外壁リフォーム

ALC壁の塗り替えはどれくらい費用がかかる?

投稿日:

工場のALC壁

 

ALC壁(軽量気泡コンクリート)はサイディングやモルタルと並んで、優れた機能を有する壁材です。

主に、ビルやマンションなどで多く採用されている外壁材です。

このALC壁も雨や風、紫外線の影響で劣化してしまいます。

そのため、塗装によるメンテナンスが必要となりますが、どれくらいの費用が掛かってくるのでしょうか?

ALC壁の特徴や最適な塗料などについてもあわせてご紹介します。

 

ALC壁の特徴について

 

ALC壁のALCとは、「Autoclaved Lightweight aerated Concrete」の頭文字をとったもので、オートクレーブという装置を使って養生した軽量気泡コンクリートのことです。

コンクリートは、一定の基準で固まらせるため高い温度と水分で保つ必要がありますが、装置内部を高圧力で維持することが可能な耐圧装置であるオートクレーブを使うことで、軽量気泡のコンクリートが出来上がりました。

ALCの主成分は「珪石、セメント、生石灰」などの「無機質材料」です。

ALCは、内部に気泡を含んでいて、通常のコンクリートと比べて「4分の1の重量」と軽量であることが特徴です。

軽量ですが、しっかりと強度が保たれています。

 

ALC壁の利点

 

耐久性が高い

 

一般的なコンクリートは、現場で固めまるため強度には差ができてしまます。

ですが、ALCは工場であらかじめパネル生産されてから現場に運ばれます。

JIS規格に則ってしっかりと品質が保たれているので、耐久性もあり安心できます。

耐用年数は、「50年」とも言われています。

 

遮音性、遮熱性、防火性に優れている

 

また、ALC内部の気泡が音を吸収してくれるため、遮音性に優れているという特徴もあります。

さらに、内部に気泡が空気の層を作り、熱の伝わりを抑制してくれるため断熱性に優れていて、熱の伝わりやすさ(熱伝導率)は、通常のコンクリートの10分の1です。

夏は外の暑さを吸収せずに涼しく、冬は外の寒さを吸収せず室内の暖かさをぎゅっと閉じ込めてくれます。

また燃えにくい耐火構造をしているため、防火性に優れているということもできます。

 

ALC壁の弱点

 

上記のような優れた特徴を有しているALCですが、ウィークポイントもあります。

 

防水性能がやや低い

 

吸水性が高い素材のため、内部の気泡に雨水などが侵入すると膨張したり、ひび割れたりする恐れがあることです。

防水性がないため、すぐに漏水につながります。

 

コーキングがあり、劣化する

 

ALCは工場でのパネル生産のため、パネルとパネルをつなぎ合わせて建物を作っていきます。

そのため、つなぎ目が多くなります。

つなぎ目が多いということは、つなぎ目から劣化しやすいということにもつながるため、しっかりとシーリング材で補強する必要があります。

 

メンテナンス費用がやや高い

 

さらに、モルタルやサイディングといった他の外壁材と比べるとALCは、初期費用が高くなります。

モルタルやサイディングが「3000~4000円/㎡」程度なのに対し、ALCは「5000円~6000円/㎡」程度と値段がはります。

理由として、壁面に凹凸があり平らな壁面と比べて、塗装に手間がかかるためです。

また、壁面のつなぎ目が多いため、コーキングの施工範囲が多く、その分割高となってきます。

(ALCパネルのデザインによって費用差がでないケースもあります)

耐久性は優れていますが、メンテナンスフリーではありませんので、メンテナンス費用も考えて選択した方が良いでしょう。

 

ALC壁の劣化症状と塗り替え時期は?

ALC壁の目地ひび割れ

 

塗膜劣化

 

ALC壁を保護している塗膜が紫外線などの影響で劣化し、変色や退色し、さらに劣化が進むと手で触った時に手が真っ白になる程粉状のものが貼り付きます。

ALC壁は塗膜により防水機能を保持しているので、塗膜が劣化したら「保護機能」は失われてしまいます。

塗膜の劣化は「8~10年」を目安に目視できるほど壁面に現れます。

そのため、ALC壁の塗り替え時期の目安として、「10年~15年」周期が良いとされています。

 

ひび割れ

 

建物全体に衝撃があって、パネル同士のつなぎ目で緩衝できない場合に、ALCパネルがひび割れることがあります。

ひび割れた部分に雨水が入ると漏水につながるので、シーリング材の充填や補修材を用いて適切に対処することが大事です。

塗り替え時期に入っていたら、補修と塗装をセットで行うとベストです。

 

 シーリング劣化

 

ALC壁で一番多い劣化が「シーリングの劣化」です。

ALCパネルは工場でパネルを生産し、パネルをつなぎ合わせて建物や壁を作るため、つなぎ目が多くなります。

つなぎ目にはシーリング材を充填し、しっかりと塞ぎます。

ですが、シーリング材は紫外線に弱く劣化しやすいため、シーリング材が劣化すると、つなぎ目から雨水が入り込んでしまいます。

ALCは防水性を備えていないため、漏水してしまいます。

シーリングが劣化していないかは、定期点検などで特に注意して点検し、異常が見つかった場合には可能であれば補修した方が良いでしょう。

 

ALCパネルの破損

 

ALCパネルの破損の原因は様々ですが、例えば地震などで破損し、パネル自体が剝落の恐れがある場合には早急に補修しなければなりません。

補修が難しい場合には、張り替える必要がありますので、専門家に相談して対処していくことが大事です。

 

ALC壁の塗り替え費用は?

