屋根塗装

屋根塗装で行う縁切り(タスペーサー)の必要性とは?

更新日:

屋根塗装工事を施工する上で、必要な工程の一つとして、「縁切り」があります。

主に、化粧スレート屋根(コロニアル)の塗装工事の際に行います。

化粧スレート屋根の塗装を行うと、瓦と瓦の重なり合っている部分が塗膜で塞がれてしまいます。

縁切りとは、塗膜で塞がれてしまった箇所をカッターや皮すきなどで、隙間を空けていく作業のことを言います。

意外と重要な縁切り作業ですが、この縁切りを省く施工店も稀にいるため注意が必要です。

今回は、そんな屋根塗装で必要な縁切り作業についてご紹介します。

 

屋根塗装で行う縁切りの必要性とは?

縁切りを行い隙間を空ける理由は、「雨漏り対策」のためです。

 

雨水の逃げ道を確保するため

 

屋根材の裏側に、万が一雨水が侵入した場合や、「毛細管現象」などによって屋根内部に雨水が侵入した場合に、隙間が埋まっていると、雨水の逃げ道がなくなり雨漏りの原因となってしまいます。

屋根材の裏には防水シートがありますが、雨水の侵入で傷んだり劣化するため、長期的な目線で見ると雨漏りのリスクが出てきます。

雨水が屋根内部に溜まってしまうと、野地板や垂木などを腐らせてしまう原因となります。

そのため、少しでも雨漏りのリスクを減らしていく為に「縁切り」が必要なのです。

 

縁切りのタイミングは?

 

縁切りのタイミングとしては、屋根塗装の全工程(下塗り、中塗り、上塗り)が完了して、「塗膜が乾いてから」行っていきます。

塗装中や乾いていない状態で行っても、再び隙間が塞がれてしまうからです。

 

縁切り用の部材タスペーサーとは?

タスペーサーとは、ポリカーボネイト樹脂でできた縁切り部材です。

従来ではカッターや皮すきなどで、上記で紹介した「縁切り」を行っていましたが、このタスペーサーが販売されてからは屋根材の隙間に差し込むだけで縁切り効果が得られるようになりました。

 

従来の縁切り方法と比べたタスペーサーのメリット

 

人件費削減

縁切り作業の手間が大幅に減ります。

従来の縁切り作業では、屋根の大きさにもよりますが半日かかる場合もありました。

タスペーサーなら差し込むだけなので、「10分~30分程度」で設置可能です。

 

屋根が傷つかない

タスペーサーの挿入するタイミングは、下塗り後です。

  1. 下塗り
  2. タスペーサー
  3. 中塗り
  4. 上塗り(仕上げ)

 

従来の縁切り工法では、屋根塗装が完了して、更に乾いてからの作業のため、せっかく塗装した塗膜が「剥がれたり傷ついたり」してしまうリスクがありました。

ですが、タスペーサーなら施工途中に行うため、屋根の塗膜を傷めることなく縁切りが可能なのです。

 

タスペーサー挿入用の工具

前回の塗装で、タスペーサーが差し込みずらい箇所などには、「エスバッター」を使用して挿入していきます。

差し込みずらい箇所に対して無理に入れようとすると、屋根材が割れたりタスペーサーが傷んでしまいます。

そんな時に、「エスバッター」は役に立ちます。

 

タスペーサーの費用は?

タスペーサーの挿入費用は、2万円~5万円」ほどです。

材料費が「500個」で「1万円くらい」ですので、そこまで費用が高額になるケースは少ないです。

「瓦一枚(910mm)」に2箇所設置していく形となり、屋根の大きさ(㎡数)によって費用差が多少出ます。

また、屋根勾配があると設置に手間がかかるので、少し割り増しとなるでしょう。

 

タスペーサーの挿入が不要な場合がある?

状況によって、タスペーサーの挿入が不要であったり、適さないケースもあるので注意が必要です。

 

屋根材の経年劣化

化粧スレート屋根は、経年劣化すると屋根材が反りあがってきます。

隙間が空きすぎていると、縁切りの必要性はなく、差し込んでも抜けてしまうためタスペーサーの挿入ができません。

 

急勾配の屋根

6寸勾配以上になってくると、タスペーサーが抜け落ちてしまうこともあります。

急勾配の場合には、タスペーサー挿入よりも、従来の「縁切り方法」で施工を行った方が無難でしょう。

 

1回目の塗装

新築時から、初めて屋根の塗装を行う場合には、塗装を行っても材料自体の吸い込みがあるので、屋根の重なり合う部分が塗膜で塞がる事はあまりありません。

そのため、1回目の塗装時には、タスペーサーを挿入してもしなくても効果は変わらないので、どちらでも良いと考えます。

2回目以降では屋根材の吸い込みが無くなって隙間が塞がりやすいので、タスペーサーは必要となります。

 

まとめ

屋根塗装を施工する上で、意外と重要なのが縁切り作業です。

縁切り作業を適切に行っていかないと、万が一屋根の内部に雨水が入った場合に逃げ道がないため、雨漏りの原因となってしまいます。

屋根塗装を行う際には、縁切りの説明をしっかりと行ってくれる施工店に依頼していきましょう。

また、縁切りをするならタスペーサーを使用した方法がおススメです。

作業時間を削減出来て、屋根塗膜を傷つけなくて良いので、「安心・安全」な施工方法です。

ですが、タスペーサーの使用も不要なケースや適さないケースもあるもあるので、施工店にしっかりと屋根の状態を確認してもらうことが大事です。

 

屋根塗装の費用相場の確認・お見積り依頼はコチラ▽

屋根塗装の「費用を少しでも抑えたい」「優良な業者に依頼したい」方は、下記の一括見積もりサイトのプロヌリがおすすめです。

地元の優良業者を比較することで最適な業者を選ぶことができます。

もちろん無料で、「匿名で費用相場の確認」「お見積り依頼」ができます。

おススメお見積り比較サイト

外壁・屋根塗装工事専門サイト「プロヌリ」

プロヌリは全国対応で、加盟基準を満たした500社の中から地元の優良業者を紹介してくれます。

外壁・屋根塗装の「劣化具合に応じた提案力」「最適な塗料の提案」を行える業者が加盟しています。

もちろん、厳選された自社施工店が数多く登録しており、「費用面」、「施工面」でも信頼と実績があります。

外壁・屋根塗装専門で工事を行っている業者の紹介となりますので、塗装工事メインでお考えの方は「プロヌリ」はおススメです。

口コミ・評判はコチラ

公式サイトはコチラ

その他の一括見積サイトはこちら>>

-屋根塗装

Copyright© 【屋根外壁リフォームガイド】費用相場と業者の選び方まとめ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.