雨漏り修理

天井にシミができる原因は雨漏り以外にもある?

投稿日:

 

天井を見上げてみると、小さなシミがどんどん大きくなっていることがありますか?

天井のシミには様々な原因があり、必ずしも雨漏りしているというわけではありません。

ですが、どのような原因でも被害を悪化させないために、シミの原因をしっかりと調査して早急に対応することが大事です。

ここでは、天井のシミの原因と、調査する方法を解説していきます。

 

天井にシミができる原因は?

 

天井にシミができる原因として考えられるものは、主に4つあります。

 

雨漏り

 

天井のシミの原因として、もっとも多く代表的なのが「雨漏り」です。

「屋根・外壁・ベランダ」などが劣化や施工不良によって内部に水がまわり、木材に雨水が染み込みます。

そこから徐々に雨漏りとなって天井のシミとなります。

 

結露

 

暖かい空気の中には、多くの水分が含まれています。

しかしその空気が冷やされた時、すべての水分が空気の中に水蒸気として存在し続けることができなくなります。

その後、空気から水滴となって現れる物質が「結露」です。

暖かい部屋と冷たい空気の屋根裏の気温差で水滴が生じ、屋根裏(天井と屋根の間)で結露が生じます。

天井や屋根の断熱処理が不十分だったり、屋根裏の風通しが悪く換気ができなかったりすることが原因です。

 

2階部の排水管や給水管の水漏れ

 

寒冷地では寒さにより、給水管が凍結してしまうことがあります。

凍結した水道管が破裂することや、ひびが入ってゆっくりと水が漏れだしていることも考えられます。

また地震などの衝撃によって、予想以上に「配水・給水管が劣化して水漏れ」が生じ、シミになることもあります。

 

動物の糞尿

 

自然が豊かなところにある家や、空き家が多くある住宅地内の家にも小動物が住み着く可能性があります。

気が付かないうちに屋根裏に小動物が住み着き、その「糞尿」が雨漏りのように天井のシミになることもあります。

 

シミの原因を調査する方法とその費用は?

 

天井のシミの原因が「雨漏り」なのかを調査するための方法と、原因が雨漏りでなく「給水・配水管からの漏水」の可能性を調査する場合も様々な方法があります。

 

天井の雨漏り調査

 

散水調査

 

晴れた日に屋根に水を散水し、屋根から水が入り雨漏りをしていないかを調べる方法です。

この方法は木造建築の建物に適した検査方法です。

調査費用は「約3万円」です。

 

赤外線サーモグラフィー調査

 

建物の中に水が入ってくる場所と、そうでない場所には「温度の差」が発生することに着目した検査方法です。

この方法は、ブロックやコンクリートで造られた建物にとくに適した方法です。

検査費用は「約15~30万円」です。

 

紫外線投射発光調査(レインボービュー検査)

 

雨漏りしてくる場所から紫外線に反応する特殊な液を流し込みます。

流し込まれた液体に紫外線を当てることで、雨漏りしている場所を特定できます。

この方法はどの材料で建てられた建物にも適す調査方法です。

検査費用は「約10~15万円」です。

 

雨漏り調査について詳しくはこちら>>

 

天井の漏水調査

 

音聴調査

 

音聴調査という方法は、漏水が疑われる場所から出る特徴的な音を聞き取る方法です。

調査費用は「1万円前後」です。

 

漏水探知機調査

 

他には漏水探知機を使う方法があります。

感震器を使用し振動音をメーターで表示して、音の大きさで漏水個所を特定できます。

調査費用は「約1万5千円」です。

 

天井のシミを放置するとどうなる?