御見積もり書と電卓

 

ALC壁の塗り替え費用相場 「¥60万円~105万円」

モルタル壁の塗り替え費用は、「塗り面積」+「仮設足場」+「付帯部塗装」の合計で費用が算出されます。

そのほか、使用する「塗料の種類」によって、費用も異なります。

外壁塗装の費用相場についてはこちら>>

 

参考価格表(税別)ウレタン塗料使用の場合
建坪(塗り面積) 塗り面積価格 仮設足場 付帯部塗装 合計
20坪(86㎡) 43万円 10万円 10万円 63万円
30坪(128㎡) 64万円 12万円 10万円 86万円
40坪(156㎡) 78万円 15万円 12万円 105万円

塗装方法によって値段は変わりますが、一般的なローラー仕上げは「約5000円/㎡」の相場価格となっています。

※上記の単価では、「外壁3回塗り、高圧洗浄、下地調整、各種養生、コーキング工事」の費用も含まれています。

 

 

ALC壁に適した塗料は?

軽量気泡コンクリートの塗装

 

下塗り材

 

微弾性フィーラー

 

ALCパネルのような、ひび割れが発生しやすい外壁材にには、微弾性フィラーがよく使用されています。

微弾性フィラーは、弾性(伸び)があるため、ひび割れに対して追従し、ひび割れの発生を抑止する働きがあります。

また、フィラーを使用することにより、凹凸がある壁面を平滑にし整えて、上塗りを均一に仕上げることができます。

 

本塗り材(中塗り・上塗り)

 

フッ素塗料

 

フッ素塗料の風雨、気温の変化にとても強いのが特徴です。また紫外線に強いという特徴もあります。

光沢感のある塗料で、光沢も長持ちします。そして耐久性が高いという特徴もあります。

シリコン塗料の耐久性が12年~15年程度であるのに対し、フッ素塗料は15年~20年です。

ただ、価格が高いというデメリットもあります。

フッ素塗料は、一斗缶が「6万円」前後します。

一軒でだいたい、「2~4缶」使用しますので、シリコン塗料よりも平均して「10万~20万円」ほど、費用が高くなる傾向にあります。

 

 シリコン塗料

 

耐候性のある塗膜が作られるため、吸水性の高いALC壁の弱点をしっかりと補ってくれます。

またシリコン樹脂自体が汚れにくいという性質があるため、汚れから壁を守ってくれます。

さらに、フッ素塗料よりも安価なので、定期的なメンテナンス費用を考えるとシリコン塗料でも十分かと思います。

 

塗料のグレードについては詳しくはコチラ>>

 

ALC壁を塗り替える際の注意点

調査をしている作業員

 

ALC壁を塗り替える際は、下地調整や下塗り材の選定がとても大事です。

ひび割れの補修やシーリング処理を適当に行い、下地塗り材を間違えてしまうと、せっかく塗装を行っても「耐久性」低下してしまい、仕上がりもよくありません。

 

そのほか、ALC壁の場合、施工業者によってはシーリング処理を省くところもあります。

サイディング壁と違い、見た目で劣化がそこまで現れずらいためです。

ですが、ひび割れが発生すると雨漏りの原因となります。

動きのある継ぎ目には、塗膜だけでは耐久性に不安が残ります。

そのため、ALC壁の塗装を行う際には、シーリング処理は行っておいた方が良いです。

 

上記のようなリスクを避けるためにも、適切な「施工と提案」を行ってくれる優良業者を選定することが重要となってくるでしょう。

 

まとめ

記事のまとめ

 

ALC壁はその優れた機能を保つためにも、定期的なメンテナンスが何より大事です。

ALC壁を選択する場合には、初期費用だけでなく、メンテナンス費用についても計算し自分の生活スタイルに合っているものを選択した方が良いでしょう。

とくに、施工業者の選定はもっとも重要です。

複数の業者で、「施工内容や費用」について比較して検討していきましょう。

 

塗装工事の費用相場の確認・お見積り依頼はコチラ▽

 

塗装工事の「費用を少しでも抑えたい」「優良な業者に依頼したい」方は、下記の一括見積もりサイトのプロヌリがおすすめです。

地元の優良業者を比較することで最適な業者を選ぶことができます。

もちろん無料で、「匿名で費用相場の確認」「お見積り依頼」ができます。

 

おススメお見積り比較サイト

外壁・屋根塗装工事専門サイト「プロヌリ」

プロヌリは全国対応で、加盟基準を満たした500社の中から地元の優良業者を紹介してくれます。

外壁・屋根塗装の「劣化具合に応じた提案力」「最適な塗料の提案」を行える業者が加盟しています。

もちろん、厳選された自社施工店が数多く登録しており、「費用面」、「施工面」でも信頼と実績があります。

外壁・屋根塗装専門で工事を行っている業者の紹介となりますので、塗装工事メインでお考えの方は「プロヌリ」はおススメです。

口コミ・評判はコチラ

公式サイトはコチラ

その他の一括見積サイトはこちら>>

-外壁リフォーム

Copyright© 【屋根外壁リフォームガイド】費用相場と業者の選び方まとめ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.