屋根塗装 屋根リフォーム

ガルバリウム鋼板の塗装単価はどれくらい?

更新日:

ガルバリウム鋼板は、半永久的に持つと言われていますが、本当にメンテンナンスしなくて問題ないのか疑問に思っている方も多いと思います。

メンテナンスを行うとしたら、塗装をするのが一般的ですが、費用がどれくらいになるのかも気になるものです。

ここでは、ガルバリウム鋼板を塗装する必要性やその費用についてご紹介しています。

 

そもそもガルバリウム鋼板とは?

 

ガルバリウム鋼板とは、住宅に使用される屋根材のひとつで、アルミ亜鉛合金をメッキ処理した鋼板のことを指します。

横葺き用と縦葺き用など、さまざま形状の屋根として普及しています。

 

メリット

 

最大の特徴は、「優れた耐久性」を持っていることで、その理由はガルバリウム鋼板の構成が「アルミニウム・亜鉛・シリコン」となっているからです。

どういうことかというと、仮にメッキが傷ついたとしても、鋼板に含まれている亜鉛が先に溶けて鉄を錆から守ってくれます。

この「犠牲腐食作用」があることから、一般的なトタン板と比較しても「防錆性が高く」耐久性が約3~6倍程度もあるのです。

またガルバリウム鋼板は薄いので、重量のある瓦と比較すると地震の揺れによる建物への影響がとても少なく「耐震性」にも優れている屋根材と言えます。

それに「見栄えも良く」、素材の質感自体を活かした仕上がりになることから、洋風住宅で使用されることが多くなっています。

このようにガルバリウム鋼板とは、「耐久性・防錆性・耐震性」など様々な点で優れた屋根材のひとつであると言えます。

 

デメリット

 

しかしデメリットとしては、瓦やストレート屋根と比較して「雨音が多少大きい」こと、もうひとつは「熱伝導率が高い」ということです。

ただ、防音材を下地に敷くことで音を軽減することが可能ですし、断熱材を屋根裏に使用することで断熱性能を高めることができます。

また、メーカーによっては断熱材がセットで販売されている屋根材もあります。

(ニチハ:「横暖ルーフ」、アイジー工業:「スーパーガルテクト」など)

この屋根材は、断熱材が入っており「遮音効果」「断熱効果」が期待できますので、上記デメリットを補えます。

ですが、費用面で高額なのが難点でしょう。

 

ガルバリウム鋼板も塗装は必要なのか?

 

ガルバリウム鋼板は「約20~30年」の耐久性があると言われている屋根材なので、基本的には塗装の塗り替えを実施する必要はありません。

ただ環境条件などによって「色あせやサビ」といった劣化が見られる場合には、メンテナンスとして塗り替えを検討する必要があります。

ガルバリウム鋼板も「15~20年経過」してくると「汚れや色あせ」がでるので、それが気になる人は美観を良くするという目的で塗装を行っている人もいます。

 

塗装が出来ない場合もある?

 

あまりにも年数が経過していたり、雨漏りしていたりする時には、塗り替えでは対応できないので、屋根を張り替える葺き替えや古い屋根材に新しい屋根を被せるカバー工法などが必要なケースもあります。

ただしカバー工法の場合は、2重で屋根になるため少し重くなったり、古い屋根材が残ってしまうというデメリットがありますので、気になる方は葺き替えの方がおすすめです。

 

ガルバリウム鋼板の塗装単価はどれくらい?

