雨漏り修理

天窓(トップライト)から雨漏りした場合の修理費用はどれくらい?

投稿日:

 

天井から自然な光を取り込み、部屋全体を明るくしてくれる便利な窓を「天窓またはトップライト」と言います。

この天窓(トップライト)は基本的に雨漏りしないように作られていますが、様々な要因で雨漏りが発生してしまいます。

天窓から雨漏りが発生した場合どのように対処していけば良いのでしょうか?

ここでは雨漏りが起こる原因と、どのように修理を行っていくのかを解説していきます。

 

天窓から雨漏りする原因は?

 

ガラス周りのゴムパッキンの劣化

 

ゴムが経年劣化してくるとひびが入り、そこから雨水が入り込みます。

天窓の雨漏りの原因は、このゴムパッキンの劣化がほとんどです。

ゴムパッキンが原因の場合は早期発見によって、雨漏りがひどくなる前に修理することが可能です。

 

下葺き材の傷み

 

下葺き材とは、天窓の取付けのために野地板に開けた穴から水が入り込まないように、始めに敷かれる「防水シート」などを指します。

その上に水切りという板金材を設置して、天窓を雨水から守っています。

「屋根材の割れ」や、「天窓と板金材の取合い」に不具合が生じて、下葺き材に雨水が入り込み、下葺き材が傷むと雨漏りしてしまうケースもあります。

下葺き材(防水シート)の劣化によって起こる雨漏りは、天井に染み込み濡れることが多いです。

そのために雨漏りの発見が遅くなる原因にもなっています。

 

天窓周りに落ち葉や砂などのごみが溜まっている

 

下葺き後に水が流れていくよう設置されている水切り板に、風で飛んできて溜まった「落ち葉やごみ」があることで、水はけが悪くなり雨漏りするケースもあります。

または鳥が巣を作ってしまい、天窓周辺に水たまりができることもあります。

雨水が流れず一箇所に溜まり続けると、防水テープから染み込んで雨漏りが発生する原因となります。

 

天窓の雨漏り修理方法とその費用は?

 

コーキングによる補修

 

ゴムパッキンの劣化による雨漏りであれば、「コーキング材を重鎮」して修理できます。

天窓のゴムパッキン(ガラス廻り部分)をしっかりコーキングすることで、水の侵入を防げます。

手軽な方法ですが、屋根の作業は危険ですので、DIYよりもプロに依頼した方が無難でしょう。

 

コーキング補修費用:「5千~3万円」

 

板金カバーによる修理

 

天窓のパッキンや継ぎ手、開閉部からの雨漏りの場合、「天窓の枠や天窓全体に板金を新しくカバー」して、雨漏りを防いでいく方法もあります。

コーキングのみですと劣化が早いので、板金を被せることによって長期的に雨漏りを抑止できます。

ですが、この板金カバーは枠のみですと、コーキングで最終的に仕上げるため、再び劣化はしてしまいます。

天窓全体をカバーする場合は、長期的に雨漏りを防ぐことができますが、窓の開閉ができなかったり、窓ガラスが板金で覆われてしまうというデメリットがあります。

 

板金カバー費用:「8万~12万円」

 

下葺き材の補修

 

下葺き材からの雨漏りの場合、下葺きの「防水シートや水切り板を交換」して修理を行っていきます。

一部屋根材を剥がして、天窓廻りの下葺き材を修理してから再度屋根材を張っていきます。

ですが、雨漏りによって損傷が激しい場合は、一部だけでなく「窓全体、下葺き材、下地の交換」をしなくてはいけない場合もあります。

全体の修理の場合、被害状況によって費用が高額になるケースがあります。

 

部分修理:「8万~15万円」

天窓(下地含む)交換:「15万~30万円」

 

天窓の雨漏りを放っておくとどうなる?

 

天窓の雨漏りを放置しておくと、徐々に染み込んだ雨水によって壁紙が浮いてきます。

水が染み込んだ湿った壁紙に「カビ」が発生し、住み続ける人の健康に影響します。

また水が壁紙だけでなく、下地である石膏ボードにも染み込んでいる場合もあります。

石膏ボードに水が染み込んだ場合はより大規模な修理をしなくてはいけなくなり、修理費用もかさむことが予想されます。

 

天窓の雨漏りには火災保険が使える?

 

天窓からの雨漏りは、火災保険を使って修理をすることができる場合があります。

例えば台風や突然の嵐、雹や雪などによって、天窓からの雨漏りが起こったと保険会社が判断した場合です。

火災保険に風災補償という項目があり、この項目を利用して負担金なく修理ができます。

自分が加入している火災保険の会社に連絡をし、申請に必要な書類を送付してもらいます。

申請書類と共に、自然災害による被害であることが証明できる「写真」「説明」を付け加えて、修理の「見積もり」を返信します。

その後火災保険の保険会社が損害保険鑑定人を調査のために派遣されてくるので、被害と天窓の被害を詳しく説明し、審査を通ったなら火災保険で修理が補償されます。

 

まとめ

 

屋根からの自然な光を部屋の中に取り込む天窓ですが、予想せずに雨漏りの原因となってしまうことがあります。

経年劣化とともに、「台風や雹、雪」などによって思わぬ被害をうけるかもしれません。

雨漏りした場合には、放置していても被害は広がるだけですので、早めの対応が大事です。

ただ天窓からの雨漏りでも、原因によって修理方法が変わってくるので、原因を追究する必要があります。

そのため、親身になって雨漏り調査や対応してくれる施工店を探して、修理を依頼をしていきましょう。

 

雨漏りの修理や対策を行うなら「 雨漏り修理110番」

 

雨漏り修理110番は、自然災害で急な雨漏りが発生した場合はもちろん、雨漏りの原因になる箇所への対策や修理を行ってくれる雨漏り修理専門の運営会社です。

全国対応で、低予算の工事でもで迅速に点検調査に駆けつけてくれて、屋根や外壁の部分的な小さな修理から屋根外壁リフォームまで幅広く相談できます。

戸建てはもちろん、マンション、アパートの雨漏りやその対策の依頼も可能です。

急な雨漏りによるトラブルが発生したら「雨漏り修理110番」はスピーディな対応をしてくれるので、まずは無料点検とお見積りを取ってみるのも良いでしょう。

低予算で、ピンポイントで部分的に屋根や外壁の修理をお願いしたい方にもおすすめです

公式サイトはコチラ

 

屋根外壁リフォーム専門サイト「プロヌリ」

 

プロヌリは、全国対応で、加盟基準を満たした「500社」の中から厳選された近くの優良業者を「1~3社」紹介してくれます。

「外壁塗装、屋根塗装、外壁の張替え、屋根カバー、屋根葺き替え、雨漏り、防水工事」と屋根外壁リフォーム専門に対応しています。

建物の劣化状況に合った、「塗料や材料(外壁材・屋根材)」の選定を行い、ご予算に合った「的確なプラン」の提案を行ってくれます。

親身に相談にのってくれる業者が多く、細かいところまで丁寧な説明を行ってくれると評判です。

費用面に関しても、自社施工店の登録がほとんどで無駄な中間マージンも発生してきません。

屋根修理や雨漏り修理の対応はもちろん、その他の修理やリフォームの提案を受けたい方、複数の業者で比較したい方は「プロヌリ」への相談もおすすめです

口コミ・評判はコチラ

公式サイトはコチラ

 

-雨漏り修理

Copyright© 【屋根外壁リフォームガイド】費用相場と業者の選び方まとめ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.