を固定しているため簡単に取り外せません。

また、取り付ける際も屋根材が重なり合っているため、釘止めすることはできません。

そのため、新しい屋根材をコーキングで接着して張っていく方法で一枚だけ差し替えて応急処置していきます。

きちんとした施工を行う場合には、ある程度の屋根材を剥がしていく必要がありますので、それなりの手間がかかってきます。

 

一枚のみ差し替え:「1万~3.5万円」

何枚か剥がして交換:「5万~10万円」

 

瓦一枚のみ交換できないケースとは?

セメント瓦

 

瓦が一枚や数枚だけ割れてしまった場合に、「手軽で安く」修理が行える部分交換ですが、屋根材や状況によってできないケースもあります。

 

同質の瓦が廃盤になっている場合

セメント瓦の不具合

 

30年以上築年数が経過した屋根材の「セメント瓦、モ二エル瓦、スレート瓦」などは、同じ瓦が廃盤になっているケースがほとんどです。

同じ瓦が無い場合には、一枚だけ「簡単」に交換することができません。

そのようなケースでは、似たような瓦を加工して取付けを行うか、板金を加工して納めていきます。

廃盤になっている場合でも、上記のように対処できますが、費用単価も上がりますし、なにより職人さんの技術や経験がとても大事となってきます。

 

釘止め固定の屋根材

劣化したコロニアル

 

先ほどでもふれたように、スレート瓦(コロニアル、カラーベスト)など、釘止めで屋根材が重なり合っているケースでは一枚だけの交換ができません。

新しい瓦を釘止めするためには、重なり合っている上部の瓦を剥がす必要があるからです。

さらに、上部の瓦を剥がすためには、その上部の瓦も剥がさないといけないため、最終的に棟部分まで取り外す必要があるのです。

そのため、一枚だけ交換したい場合には、釘止めせずコーキングで固定する「差し替え」で補修していくのが一般的な施工方法となっています。

ですが、この「差し替え」も屋根勾配が急であるなど、取付けが難しいケースもあるため注意が必要です。

 

割れた箇所が原因で雨漏りしている

強風で飛んだ瓦

 

屋根材が割れてしまったことにより雨漏りが発生した場合には、瓦を交換しただけでは解決できません。

雨漏りしたということは、下に張られている「二次防水(防水シート)」が破損しているといことです。

この防水シート及び、必要であれば木下地を補修してから瓦の取付けを行う必要があります。

 

ニチハのパミールの場合

屋根材の剥がれ

 

ニチハのパミール(現在では廃盤)という屋根材の場合では、自然災害での割れや破損というよりも商品の欠陥により剥がれたりします。

防水効果が切れると、雨水を吸収して表面がボロボロと剥がれてきます。

この屋根材を1枚だけ交換しても、次々と不具合が生じてしまうので、全体的なメンテナンスを考えていく必要があります。

 

パミール屋根に塗装ができない理由とは?

 

瓦の交換は火災保険が使える?

台風被害

 

火災保険には火災だけでなく、自然災害にも適用されます。

例えば、「台風や落雷、水害、雪害」などです。

「台風による強風で瓦が飛んで行ってしまった」、「屋根に雪が積もってしまって、瓦がずれてしまった」などの場合で、瓦に不具合が発生したときは火災保険は適用されます。

 

それと同時に火災保険が適用されない場合があります。

例えば「経年劣化が理由で瓦が破損した場合」「人的要因で瓦を割ってしまった場合」などです。

そのほか、同じ自然災害でも地震の影響で瓦に修理が必要な場合は、地震保険に加入している必要があります。

 

まとめ

記事のまとめ

 

急な自然災害などのトラブルで一部の屋根が破損してしまった場合でも、部分的な修理が行えます。

ですが、瓦一枚の「交換費用」や瓦一枚だけ「交換できるか」は、屋根材の種類や状況によって異なります。

適正な費用を知るためには、専門業者に現地調査を依頼する必要があります。

ですが、業者に依頼する際に、気を付けておきたい事があります。

それは屋根のリフォーム工事に関係して、最近でも悪徳な業者の被害にあっている方も多くいるという現状です。

そのため安い工賃は魅力的でも、しっかりとした工事をしている業者か見極める必要があるでしょう。

「大幅に何十万円も値引きする」、「前払いを要求する」など不安をあおるような要素のある施工業者には依頼しないようにしましょう。

屋根リフォームや雨漏りを専門とした業者に依頼するなら、適正価格で見積もりを取ってもらえることを期待できます。

どんな規模の修理であっても専門の業者を見極めることで、安全で適切なリフォームを行えるでしょう。

 

雨漏りの修理や対策を行うなら「 雨漏り修理110番」

雨漏り110番

 

雨漏り修理110番は、自然災害で急な雨漏りが発生した場合はもちろん、雨漏りの原因になる箇所への対策や修理を行ってくれる雨漏り修理専門の運営会社です。

全国対応で、低予算の工事でもで迅速に点検調査に駆けつけてくれて、屋根や外壁の部分的な小さな修理から屋根外壁リフォームまで幅広く相談できます。

戸建てはもちろん、マンション、アパートの雨漏りやその対策の依頼も可能です。

急な雨漏りによるトラブルが発生したら「雨漏り修理110番」はスピーディな対応をしてくれるので、まずは無料点検とお見積りを取ってみるのも良いでしょう。

低予算で、ピンポイントで部分的に屋根や外壁の修理をお願いしたい方にもおすすめです

公式サイトはコチラ

 

屋根外壁リフォーム専門サイト「プロヌリ」

プロヌリで比較

 

プロヌリは、全国対応で、加盟基準を満たした「500社」の中から厳選された近くの優良業者を「1~3社」紹介してくれます。

「外壁塗装、屋根塗装、外壁の張替え、屋根カバー、屋根葺き替え、雨漏り、防水工事」と屋根外壁リフォーム専門に対応しています。

建物の劣化状況に合った、「塗料や材料(外壁材・屋根材)」の選定を行い、ご予算に合った「的確なプラン」の提案を行ってくれます。

親身に相談にのってくれる業者が多く、細かいところまで丁寧な説明を行ってくれると評判です。

費用面に関しても、自社施工店の登録がほとんどで無駄な中間マージンも発生してきません。

屋根修理や雨漏り修理の対応はもちろん、その他の修理やリフォームの提案を受けたい方、複数の業者で比較したい方は「プロヌリ」への相談もおすすめです

口コミ・評判はコチラ

公式サイトはコチラ

-屋根修理

Copyright© 【屋根外壁リフォームガイド】費用相場と業者の選び方まとめ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.