屋根塗装 屋根リフォーム

シングル屋根の塗装単価はどれくらい?

更新日:

 

屋根材のひとつにシングル屋根(アスファルトシングル材)と呼ばれるものがあります。

加工しやすいなどのメリットがあるうえに「耐久性や防水性」にも優れていることもあって、新築ではスレート瓦に変わって、このシングル材が使用されるケースが増えています。

ただまだ一般に広く知られているとは言えない面もあるだけに、この屋根材の特徴や塗装の必要性とその費用について疑問に思う方も多いと思います。

ここでは、シングル屋根の「特徴」「塗装時期」「塗装単価」についてご紹介しています。

 

シングル屋根の特徴について

 

このシングル屋根の特徴はその名称にも出てくるように「アスファルト」を使用している点です。

ガラス繊維の基材に対してアスファルトを浸透させ、表面を石粒で保護した屋根材です。

屋根材の下地に使用する防水シート(ルーフィングシート)に、石粒を付着させて耐久性と意匠性を向上させているイメージです。

 

左側の緑色のシートが防水シート

 

メリット

 

シングル材は、アメリカやカナダで普及しており、少しレトロな雰囲気を感じさせつつ洋風のテイストを感じさせるデザイン性です。

スレート瓦に比べて「耐久性」「防水性」に優れており、メンテナンスコストが抑えられる点がメリットです。

シート状の屋根材のため、屋根の形が複雑だったり、変わった屋根形状でも施工しやすく、融通性が利く点も高く評価されています。

 

デメリット

 

その洋風なデザイン性のため、和風のお宅には不向きであるという点はデメリットです。

また、屋根材が薄くて軽いため、施工が甘いと強風時に剥がれたり、飛散してしまうケースが高くなる点はとくに注意が必要でしょう。

 

シングル屋根の劣化症状と塗装時期は?

 

主な経年劣化

 

変色・褐色

 

まず、シングル屋根の劣化症状として「変色・褪色」おきます。

これは日差しに晒されている以上仕方がないことで、それほど神経質に考える必要はありませんが劣化の初期症状として見られることが多いので褪色が進んでいるようだと注意したほうがよいでしょう。

 

屋根材の反り

 

紫外線を浴び続けることで起こるのが「反り」です。

反りが起こってしまうとひとつひとつのパーツの間に隙間ができてしまうことで防水性が低下したり、建物そのものの劣化の原因になってしまったりといった問題も出てきます。

 

石粒の剥がれ

 

シングル屋根は耐風性に弱いというデメリットがあります。

そのため、雨風に晒されているうちに石粒がはがれて落ちてしまい、防水性の低下につながります。

 

カビや汚れ

 

カビやコケの発生なども注意しておきたい劣化症状です。

屋根材の防水性が薄れていることが原因でカビやコケの発生してきます。

 

どれぐらいの期間で塗装をやりなおす必要がある?

 

日当たりや湿気、さらにアスファルトシングルの素材によって違ってくるので一概には言えない面もありますが、通常は10年保証のもとで工事を行うケースが多く見られます。

基本的には「10年」が目安と考えておくとよいでしょう。

ただ近年では、品質の向上でより長く状態を保てるタイプも増えています。

そのため、「20~30年」でシングル屋根の塗装を行うケースが多い傾向にあります。

上記記載の劣化症状が発生したら、まずは専門業者に点検をしてもらい適切な施工時期を検討していきましょう。

 

シングル屋根の塗装単価について

 

屋根面積:50㎡~70㎡(25坪~30坪)

費用相場は、「33.5万円~42.5万円」です。(ウレタン塗料使用)

 

