雨漏り修理

外壁・屋根からの雨漏りが塗装で改善できない理由

更新日:

 

外壁や屋根から雨漏りが発生した場合に、「塗装すれば直りますよ」という営業担当がいますが、それは本当なのでしょうか?

確かに塗装は「防水効果」があるというイメージなので、雨漏りした場所に塗料を塗れば解決しそうな感じはします。

ですが、実は塗装を行う目的は別のところにありますので、注意しなければなりません。

ここでは、雨漏りと塗装の関係性について解説していきます。

 

外壁・屋根の雨漏りは塗装では直らない?

 

結論から言いますと、塗装の目的は「雨漏り対策」であって、雨漏りを直すことはできません。

 

外壁や屋根は、「一次防水」「2次防水」で雨風を防いでいます。

 

一次防水は外壁材や屋根材にあたります。

たいていの雨水はこの一次防水で守られています。

 

二次防水は外壁材や屋根材の下に引く防水シートにあたります。

一次防水で防ぎきれなかった雨水をこの二次防水で守る形となります。

台風や強雨時には、一次防水では防げず、二次防水まで雨水が入り込んでしまうケースが多いです。

 

室内に雨漏りが発生した場合には、この下に引く「二次防水(防水シート)」も傷み破損しているということになります。

そのため外壁や屋根の表面をいくら塗膜で保護しても、内部の傷んだ「防水シート」を修復することはできませんので、雨水が内部にまわった場合に雨漏りしてしまうのです。

仮に、一時的に雨漏りが止まったとしても、塗膜の劣化に伴い直ぐに再発してしまいます。

そのため、塗装だけでは雨漏りを直すことができないのです。

 

外壁・屋根から雨漏りした場合の適切な施工方法は?

 

雨漏りが発生した場合には、原因や場所をまず特定していく必要があります。

雨漏りしている真上やその近くから必ずしも雨水が入り込んでいるとは限らないからです。

そのため、まず「目視調査」、「散水調査」、「サーモグラフィー調査」、「発光液調査」などを行って、原因や場所を特定していきます。

その後、施工箇所によって適切な対処を行っていきます。

 

施工方法

 

  1. コーキング処理(応急処置)
  2. 外壁材・屋根材の部分的な張替え
  3. 外壁材・屋根材のカバー工事
  4. 外壁張替え、屋根葺き替え工事

 

コーキング処理

 

とりあえずの、緊急的な応急処置として「コーキング処理」がよく行われます。もちろん、「コーキング処理」が適した場合に限られます。

 

部分的な張替え

 

確実な場所が特定できた場合には、「部分的な張替え」を行って対処していきます。既存の外壁材、屋根材を剥がして下の防水シートを張りなおします。木下地が傷んでいる場合には、補修も行います。

 

全体的なカバーや張替え

 

雨漏りの原因や場所の「特定が難しい」ケースや、雨漏り箇所以外にも全体的に劣化がみられ、「今後そのほかで雨漏りが発生しそう」なケースでは全体的なカバーや張替えを行っていくことがあります。

 

外壁・屋根の塗装は雨漏り対策として行う!

 

外壁、屋根の塗装をすれば建物が見違えるようにキレイになりますが、塗装の効果はそれだけではありません。

塗装は見た目を美しくしてくれるだけでなく、建物の寿命を延ばすために欠かせないことです。

塗装を行う事によって、経年劣化の速度を遅らせることができ、結果雨漏りの発生を防ぐ事に繋がるのです。

そのため、「外壁、屋根の塗装は雨漏り対策として」効果を発揮していきます。

 

雨漏りは塗装の劣化から始まる?

 

建物を守っているのが外壁材、屋根材ですが、この外壁材、屋根材を保護しているのが「塗膜による防水」です。

外壁や屋根は、日々「紫外線や雨や雪の水分」にさらされています。

自然からの脅威に常にさらされて建物を守ってくれている外壁・屋根の塗膜(塗装)は、当然ながら時間の経過で劣化していきます。

10年以上経過してくると、塗装の役割を十分に果たせなくなってしまいます

塗り替えをしないでいると、塗装の耐久性が落ちて雨の水分が外壁材、屋根材に染み込み、「ひび割れ」「反り」が起こります。

そうなってしまうと、内部へ雨水が頻繁に侵入するようになり、防水シートを傷めてしまうのです。

このような症状が原因で、雨漏り発生につながってきます。

 

ココに注意

そのほか、外壁や屋根の構造が複雑で急所が多いことが原因で、雨漏りするケースも多いです。

とくに、外壁、屋根構造が複雑で経年劣化した場合には、雨漏りリスクはとても高まります。

 

塗装を行うのにベストなタイミングは?

