屋根リフォーム

ジンカリウム鋼板を使用した屋根リフォーム価格は?

更新日:

ジンカリウム鋼板屋根

 

屋根材ではガルバリウム鋼板がよく知られていますが、ジンカリウム鋼板は聞いたことがないという方も多いかもしれません。

実はガルバリウム鋼板もジンカリウム鋼板も、同じ屋根材なのです。

今回の記事では、ジンカリウム鋼板とガルバリウム鋼板の違いや特徴や、メリット、デメリット、価格など、ジンカリウム鋼板について知っておくべき点をまとめました。

 

ジンカリウム鋼板の特徴は?

自然石粒付屋根

 

ジンカリウム鋼鈑とガルバリウム鋼板はどちらも、「アルミニウムが55%」「溶融亜鉛43.4%」、これに「シリコン1.5~1.6%」でメッキした鋼板で作られています。

ほぼ同じ製品なのですが、メーカーによって商品名が異なるため、2つの呼び名が使われるようになりました。

 

・ジンカリウム(ZINCALUME)鋼板はBlueScope社の登録商標

・ガルバリウム(Galvalume)鋼板はBIEC International社の登録商標

※日本名の「ガルバリウム鋼板」は新日鉄住金の登録商標

 

ただ、日本ではこれらの鋼板に細かな「自然石粒」を付着させたものを「ジンカリウム鋼板」と呼ぶこともあります。

しかし、このような鋼板は「自然石粒付鋼板」といい、または「ガルバリウム鋼板(自然石粒付)」「ジンカリウム鋼板(自然石粒付)」と呼ぶ方が正しいでしょう。

 

日本では、「自然石粒付鋼板」と「ジンカリウム鋼板」の名前が、混同して使われています。

自然石粒付鋼板は、「ガルバリウム鋼板、ジンカリウム鋼板」の表面を、細かな石で覆った屋根材とおぼえておきましょう。

 

【正しい名称】

石粒無し:「ガルバリウム鋼板、ジンカリウム鋼板」(名前が違うだけでほぼ同様の商品)

石粒あり:「自然石粒付鋼板」、「ガルバリム鋼板・ジンカリウム鋼板(自然石粒付)」

 

ジンカリウム鋼板(自然石粒付)のメリット・デメリットは?

メリット・デメリットについて

 

ジンカリウム鋼板は、「石粒あり」「石粒なし」がありますが、ここでは「石粒あり」のメリット・デメリットをみていきましょう。

 

メリット

 

一般的な石粒無しの「ジンカリウム鋼板(ガルバリウム鋼板)」と「自然石粒付鋼板」でのもっとも大きな違いは、耐用年数です。

石粒無しの鋼板では、耐用年数が「25年程度」といわれていますが、自然石粒付鋼板は耐用年数が「30年~50年」とされています。

また、自然石粒付鋼板は表面が石粒でコーティングされているので、石粒無しに比べて「雨音がしない」のもメリットです。

そして「ジンカリウム鋼板(ガルバリウム鋼板)」、「自然石粒付鋼板」いずれにも共通するメリットとしては「軽い」こと、メンテナンスが基本的に不要であること、形や色の「バリエーションが豊富」であることなどが挙げられます。

そのほか、メーカーの鋼板材によっては、遮熱塗装が施されており、「遮熱効果」が期待できるのもメリットです。

 

デメリット

 

自然石粒付鋼板のデメリットは日本製の商品が少なく、「アメリカやニュージーランド、韓国」など海外の製品が多いことです。

輸入品の場合は日本と規格が異なるので安全面や、アフターフォロー面に不安を感じる人もいます。

表面の「石粒が剥がれ落ちる」ことがあるのもデメリットです。

機能面で問題はないとされていますが、雨どいに石粒が溜まることもあるので、手入れや掃除といった面でデメリットとなります。

また自然石粒付鋼板は、日本ではそれほど知名度が 高くありません。

このため施工業者によっては費用が高くなったり、工期が長引いたりするケースがあります。

また、ジンカリウム鋼板(ガルバリウム鋼板)、自然石粒付鋼板のいずれも断熱材が使われていないので、断熱性にやや劣ります。

断熱性能を求める場合は、断熱材が採用されている製品を選ぶことをおすすめします。

 

屋根リフォーム価格

費用相場

 

