屋根リフォーム

軽量瓦を使用した屋根リフォーム価格は?

更新日:

軽量瓦屋根

 

現在、和瓦(粘土瓦)屋根の住宅に住んでいて、屋根のリフォームに軽量瓦を検討している方は多いのではないでしょうか。

軽量瓦はその名の通り軽いのが特徴で、さまざまな素材やデザインの商品があります。

そんな中でも、和瓦のイメージを崩さず、和風のデザインをそのままにして軽量化したい人向けに、軽量瓦の特徴やメリット、デメリットなど、屋根のリフォームで押さえておくべきポイントをまとめました。

 

一般的な平らで洋風デザインの「化粧スレート」や「ガリバリウム鋼板」などの「軽量屋根材」に興味がある方はこちらを↓↓

 

 

軽量瓦の特徴は?

屋根材ルーガ(軽量瓦)

 

日本家屋の伝統的な屋根材である「粘土瓦」は、古くから親しまれてきました。

見た目に美しく、耐火性や耐久性が高いというメリットがあります。

しかし、粘度を焼き締めて作った陶器製の粘土瓦は重量があり、地震に弱いのが欠点です。

この欠点を補うために開発されたのが、軽い素材を使った「軽量瓦」で、「ハイブリット瓦」とも呼ばれています。

 

軽量瓦でも、「セメント系」、「金属系」、「自然石粒付系」の素材がありどれも粘土瓦の半分以下の重さとなっています。

そして、どの素材でも和瓦風のデザインに成型されているタイプの屋根材が販売されています。

私たちが慣れ親しんできた、日本家屋の和のイメージを崩さず、瓦を軽量化して耐震性能を高めているのが特徴です。

 

メリット

 

意匠性に優れている

 

最大のメリットとして、和瓦(粘土瓦)のイメージがそのままで重厚感があり意匠性に優れている点です。

軽量屋根材の洋風デザインに抵抗がある方にとっては、最適な屋根材と言えるでしょう。

 

耐久性が高い

 

従来の和瓦(粘土瓦)は衝撃で割れやすく、「棟部分の漆喰、番線」などのメンテナンスが必要でした。

ですが、軽量瓦の場合では衝撃に強いため割れにくく、漆喰や番線を必要としないため、長期耐久性が期待できます。

また、下地に釘で固定しているので、瓦のずれや崩れなどの心配もありません。

 

デメリット

 

費用が高い

 

軽量瓦の最大のデメリットは、商品の価格が高いことです。

ほかの化粧スレートやガルバリウム鋼板材と比較すると、平米単価は「約1.3~1.5倍」とそれなりにかかります。

また、専用の軽量「棟瓦」「鬼瓦」なども選択していくと、さらに単価が上がります。

 

工期がかかる

 

軽量瓦は、施工に手間がかかるため、通常の屋根リフォーム工事と比べると工期が長くなります。

また、施工できる業者も限られてくるので、忙しい業者ですと契約してから着工までの期間が3カ月以上要する場合もあります。

 

屋根リフォーム価格

費用相場

 

軽量瓦

葺き替え工事費用相場「15,000円/㎡~」(足場代含まず)

 

瓦などから軽量瓦へのリフォーム価格は、「商品」「施工面積」「屋根の形状」によって異なります。

一般的な費用の内訳は次のようになります。

 

ケイミューの「ROOGA(ルーガ)」を使用した場合

建坪「30坪」屋根面積「80㎡」

工事項目 単価 ㎡数 費用相場
仮設足場 650円 160㎡ 104,000円
既存瓦解体処分 2,500円 80㎡ 200,000円
ベニヤ張り 2,300円 80㎡ 184,000円
防水シート 650円 80㎡ 52,000円
瓦桟木 1,300円 80㎡ 104,000円
軽量瓦(材工共) 6,000円 80㎡ 480,000円
各種役物 1式 300,000円
管理・経費 1式 35,000円
合計 1,459,000円(税別)

 

これらを合計すると、税込み価格で約「158万円」となります。

ルーガの場合は、役物によって費用が大きく異なります。

あくまで目安ですが、参考にしてください。

 

軽量瓦を扱っているメーカー(商品)

屋根メーカー(商品)

 

軽量瓦でよく知られているのは、上記で紹介したケイミュー株式会社の「ROOGA(ルーガ)」です。

軽量瓦といえばROOGAといわれるほど人気の商品で、「樹脂を混ぜた繊維で補強した軽量セメントの瓦」です。

非常に軽く、従来の瓦に比べて約半分の重さで、軽量なので建物全体にかかる荷重が少なく地震時の揺れ幅を小さくする効果があります。

また、雨や風に強い形をしており、釘でしっかりと固定するので強風ではがれ落ちにくくないのも特徴です。

ROOGAには「雅」と、「鉄平」の2つの種類があります。

雅は和風住宅向け、鉄平は洋風住宅向けの軽量瓦となっています。

 

このほかの軽量瓦では、富士スレート株式会社の「エアルーフシリーズ」もよく知られています。

 

まとめ

記事のまとめ

 

地震大国ともいわれる我が国では、安心して暮らすためには、地震に強い住宅が求められています。

屋根材は住宅の外観を大きく左右しますから、美観に優れた瓦にこだわる人が多いのですが、粘土が原料の従来の瓦では、その重みで地震時の倒壊などの危険があります。

その点、軽量瓦なら重量も軽く、地震時の安全性が高くなるので安心です。

見た目に美しく、安心して暮らせる住宅を維持するためにも、軽量瓦はおすすめの屋根材といえます。

ネックは費用がかかることです。

リフォーム費用がどのくらい必要なのかを事前にしっかりと調べて、予算を確保しておきましょう。

人気の軽量瓦ROOGAは、パナソニックリビングショウルームで展示されています。

ショウルームで実際に現物を見て、どのようなカラーやデザインがあるのかを確かめ、カタログを貰ってきましょう。

ただ、ショウルームによっては展示されていない場合もあるので、電話などで確認してから出かけることをおすすめします。

 

屋根外壁リフォームの費用相場の確認・お見積り依頼はコチラ▽

 

屋根外壁リフォームの「費用を少しでも抑えたい」「優良な業者に依頼したい」方は、下記の一括見積もりサイトのプロヌリがおすすめです。

地元の優良業者を比較することで最適な業者を選ぶことができます。

もちろん無料で、「匿名で費用相場の確認」「お見積り依頼」ができます。

 

おススメお見積り比較サイト

屋根外壁リフォーム専門サイト「プロヌリ」

 

プロヌリは、全国対応で、加盟基準を満たした「500社」の中から厳選された近くの優良業者を「1~3社」紹介してくれます。

外壁屋根の塗装はもちろん、「外壁の張替え、屋根カバー、屋根葺き替え、雨漏り、防水工事」と屋根外壁リフォーム専門に対応しています。

建物の劣化状況に合った、「塗料や材料(外壁材・屋根材)」の選定を行い、ご予算に合った「的確なプラン」の提案を行ってくれます。

親身に相談にのってくれる業者が多く、細かいところまで丁寧な説明を行ってくれると評判です。

費用面に関しても、自社施工店の登録がほとんどで無駄な中間マージンも発生してきません。

屋根外壁リフォームを検討中でしたら、「プロヌリ」がおすすめです

口コミ・評判はコチラ

公式サイトはコチラ

その他の一括見積サイトはこちら>>

-屋根リフォーム

Copyright© 【屋根外壁リフォームガイド】費用相場と業者の選び方まとめ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.