塗装

横浜市港北区|モルタル壁塗装(プレミアムシリコン)の施工事例

外壁施工前

 

横浜市港北区のK様邸にて、モルタル壁の塗装工事を行いました。

K様邸は、築15年近く経ち、モルタルにひび割れや、カビなどによる美観が低下しておりました。

今回は、そんなモルタル壁の塗装工事を行っていきましたので、その施工事例をご紹介します。

外壁の劣化状況

外壁の劣化

 

壁面にカビや藻が付着して、汚れていました。

カビや藻は、美観低下もそうですが、菌が繁殖するため健康に悪影響を及ぼします。

高圧洗浄等で綺麗に洗い流してから、塗装で仕上げる形となります。

 

帯板の劣化

 

壁面にデザイン用に設置されてた、飾り板や帯板が劣化して傷んでいました。

素材がケイカル板なので、雨水を吸収すると剥がれたり、割れます。木材よりは耐久性が高いものの、メンテナンスが必要な素材です。

こちらは、しっかりとケレンを行って、塗装で仕上げていきます。

 

モルタル壁塗装の施工事例

仮設足場の設置

 

塗装工事を行うため、仮設足場を設置していきます。

一緒に飛散防止のため、養生ネットを張っていきます。

 

高圧洗浄

 

まずは、外壁に付着した「カビや藻」、泥や汚れなどを高圧洗浄機で綺麗に洗っていきます。

 

プレミアムシリコン

 

高圧洗浄を行った後日、養生を行い塗装作業に入っていきます。

塗料は、「SK化研のプレミアムシリコン」を使用していきました。

ラジカル系の塗料で、15年前後の耐久を期待できます。

 

下塗り

 

まずは、下塗り材を塗っていきます。

モルタルは、塗料をよく吸い込みます。下塗りでしっかりと吸い込ませてから次の工程に入っていきます。

 

中塗り

 

下塗材の上から、プレミアムシリコンを塗っていきます。

中塗りと言われる作業です。

 

上塗り

 

中塗り材の上に、さらにプレミアムシリコンを塗っていきます。

上塗りと言われる作業です。

この下塗り、中塗り、上塗りと計3回塗りが基本工程となります。

 

ケレン作業

 

外壁の塗装と並行して、付帯部の塗装も行っていきます。

付帯部では、先に下地調整を行っていきます。下地調整とは、旧塗膜を落としたり、細かい傷をつけて塗料の密着を高める作業です。

その後、各工程、2回づつ塗っていきます。

 

破風塗装

破風塗装

雨樋塗装

雨樋塗装

軒天塗装

軒天塗装

 

水切り塗装

水切り塗装

庇塗装

庇塗装

塗料は、クリーンマイルドシリコンで仕上げています。

 

外壁仕上がり

 

付帯部の塗装を行って、最終確認を行い、完了です。

 

モルタル壁塗装のビフォーアフター

 

施工前

外壁施工前

施工後

外壁施工後

 

工事期間は、約7日間でした。

モルタルの吸い込み、帯板や飾り板の数が多く、その作業には少し時間がかかりました。

 

最後に

 

外壁塗装の時期や目安は、「10~15年」となります。

塗装は、悪くなってから行うもではなく、悪くならないようにするための工事です。

雨漏りや付帯部が腐食してからでは、手遅れです。

そのため、まだ綺麗だからやる必要ないと思っている方も、「10~15年」経ったら検討をおすすめします。

-塗装

© 2021 横浜市の外壁塗装、外壁リフォーム店|カベトップ Powered by AFFINGER5