ジンカリウム鋼板(自然石粒仕上げ)

カバー工事費用相場「9,000~11,000円/㎡」(足場代含まず)

 

ジンカリウム鋼板(自然石粒付)へのリフォーム価格は、「商品」「施工面積」「屋根の形状」によって異なります。

一般的な費用の内訳は次のようになります。

 

ディートレーディング社の「エコグラーニ」を使用した場合

建坪「30坪」屋根面積「80㎡」

工事項目 単価 ㎡数 費用相場
仮設足場 650円 160㎡ 104,000円
防水シート 600円 80㎡ 48,000円
エコグラーニ(材工共) 7,500円 80㎡ 600,000円
各種役物(棟板金など) 1式 150,000円
管理・経費 1式 35,000円
合計 937,000円(税別)

 

これらを合計すると、税込み価格で約「100万円」となります。

カバー工事でこの費用ですので、「葺き替え」を行った場合には、上記費用にプラスして、「木下地の増張り費用」「屋根材の解体費・処分費」がかかります。

あくまで目安ですが、参考にしてください。

 

自然石粒付鋼板を扱っているメーカー(商品)

屋根メーカー(商品)

 

自然石粒付鋼鈑はニュージーランドで開発されたので、ニュージーランド製など海外製品が有名です。

ニュージーランドのAHI Roofingが手がけるDECRAブランドの商品は、日本ではLIXILなどが「Tルーフ」などの品名で取り扱っています。

このほか海外の屋根材の輸入・販売を行っている株式会社ディートレーディングの「ディプロマットスター、エコグラーニ、ローマン」、伊藤忠建材の「スカイメタルルーフ」が有名です。

 

自然石粒付鋼鈑ではなく、一般的なガルバリウム鋼板(ジンカリウム鋼板)を製造している国内の商品では、株式会社ニチハの「横暖ルーフ」、アイジー工業株式会社の「スーパガルテクト」が有名です。

そのほか、稲垣商事株式会社の「ヒランビー」、月星商事株式会社の「MSタフルーフ」などがあります。

 

ガルバリウム鋼板を使用した屋根リフォーム価格は?

 

まとめ

記事のまとめ

 

ジンカリウム鋼板は、ガルバリウム鋼板と同じものです。

「ガルバリウム鋼板、ジンカリウム鋼板」の表面を細かな石で覆った屋根材は、自然石粒付鋼板と呼ばれています。

ジンカリウム鋼板(自然石粒仕上げ)は、石粒無しと比べて耐久性が良く、費用もそこまで変わらないので人気が出てきている屋根材です。

ですが、海外製のものは断熱材入りの商品がほとんどありませんので、別で断熱材を入れると高くつきますのでそこはデメリットです。

さまざまな屋根材を比較して、ご自身に合った屋根材を選んでいきましょう。

 

屋根外壁リフォームの費用相場の確認・お見積り依頼はコチラ▽

 

屋根外壁リフォームの「費用を少しでも抑えたい」「優良な業者に依頼したい」方は、下記の一括見積もりサイトのプロヌリがおすすめです。

地元の優良業者を比較することで最適な業者を選ぶことができます。

もちろん無料で、「匿名で費用相場の確認」「お見積り依頼」ができます。

 

おススメお見積り比較サイト

屋根外壁リフォーム専門サイト「プロヌリ」

 

プロヌリは、全国対応で、加盟基準を満たした「500社」の中から厳選された近くの優良業者を「1~3社」紹介してくれます。

外壁屋根の塗装はもちろん、「外壁の張替え、屋根カバー、屋根葺き替え、雨漏り、防水工事」と屋根外壁リフォーム専門に対応しています。

建物の劣化状況に合った、「塗料や材料(外壁材・屋根材)」の選定を行い、ご予算に合った「的確なプラン」の提案を行ってくれます。

親身に相談にのってくれる業者が多く、細かいところまで丁寧な説明を行ってくれると評判です。

費用面に関しても、自社施工店の登録がほとんどで無駄な中間マージンも発生してきません。

屋根外壁リフォームを検討中でしたら、「プロヌリ」がおすすめです

口コミ・評判はコチラ

公式サイトはコチラ

その他の一括見積サイトはこちら>>

-屋根リフォーム

Copyright© 【屋根外壁リフォームガイド】費用相場と業者の選び方まとめ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.