【内訳】

施工内容 費用相場
仮設足場(メッシュシート含む) ¥120,000円
高圧洗浄(水洗い) ¥ 25,000円
下地調整費 ¥ 10,000円~¥ 25,000円
下塗り ¥ 42,000円~¥ 56,000円
中塗り ¥ 49,000円~¥ 59,500円
上塗り ¥ 49,000円~¥ 59,500円
縁切り ¥ 10,000円~¥ 30,000円
各種諸経費 ¥ 30,000円~¥ 50,000円
小計 ¥335,000円~¥425,000円(税抜き)

 

まだ戸建て住宅ではそれほど普及していないタイプだけに経験豊富な業者が少なく、価格が高くなってしまう傾向があります。

塗装の頻度が少なくなる一方、一度の作業では単価が高くなってしまいがちな点を覚えておく必要があるかもしれません。

具体的な単価については塗料の種類によっても異なるので一概には言えませんが、1平方メートルで「1500円(ウレタン)~5000円(フッ素)」くらいまでが目安になるでしょう。

安ければよいというわけではなく、高い塗料を使ったほうが耐久年数が長くなるので対費用効果を意識して選択していくことが大事です。

 

塗料別の平米単価

 

塗料のグレード ㎡単価
アクリル塗料 ¥1,500円~¥1,800円
ウレタン塗料 ¥2,000円~¥2,500円
シリコン塗料 ¥2,200円~¥2,800円
遮熱塗料 ¥2,400円~¥3,000円
フッ素塗料 ¥3,500円~¥4,500円

 

シングル屋根の最適な塗料は?

 

基本的な塗装方法は「水性塗料」を使用することです。

油性の塗料を使ってしまうとアスファルトが溶けてしまう恐れがあるため使用されません。

ですから水性塗料の中から最適なものを選ぶことになります。

塗料のグレードは、「シリコン系」が多く使用される傾向にあります。

 

塗料メーカー別

 

日本ペイント

 

  • 水性シリコンベストサフェーサー(下塗り)
  • 水系シリコンベストⅡ(中塗り・上塗り)

 

 SK化研

 

  • 水性シングルサーフ(下塗り)
  • 水系ヤネフレッシュシリーズ(中塗り・上塗り)

 

水谷ペイント

 

  • 水性アスファルトシングル用(下塗り)
  • 水系カスタムシリコン(ウレタン系)
  • 水系ナノシリコン(シリコン系)

 

まとめ

 

シングル屋根は、スレート瓦に比べて耐久性や防水性能に優れ、軽量です。

近年のシングル材では、塗装によるメンテナンスも「20~30年」が目安となり、コストパフォーマンスが良いです。

ただ一方で工事に対応できる業者が限られていること、単価が少々高めになることなどのマイナス点もあります。

施工業者によって、施工レベルはもちろん、費用も大きく違います。

地元周辺でよい業者を見つけることができるかどうかが重要なポイントになってくるでしょう

 

屋根塗装の費用相場の確認・お見積り依頼はコチラ▽

屋根塗装の「費用を少しでも抑えたい」「優良な業者に依頼したい」方は、下記の一括見積もりサイトのプロヌリがおすすめです。

地元の優良業者を比較することで最適な業者を選ぶことができます。

もちろん無料で、「匿名で費用相場の確認」「お見積り依頼」ができます。

おススメお見積り比較サイト

外壁・屋根塗装工事専門サイト「プロヌリ」

プロヌリは全国対応で、加盟基準を満たした500社の中から地元の優良業者を紹介してくれます。

外壁・屋根塗装の「劣化具合に応じた提案力」「最適な塗料の提案」を行える業者が加盟しています。

もちろん、厳選された自社施工店が数多く登録しており、「費用面」、「施工面」でも信頼と実績があります。

外壁・屋根塗装専門で工事を行っている業者の紹介となりますので、塗装工事メインでお考えの方は「プロヌリ」はおススメです。

口コミ・評判はコチラ

公式サイトはコチラ

その他の一括見積サイトはこちら>>

-屋根塗装, 屋根リフォーム

Copyright© 【屋根外壁リフォームガイド】費用相場と業者の選び方まとめ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.