外壁塗装の費用相場 防水工事

コーキングの打ち替え、増し打ちの費用単価について解説

更新日:

 

サイディング材の壁と壁の継ぎ手部分にある目地コーキング(シーリング)は、経年劣化によって伸縮したり、亀裂が入ってきます。

モルタル壁や金属系のサイディング壁にはほとんど必要ではありませんが、窯業系のサイディング壁では定期的なメンテナンスが必要となってくる箇所になります。

メンテナンス方法としては、既存のコーキング材を撤去して新たに打ち直す「打ち替え」と既存のコーキング材を残したまま上から新たに打つ「増し打ち」という方法があります。

こちらでは、コーキング工事の費用単価や劣化状況・施工手順についてご紹介いたします。

 

コーキング工事の費用単価について

コーキング打替え

 

旧コーキング材の撤去処分費 ¥200~400円/m」

養生・プライマー・新規コーキング打設 ¥400円~800円/m」

 

幅×厚み(mm) ウレタン(円/m) ポリサル(円/m) 変成シリコン(円/m) シリコン(円/m)
10×10 400 450 450 500
15×10 450 500 500 550
15×15 550 600 600 650
20×20 750 800 800 850

 

コーキング工事の費用単価は、「施工箇所の幅や厚み」、「コーキング材」の種類によって異なります。

外壁塗装で使用するコーキングは、主に上から塗装が可能な「変成シリコン」となります。

 

コーキングの増打ち

 

養生・プライマー・新規コーキング打設 ¥400円~800円/m」

※増し打ちは、旧コーキング材を撤去せずに、上から新規で打ち込んでいく手法です。

(増し打ちは主にサッシ・玄関扉のまわりなどに行います。)

具体的な費用相場の確認・お見積り依頼はこちら>>

 

コーキングのみの工事も出来るのか?

 

外壁塗装を行わずに、コーキングのみの工事もできます。

外壁よりもコーキングの方が劣化スピードは早いので、コーキングのみ打ち替えることもよくあります。

ですが、2F作業の場合は仮設足場がどうしても必要なため、コーキング単体の工事でも安く工事が出来るわけでもありません。

仮設足場の設置費用についてはこちら

 

コーキングはどのように劣化する?

 

コーキングは、年数の経過と共に伸縮して劣化してしまいます。

主に、コーキングに亀裂が入って劣化するケースがほとんどです。

 

 

そのほか、コーキングが伸縮して引っ張られることによって、外壁材が割れてしまうケースがよくあります。

空いた隙間から、雨水が侵入して内部を傷める原因になってしまいます。

 

 

外壁材以外でも、破風板、帯板などの継ぎ手部分にもコーキングは使用されており、年数が経つと劣化してきます。

こういった細かい箇所もコーキングで補修していく必要があります。

 

コーキングの構造について

 

1液型と2液型について

 

1液型は、そのまま打ち込んで自然乾燥によって硬化していくタイプです。

2液型は、現場にて硬化剤に混ぜて打ち込んで硬化していくタイプです。

1液型は、出来上がったものが、カートリッジタイプでよくホームセンターなどで売られています。

費用面では、現場で混ぜていく2液型の方が材料費は安く済みます。

 

2面接着について

 

サイディング壁のコーキングでは、2面接着を行っていきます。

底面にボンドブレーカーというシールを張って、左右の相対している面にのみコーキングを接着させます。

底面は、シールによって接着効果が無効果されて、2面での接着となっています。

これは、建物に動きが生じた場合に、3面に接着していると、動きでコーキングが破断してしまうためです。

 

コーキングの施工手順

 

既存のコーキング材を、カッターなどで解体撤去していきます。

 

 

古いコーキングが残らない様にキレイに取り除いていき、目地の左右に、マスキングテープを張って養生していきます。

その後、プライマー下地を塗布していきます。

 

 

新規のコーキング材を打ち込んで、ヘラ等で、コーキングを綺麗にならしていきます。

 

 

最後に、マスキングテープを剥がして完了です。

 

 

縦目地以外にもサッシ周りや玄関扉周りなども、コーキングを行っていきます。

 

コーキングの施工は防水屋さんそれとも塗装屋さん?

 

コーキング工事を行っている会社は、実は「防水店」、「塗装店」があります。

どちらで依頼しても同様の施工を行ってくれますが、多少のメリット・デメリットがあります。

 

防水屋さんへ依頼した場合のメリット・デメリット

 

コーキング工事は、防水工事という項目に入り、防水屋さんの中では「コーキング専門」に扱っている施工店が数多くいます。

外壁塗装なしで、コーキング単体で工事を行う場合には「防水屋」さんに依頼した方が費用が安くなります。

コーキング工事専門の場合、施工スピードも早く「人件費」が抑えられるためです。

また、コーキングの施工は、ある程度の技術が必要で綺麗に仕上げることが難しい工事となります。

専門店であれば、塗装店よりもコーキングを綺麗に仕上げてくれます

デメリットとしては、塗装工事はできないので外壁塗装を行う場合には、別々で依頼すると割高となってしまう点です。

 

塗装屋さんへ依頼した場合のメリット・デメリット

 

塗装店の場合には、外壁塗装とコーキング工事のどちらも対応でき、セットで行えるため費用面を安く仕上げることができます。

ですが、デメリットとしては、コーキング工事は「ついでに行う工事」という位置づけで、塗装店によってはその仕上がりが良くないケースも多いです。

コーキングを色付けする塗りつぶしの施工であれば、その差はわかりませんが、クリア塗装などコーキングが目立つ場合にはその差が出てくることも多くあります。

また防水店よりも工期がかかるケースも多く、その「人件費用」や材料もカートリッジタイプのものを主に使用するため、「材料代」が少し割高となっています。

コーキング工事を塗装店に依頼する場合には、可能であればコーキングの技術がどれほどなのか把握しておくことが大事でしょう。

 

まとめ

 

コーキングは構造上でできてしまう隙間を埋めるためにとても大事な役割を果たしています。

コーキングが劣化してしまうと、建物に与える影響も少なくはありません。

放って置くと、雨漏りの原因にもなりますので、しっかり外壁塗装と一緒にメンテナンスを行っていく必要性があります。

また、コーキング工事は施工業者によって、手をもっとも抜かれやすい施工箇所でもあります。

施工する際にはしっかりと、お見積もり内容と施工手順を確認して工事を進めることが手抜き工事を防ぐことに繋がります。

 

塗装工事の費用相場の確認・お見積り依頼はコチラ▽

 

塗装・コーキング工事の「費用を少しでも抑えたい」「優良な業者に依頼したい」方は、下記の一括見積もりサイトのプロヌリがおすすめです。

地元の優良業者を比較することで最適な業者を選ぶことができます。

もちろん無料で、「匿名で費用相場の確認」「お見積り依頼」ができます。

おススメお見積り比較サイト

外壁・屋根塗装工事専門サイト「プロヌリ」

プロヌリは全国対応で、加盟基準を満たした500社の中から地元の優良業者を紹介してくれます。

外壁・屋根塗装の「劣化具合に応じた提案力」「最適な塗料の提案」を行える業者が加盟しています。

もちろん、厳選された自社施工店が数多く登録しており、「費用面」、「施工面」でも信頼と実績があります。

外壁・屋根塗装専門で工事を行っている業者の紹介となりますので、塗装工事メインでお考えの方は「プロヌリ」はおススメです。

口コミ・評判はコチラ

公式サイトはコチラ

その他の一括見積サイトはこちら>>

-外壁塗装の費用相場, 防水工事

Copyright© 【屋根外壁リフォームガイド】費用相場と業者の選び方まとめ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.