外壁塗装のQ&A

外壁塗装は助成金・補助金を活用すると安く工事ができる?

投稿日:

外壁塗装は10年ごとに行うのが目安と言われています。塗装は建物の耐久性とも関わってくるだけに単に見栄えの問題ではなく、経年で劣化した状態を放置しておくと建物そのものに悪影響を及ぼしてしまうことになりかねません。

ただ塗装工事を行う場合には決して少なくない費用がかかるものです。塗り替えが必要なのはわかっているけど経済的な事情でなんともしがたい…そんな悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

そんな時には「助成金」「補助金」の活用を検討してみましょう。自治体が用意している助成金・補助金を活用し自己負担を減らしたうえで工事を行うことができる場合もあります。

必ず利用できるわけではありませんし、居住している地域によって利用できる助成金・補助金の種類や利用条件が異なってくるので事前に情報収集を行ったうえで検討していくことが必要です。

外壁塗装の助成金と補助金って?

外壁塗装の助成金と補助金とは文字通り外壁塗装の工事を行ったときにかかった費用に対して補助が行われる制度です。返済が不要なのが大きなポイントで、出費を減らしたうえで工事を行うことができる非常に魅力的な制度です。

 

助成金と補助金の違いは?

「助成金」は、特定の塗料などの使用条件を満たしていれば、誰でも利用することができます。

「補助金」は、利用するためには審査を受ける必要があり、審査に通らないと受給することができません。

 

国が用意している補助金

国が用意している住宅関連の助成金・補助金にはいくつかの種類があります。

バリアフリー関連や省エネ関連のリフォームを行ったときに利用できる種類がとくに注目を集めていますが、残念ながらそのなかに外壁塗装工事は含まれていません。

バリアフリーや省エネのように社会のニーズや環境問題に適応しているような面が希薄なため、補助金・助成金の対象にはなりにくいからでしょう。

 

外壁塗装の補助金は自治体から出る?

そんな国の姿勢に対して、各自治体で外壁塗装を補助する制度が設けられていることがあります。

こうした制度をいかにうまく利用できるかが、費用を抑えながら外壁塗装ができるかどうかのポイントになりそうです。

自治体が用意している外壁塗装の助成金・補助金はさまざまな種類があるのも特徴です。

そもそも目的が制度によって異なっていることが多く、地域振興の一環として導入している自治体もあれば、断熱などの効果で省エネ対策を行うことを前提に導入している自治体もあります。

これは利用する際の条件とも関わってくるだけに重要なポイントになります。

 

助成金と補助金を受けるための条件は?

 

自治体によって条件が異なる?

各自治体が用意している制度によって、助成金・補助金を受け取れる条件が異なります。

自分たちが計画している外壁塗装に合った条件なのかどうか、また助成金・補助金を目的に外壁塗装の計画そのものを練っていくのか、計画段階から検討が必要になるでしょう。

 

具体的な受け取り条件とは?

具体的な条件に関してはその制度の目的によって異なってきます。

【埼玉県での事例】

埼玉県さいたま市では、屋根部分のみに高遮熱塗装を行った場合に補助金を受け取ることができます。

利用しやすい制度では、埼玉県川越市の補助金は屋根・外壁の改修工事において「20万以上の費用をかけた場合」に利用できます。こちらは外壁塗装だけでなく改修工事全般が対象になるのがポイントです。

ココがポイント

助成金・補助金を検討している方は自分が住んでいる自治体のホームページで詳細を確認してみましょう。この条件が費用を節約しながら外壁塗装ができるかどうかのポイントになります。

 

すべての自治体で共通している条件

もうひとつ、ほとんどの自治体において共通して必要とされる条件もあります。

 

申請する地域に住所を持ち住んでいる

まず助成金・補助金を利用する地域に住所を持ち、居住していることです。当たり前に思えるかもしれませんが、住んでいるけれども住所変更を行っていないというケースも考えられます。とくに中古物件を購入して移住して間もない場合には注意しましょう。

 

建築基準法に違反していないこと

それから建物に問題がないこと。具体的には「建築基準法」に違反していないかどうか。また一般住宅を対象にしている制度が多く、店舗や事務所は対象外なケースもあります。自宅兼店舗・オフィスの場合は可能かどうか、あらかじめ問い合わせて確認しておくとよいでしょう。

 

各種税金を滞納していないこと

あとはあらゆる助成金・補助金に該当する話ですが、税金を滞納していないことも忘れてはならないポイントです。固定資産税、都市計画税、さらに国民健康保険や軽自動車税などを滞納している場合も利用できなくなることがほとんどなので気をつけたいところです。

 

工事の前に必ず申請を行う

助成金・補助金を受け取るためには、必ず工事を行う前に申請が必要です。

工事完了後に申請をしても受け付けてもらえませんので、注意が必要です。

 

どれくらい工事費用が安くなる?