 

塗装がその効果を発揮ししやすいタイミングとして、新築時から「8年~10年目」で塗装を行っていくと良いです。

「8年~10年目」で、ちょうど塗膜の劣化が始まるので、完全に劣化する前に次の塗膜で保護して上げることが効果的になってきます。

2回目以降では、1回目で使用した塗料のグレードによって次回の年数は異なります。

 

塗料の種類 期待耐用年数
ウレタン塗料 8年
シリコン塗料 10~12年
ラジカル塗料 15年
フッソ塗料 18~20年
無機塗料 20~25年

 

屋根は、外壁よりも「雨、風、紫外線」の影響を受けやすく、劣化速度が早くなります。

屋根の劣化状況をみて、塗装のタイミングを判断していくと良いでしょう。

 

雨漏りを放置するとどうなってしまう?

 

雨漏りからのシロアリ被害

 

雨漏りして、木材部分にまで影響が出て腐食するようになれば、外壁が崩れ落ちる危険が出てきます。

そして一番怖いのは、湿った木部にシロアリが集まって被害を大きくしてしまうことです。

シロアリは、湿った木材が好物で大量に集まってきます。

そうなってしまうと、シロアリによって被害がどんどん悪化してしまいます。

 

耐震性、耐風性への影響

 

雨漏りが発生して、外壁材や木下地材に大きな損害を受けると「耐震性や耐風性」にも影響がでてきます。

台風がくれば建物の外壁や屋根は強い風の衝撃を受け、地震による揺れでも外壁には大きなダメージが加わっています。

そうなってしまうと、自然災害の影響で外壁材が剥がれたり、屋根材が飛んでしまうケースもでてきます。

 

まとめ

 

塗装は、あくまで「雨漏り対策」の工事であって、雨漏りしてしまった外壁や屋根を直すことはできません。

雨漏りが発生した場合には、しっかりと原因や場所を特定して、適切な施工を行っていくことが大事です。

また、雨漏りを放置してしまうと、2次災害の可能性がありますので、早めに対処していきましょう。

 

雨漏りの修理や対策を行うなら「 雨漏り修理110番」

 

雨漏り修理110番は、自然災害で急な雨漏りが発生した場合はもちろん、雨漏りの原因になる箇所への対策や修理を行ってくれる雨漏り修理専門の運営会社です。

全国対応で、低予算の工事でもで迅速に点検調査に駆けつけてくれて、屋根や外壁の部分的な小さな修理から屋根外壁リフォームまで幅広く相談できます。

戸建てはもちろん、マンション、アパートの雨漏りやその対策の依頼も可能です。

急な雨漏りによるトラブルが発生したら「雨漏り修理110番」はスピーディな対応をしてくれるので、まずは無料点検とお見積りを取ってみるのも良いでしょう。

低予算で、ピンポイントで部分的に屋根や外壁の修理をお願いしたい方にもおすすめです

公式サイトはコチラ

 

屋根外壁リフォーム専門サイト「プロヌリ」

 

プロヌリは、全国対応で、加盟基準を満たした「500社」の中から厳選された近くの優良業者を「1~3社」紹介してくれます。

「外壁塗装、屋根塗装、外壁の張替え、屋根カバー、屋根葺き替え、雨漏り、防水工事」と屋根外壁リフォーム専門に対応しています。

建物の劣化状況に合った、「塗料や材料(外壁材・屋根材)」の選定を行い、ご予算に合った「的確なプラン」の提案を行ってくれます。

親身に相談にのってくれる業者が多く、細かいところまで丁寧な説明を行ってくれると評判です。

費用面に関しても、自社施工店の登録がほとんどで無駄な中間マージンも発生してきません。

屋根修理や雨漏り修理の対応はもちろん、その他の修理やリフォームの提案を受けたい方、複数の業者で比較したい方は「プロヌリ」への相談もおすすめです

口コミ・評判はコチラ

公式サイトはコチラ

-雨漏り修理

Copyright© 【屋根外壁リフォームガイド】費用相場と業者の選び方まとめ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.