屋根塗装

屋根塗装は足場が必要?その理由と費用について解説

更新日:

屋根塗装工事を行う上で、気になるのは仮設足場の必要性だと思います。

外壁塗装を行うのであれば必要を感じますが、屋根塗装だけを行うのに必要なのか疑問を持たれるかたも多いと思います。

確かに仮設足場を設置すると、「10万~15万円」程プラスで費用が掛かるため出来る事なら仮設足場なしで行い費用削減したいですよね。

ですが、結論から言いますと屋根塗装のみでも仮設足場は基本的に必要です。

「安全面」「品質向上」「ご近隣への配慮」のためです。

ただ、条件によっては仮設足場なしでも行う場合もあります。

今回は、屋根塗装での仮設足場の必要な理由とその費用について詳しくご紹介していきます。

屋根塗装で足場が必要な理由とは?

安全面

屋根塗装は、高所作業により危険が伴います。

劣化した屋根は、とても滑りやすく材料をもって屋根に上がった場合にバランスも悪く「転落の危険性」が出てきます。

万が一、屋根から転落して怪我をしてしまった場合に、本人やその家族はもちろん依頼主にも迷惑がかかってしまいます。

また、3m以上の高所作業において、仮設足場なしで転落して怪我をしても「労働者災害補償保険」が適用できません。

そのため、近年では足場なしで屋根塗装を請け負う業者はほとんどいません。

このように、万が一のことを考えると足場はとても重要になってきます。

 

品質向上

屋根塗装を行う場合には材料をもって屋根に上がり作業しますが、足場がないと材料を置くスペースがなく「作業効率の低下や大事な下地調整」がしっかり行えません。

とくに軒先は危険なため、ケレン作業(下地調整)が雑になったり、塗装も塗れる範囲での仕上げとなり本来の耐久年数が発揮できない場合が多いです。

施工不良や質の低い作業を避けるためにも、足場を設置していく必要があります。

 

近隣への配慮

屋根塗装を行う際には、必ず「高圧洗浄」を行います。

ですが、仮設足場が無い状況で高圧洗浄を行うと、養生(メッシュシート)がないので溜まったコケや汚れは泥となり、近隣の住宅に飛散していきます。

数十年かけて溜まった汚れは、洗い流すとすごい量の泥が流れます。

とくに、近隣と密接しているお宅ではご近隣から苦情がでる可能性は高いでしょう。

足場がない場合に、高圧洗浄を行わずデッキブラシなどで屋根を洗う業者さんもいます。

ですが、手間もかかり水で滑って危ないですし、汚れも軒先など完全の取り切るのは難しいです。

高圧洗浄は、仮設足場を設置して養生を行ってからの方が、「安全で下地も綺麗になり」ご近隣の方にも迷惑がかからないので、設置した方が間違いはないでしょう。

 

条件によって足場なしでも屋根塗装はできる?

屋根の状況によって、足場なしでも作業できるケースも少なからずあります。

下記の状況では、施工業者次第では相談にのってくれることもあるでしょう。

 

下屋根(1F)の塗装の場合

「1F部分の屋根(平屋など)の塗装」を行う場合には、ご近隣との密接具合にもよりますが仮設足場がなくても作業するケースもあります。

もちろん、屋根の勾配が緩やかで、コケや藻が少なく滑りずらい状況に限ります。

1F屋根で、施工面積が少ない場合では、脚立を使って作業を行う事が多いでしょう。

 

勾配が2寸以下の場合

屋根勾配が「2寸以下のトタン屋根」の場合は、状況によって仮設足場を建てずに作業することがあります。

勾配が緩やかなので、材料を仮置きでき、比較的安全に作業できるためです。

また、トタンの場合には高圧洗浄は行いませんので泥などが飛ぶこともないからです。

陸屋根で、壁面がパラペットのように立ち上がっているケースでは、足場無しで作業を行うことが多いです。

 

足場の費用はどれくらい?

現在、仮設足場の種類は、「くさび式足場」「単管足場」があります。

それぞれで、メリット、デメリットがあり、費用面も異なってきます。

メリット・デメリットについてはこちら↓↓

仮設足場の費用はどれくらい?その必要性についても解説

 

屋根塗装では、高所作業なので「くさび式」足場が主に使用されています。

くさび式足場の費用相場

【25坪~35坪】「12万円~16万円」

【35坪~45坪】「16万円~20万円」

【45坪~60坪】「20万円~25万円」

上記以外にも、屋根の勾配が「6寸勾配以上」ある場合では、「屋根足場」というのも必要となってきます。

屋根足場を設置する場合には、「くさび式足場+屋根足場」という計算になるので、少し割高になってきます。

屋根足場の費用相場

「3万~10万円」

屋根足場は、屋根勾配や屋根の構造によって、費用相場が異なります。

 

まとめ

屋根に上がるのは、熟練の職人さんでも怖いものです。

上がるだけでも怖いのに、そこから作業するのは本当に危険が伴います。

とくに、経験豊富な熟練職人であればあるほど、屋根の危険性を熟知しているので足場なしでの作業は嫌がります。

足場なしでも請け負う業者は、経験が浅い若手の職人が多いでしょう。

そういった業者に任せてしまうと、作業レベルが低いこともあり、万が一も起こりえますので注意が必要です。

予算の問題もあるとは思いますが、屋根塗装のみでも足場は設置した方が良いでしょう。

もしくは、屋根塗装以外(外壁塗装、雨樋交換、屋根葺き替え)も検討して、将来的なランニングコストを抑えていく方法も良い選択肢と言えるでしょう。

 

塗装工事の費用相場の確認・お見積り依頼はコチラ▽

塗装工事の「費用を少しでも抑えたい」「優良な業者に依頼したい」方は、下記の一括見積もりサイトのプロヌリがおすすめです。

地元の優良業者を比較することで最適な業者を選ぶことができます。

もちろん無料で、「匿名で費用相場の確認」「お見積り依頼」ができます。

おススメお見積り比較サイト

外壁・屋根塗装工事専門サイト「プロヌリ」

プロヌリは全国対応で、加盟基準を満たした500社の中から地元の優良業者を紹介してくれます。

外壁・屋根塗装の「劣化具合に応じた提案力」「最適な塗料の提案」を行える業者が加盟しています。

もちろん、厳選された自社施工店が数多く登録しており、「費用面」、「施工面」でも信頼と実績があります。

外壁・屋根塗装専門で工事を行っている業者の紹介となりますので、塗装工事メインでお考えの方は「プロヌリ」はおススメです。

口コミ・評判はコチラ

公式サイトはコチラ

その他の一括見積サイトはこちら>>

-屋根塗装

Copyright© 【屋根外壁リフォームガイド】費用相場と業者の選び方まとめ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.