 

どのような原因であっても、「天井に液体によるシミ」があれば、確実に屋根裏に湿気があるということです。

シミの範囲や状況にもよりますが、放置するとさまざま悪影響がでてきます。

 

カビの発生

 

湿気によって「カビ」が発生し、人間の健康に悪影響します。

カビによってアレルギー反応を引き起こす人も少なくありません。

 

シロアリの発生

 

木造の建物が湿った状態は「シロアリ」に好む環境で、シロアリが木材に住み着く原因になります。

シロアリが家の柱を食べてしまい、やがて建物自体の強度が落ちてしまう危険があります。

それだけではなく、建物の資産価値を下げてしまう可能性もあるでしょう。

 

雨漏りを放置するとシロアリ発生の原因になるって本当?

 

雨漏りの場合には火災保険が使える?

 

天井のシミの原因が雨漏りだった場合、火災保険が適応され補償対象になる場合もあります。

補償内容に「地震・雹災・風災・雪災」が含まれている場合、雨漏りの修理に火災保険が適応される可能性があります。

例えば、雹によって屋根の一部が損壊した場合や、暴風や台風によって屋根の瓦が飛んでしまった場合です。

しかし雨漏りの修理に火災保険が適用されない場合があります。

例えば、建物の建築年数が長いことによる経年劣化の場合、リフォームの影響で雨漏りが起きた場合などです。

まずどのような補償内容の保険に入っているか確認しましょう。

また修理してしまっても3年以内に申請するなら、保険会社によっては保険金を受け取れる場合もあります。

 

屋根修理は火災保険を利用すると無料でできるって本当?

 

まとめ

 

天井のシミの原因は雨漏り以外にも「結露・漏水・糞尿」などが考えられます。

目視調査のみであれば無料で行ってくれる施工店も多いので、まずは専門業者の意見を聞いて調査方法や原因を追究していきましょう。

シミの原因が分かったら放置していても良いことはありませんので、早めに対処していくこが賢明です。

また、自然災害での雨漏りの場合では火災保険が適用される可能性があります。

保険に加入している方は、保険屋さんに適用の有無を確認しておくと良いでしょう。

 

雨漏りの修理や対策を行うなら「 雨漏り修理110番」

 

雨漏り修理110番は、自然災害で急な雨漏りが発生した場合はもちろん、雨漏りの原因になる箇所への対策や修理を行ってくれる雨漏り修理専門の運営会社です。

全国対応で、低予算の工事でもで迅速に点検調査に駆けつけてくれて、屋根や外壁の部分的な小さな修理から屋根外壁リフォームまで幅広く相談できます。

戸建てはもちろん、マンション、アパートの雨漏りやその対策の依頼も可能です。

急な雨漏りによるトラブルが発生したら「雨漏り修理110番」はスピーディな対応をしてくれるので、まずは無料点検とお見積りを取ってみるのも良いでしょう。

低予算で、ピンポイントで部分的に屋根や外壁の修理をお願いしたい方にもおすすめです

公式サイトはコチラ

 

屋根外壁リフォーム専門サイト「プロヌリ」

 

プロヌリは、全国対応で、加盟基準を満たした「500社」の中から厳選された近くの優良業者を「1~3社」紹介してくれます。

「外壁塗装、屋根塗装、外壁の張替え、屋根カバー、屋根葺き替え、雨漏り、防水工事」と屋根外壁リフォーム専門に対応しています。

建物の劣化状況に合った、「塗料や材料(外壁材・屋根材)」の選定を行い、ご予算に合った「的確なプラン」の提案を行ってくれます。

親身に相談にのってくれる業者が多く、細かいところまで丁寧な説明を行ってくれると評判です。

費用面に関しても、自社施工店の登録がほとんどで無駄な中間マージンも発生してきません。

屋根修理や雨漏り修理の対応はもちろん、その他の修理やリフォームの提案を受けたい方、複数の業者で比較したい方は「プロヌリ」への相談もおすすめです

口コミ・評判はコチラ

公式サイトはコチラ

 

-雨漏り修理

Copyright© 【屋根外壁リフォームガイド】費用相場と業者の選び方まとめ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.