 

「助成金と補助金を利用するとどれくらい安くなるのか??」一番気になるのはこの点でしょう。

これも各自治体が用意している助成金・補助金の内容によって異なります。

大きく分けるとかかった費用に対して「○パーセント」分を補助するケースと、あらかじめ決められた金額を補助するタイプがあります。

 

費用に対して「○パーセント」分を補助するケース

先ほど挙げたさいたま市の補助金では、「塗装を行った面積1平方メートルにつき400円」「最大3万円までの補助」が得られます。

例:屋根面積「70㎡」×補助金単価「400円」=補助金額「28000円」

 

決められた金額で補助されるケース

川越市の場合は「20万円以上の改修工事を行った場合に8万円」の補助が得られます。

例:工事金額「60万円」-補助金額「8万円」=実際の工事金額「52万円」

 

ココがポイント

このように具体的な金額には幅がありますが、多くて「20万円」、かかった工事費用の「半分~3分の2くらい」までが相場となるでしょう。

住んでいる地域によってはかなりの額を補助金でカバーできる場合もあるので、資金計画の段階でどの程度あてにできるのかを計算にいれておくとよいかもしれません。

 

助成金と補助金の受け取り方法は?

 

申請手順

  1. 工事前に書類と申請書を確認されて自治体に提出
  2. 申請が決定
  3. 「2~3カ月以内」に工事の着工
  4. 施工前と施工後の報告書を提出
  5. 請求書の提出
  6. 指定口座に入金完了

 

受け取るためには工事に関連する書類を用意し、申請書と合わせて各自治体の役所に提出することになります。

ポイントは「工事を行った業者に署名してもらう」という点です。

そして、補助金の申請は工事前に行い、受け取るのは工事後であることも忘れないようにしましょう。

申請が無事認められた場合には「2~3ヵ月以内」(各自治体ごとに確認が必要)に工事を行い、請求書を提出することで受け取ることができます。

補助金は現金ではなく指定の口座に振り込まれる形です。

 

利用する際の注意点

 

最大の注意点は「工事費用はまず自分で用意して、後日補助金を受け取る形」になることです。

ですから工事に必要な費用をすべて自分でできるだけのお金を確保できることが大前提、補助金を受け取った後にそれを工事費用に充てる、といったことはできないので気をつけましょう。

あとはこうした助成金・補助金は「期間限定で実施」されることも多く、実際に利用しようと思ったときには終わってしまっていることもあるので注意が必要です。

 

まとめ

 

外壁塗装の助成金や補助金は、自治体ごとに用意されている制度が異なること、利用の際にはかなり詳細な条件(制限)が設けられることが特徴です。

自分たちに合った制度があるかどうか、必要なら補助を受けるために工事の計画を練り直すべきなのかどうかなども視野に入れたうえで検討していくことが重要になってくるでしょう。

助成金・補助金の申請はそれなりの手間や時間がかかるので、利用する際には、地元の詳しい施工業者などに相談を行っていきましょう。

 

外壁塗装の費用相場の確認・お見積り依頼はコチラ▽

外壁塗装の「費用を少しでも抑えたい」「優良な業者に依頼したい」方は、下記の一括見積もりサイトのプロヌリがおすすめです。

地元の優良業者を比較することで最適な業者を選ぶことができます。

助成金や補助金に詳しい業者も数多く登録しています

匿名で費用相場の確認」「お見積り依頼」が無料で利用できます。

おススメお見積り比較サイト

外壁・屋根塗装工事専門サイト「プロヌリ」

プロヌリは全国対応で、加盟基準を満たした500社の中から地元の優良業者を紹介してくれます。

外壁・屋根塗装の「劣化具合に応じた提案力」「最適な塗料の提案」を行える業者が加盟しています。

もちろん、厳選された自社施工店が数多く登録しており、「費用面」、「施工面」でも信頼と実績があります。

外壁・屋根塗装専門で工事を行っている業者の紹介となりますので、塗装工事メインでお考えの方は「プロヌリ」はおススメです。

口コミ・評判はコチラ

公式サイトはコチラ

その他の一括見積サイトはこちら>>

-外壁塗装のQ&A

Copyright© 【屋根外壁リフォームガイド】費用相場と業者の選び方まとめ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.