 

屋根面積:50㎡~70㎡(25坪~30坪)

費用相場は、「32.5万円~39.5万円」です。(ウレタン塗料使用)

 

【内訳】

施工内容 費用相場
仮設足場(メッシュシート含む) ¥120,000円
高圧洗浄(水洗い) ¥ 25,000円
下地調整費 ¥ 10,000円~¥ 25,000円
下塗り ¥ 42,000円~¥ 56,000円
中塗り ¥ 49,000円~¥ 59,500円
上塗り ¥ 49,000円~¥ 59,500円
各種諸経費 ¥ 30,000円~¥ 50,000円
小計 ¥325,000円~¥395,000円(税抜き)

 

屋根塗装の費用相場は、「屋根の勾配」、「下地の調整」によっても単価が異なります。

そのほか、「施工店や地域」によって、単価が違いますので相見積もりは必須なってくるでしょう。

具体的な費用相場の確認・お見積り依頼はこちら>>

 

塗料別の平米単価

 

塗料のグレード ㎡単価
アクリル塗料 ¥1,500円~¥1,800円
ウレタン塗料 ¥2,000円~¥2,500円
シリコン塗料 ¥2,200円~¥2,800円
遮熱塗料 ¥2,400円~¥3,000円
フッ素塗料 ¥3,500円~¥4,500円

 

ガルバリウム鋼板の塗装方法や塗料の種類は?

 

塗装方法

 

ガルバリウム鋼板は、表面に凹凸がないため、塗装を行うのにもっとも技術がいる屋根材で、ある程度劣化が進んでから塗装を行う事をお勧めします。

汚れなどであれば、高圧洗浄を行うだけでも綺麗になりますので、塗装まで行う必要はないでしょう。

塗装を行う際には、下地調整をしっかりと行い、専用の下塗り材で丁寧に仕上げて、上塗りを入れていきます。

ガルバリウム鋼板の塗装では、「下地調整」が一番重要なポイントとなってきます。

 

鋼板用の塗料の種類

 

ウレタン塗料

  • 日本ペイント:ファインルーフU
  • SK化研:ルーフスターU

 

シリコン塗料

  • 日本ペイント:ファインルーフSI
  • 関西ペイント:スーパーシリコンルーフペイント
  • SK化研:ルーフスターSI

 

フッソ塗料

  • 日本ペイント:1液ファイン4Fルーフ
  • 関西ペイント:スーパーフッソルーフペイント
  • SK化研:ルーフスターF

 

まとめ

現在では、ガルバリウム鋼板屋根はとても普及しています。

ガルバリウム鋼板は半永久的にノーメンテナンスで大丈夫というイメージがありますが、塗装が必要な場合もあります。

メンテナンスを行う場合には、塗装で寿命を延ばすのか、葺き替え又はカバー工法を実施するのかをしっかりと検討しましょう。

ただ素人ではその判断はなかなか難しいので、できる限りプロに見てもらい、どのような対策をするのがベストなのか相談していくと良いでしょう。

塗装費用に関しては、施工する業者によっても大きく異なりますので、業者選びは複数で行うことをおすすめします。

 

屋根塗装の費用相場の確認・お見積り依頼はコチラ▽

屋根塗装の「費用を少しでも抑えたい」「優良な業者に依頼したい」方は、下記の一括見積もりサイトのプロヌリがおすすめです。

地元の優良業者を比較することで最適な業者を選ぶことができます。

もちろん無料で、「匿名で費用相場の確認」「お見積り依頼」ができます。

おススメお見積り比較サイト

外壁・屋根塗装工事専門サイト「プロヌリ」

プロヌリは全国対応で、加盟基準を満たした500社の中から地元の優良業者を紹介してくれます。

外壁・屋根塗装の「劣化具合に応じた提案力」「最適な塗料の提案」を行える業者が加盟しています。

もちろん、厳選された自社施工店が数多く登録しており、「費用面」、「施工面」でも信頼と実績があります。

外壁・屋根塗装専門で工事を行っている業者の紹介となりますので、塗装工事メインでお考えの方は「プロヌリ」はおススメです。

口コミ・評判はコチラ

公式サイトはコチラ

その他の一括見積サイトはこちら>>

-屋根塗装, 屋根リフォーム

Copyright© 【屋根外壁リフォームガイド】費用相場と業者の選び方まとめ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.