雨漏り修理

雨漏りの応急処置はどう行う?被害箇所別に解説

投稿日:

 

雨漏りが起こっても、時間や予定の都合からすぐには業者を呼べない場合もあります。

そのような場合は自分で応急処置を行わなければいけません。

ここでは、雨漏りが起きた場合の応急処置を、発生した箇所別に解説します。

 

雨漏りが発生したらまず行う応急処置とは?

 

急な雨漏りが起きたら、まず行うべき応急処置は「被害範囲を広げない処置」です。

天井から雨水が滴り落ちてくるということは、屋根や外壁の何処かに、劣化や災害などによる破損が生じているということです。

もちろん、その原因を見つけて直接手を打つことがベストですが、雨漏りの原因調査はプロでも困難であり、自分で原因を見つけ出して処置することは非常に困難です。

雨漏りが発生した場合はまず、それ以上被害を広げない対策を施すことが大切です。

 

室内に雨漏りした場合の応急処置

 

まずは「ブルーシート」、なければ「新聞紙」を用意して雨漏りが起こっている場所に敷き、その上にバケツ、たらいなどを置いて雨水が広がらないようにします。

できれば、他の場所に雨漏りが起こっていないか、家の中を確認した方が良いでしょう。

1箇所の雨漏りの発見だけでは、天井や外壁のトラブルで雨漏りがおきたということのみしか分からず、雨漏りの程度や数はまだわからない状況です。

他にも室内への雨漏れが起こっていないか、家の中を点検し、もし起きていたら同様の応急処置を行ってください。

 

ココがポイント

室内での雨漏りに対する応急処置を行ったら、次に雨漏りの原因である外部の問題に対しての応急処置を行います。

 

屋根から雨漏りした場合の応急処置

 

屋根に破損や腐食などによる雨漏りがある場合は、応急処置としてブルーシートによる雨水侵入を防ぐ応急処置を行います。

用意するものは大きめの「ブルーシート」「砂利を詰めた土嚢袋」「固定用のテープ」です。

雨漏り箇所を特定することは業者でも困難なので、大きなブルーシートで広範囲を塞ぐのが得策です。

土嚢袋に目の細かい砂や土を詰めてしまうと、雨水が浸透した際に中身が流れ出てしまう恐れがあるので要注意です。

シートの固定を行うのはテープにしましょう。

ひもやロープを用いてシートを固定しようとすると、家を傷つけてしまう恐れがあります。

トタン屋根や平屋根(陸屋根)の場合は、防水テープで雨水の侵入口を塞いで処置することができます。

 

ココに注意

屋根の上の雨漏り修理はプロの業者でも危険な作業です。

屋根の上で雨漏りの応急処置を行う場合は、屋根に上がる際の補助や万一の場合の連絡役として、必ず2人一組で行うようにしましょう。

屋根の上は足場が悪く、雨天や風が強い場合は特に危険です。

なるべく晴天時に行ってください、また、高いところが苦手な方や少しでも不安を感じる方もやめておいた方がよいでしょう。

緊急対応ができる雨漏り業者はこちら>>

 

外壁から雨漏りした場合の応急処置

 

外壁にできた「亀裂や穴」が原因の雨漏りに対しては、コーキングによる応急処置が可能です。

コーキングとは、コーキング剤とコーキングガンを使用し、原因箇所となっている隙間を充填することで行う方法で、雨漏り対策としては有名な手法です。

用意するものは「コーキング剤」「コーキングガン」の他、「雑巾、マスキングテープ、プライマー、そしてカッター」です。

 

コーキングの施工手順
  1. 雑巾で原因箇所となっている部分の汚れ・ほこりなどをきれいに拭き取ります。
  2. 塞ぎたい隙間の周りにマスキングテープを貼って、コーキング剤がはみ出して余分な場所に付着するのを避けます。
  3. プライマー(接着力を高めるための下塗り材)を使用する場合は、塗布してから十分に乾くのを待ってから、コーキングガンを使ってコーキング剤の充填を行います。
  4. 最後にマスキングテープを剥がして作業完了です。

 

窓やサッシから雨漏りした場合の応急処置

 

雨漏りは天井から雨水が滴り落ちるというイメージを持つ方も多いと思いますが、実は窓やサッシから雨漏りが起こるという事例が結構多くあります。

天井からの雨漏り同様、窓やサッシからの雨漏りに対しても、まずは「二次被害」を防ぐための応急処置が重要となります。

雨水が侵入している箇所に、ブルーシートや新聞紙を敷き、雑巾・タオルを使って雨水を吸収してください。

カーテンは端にまとめるか、外しておくとダメージを防ぐことができます。

 

ベランダから雨漏りした場合の応急処置

 

ベランダからの雨漏りの原因はさまざまです。

 

ベランダからの雨漏り原因

・建物壁面からの雨漏り、コーキングが剥がれている

・ベランダ床面の防水層が破損している

・ベランダ内の排水溝にゴミが詰まり、ベランダに水が溜まっている

 

原因箇所となっている部分によって、応急処置の方法は変わってきます。

 

コーキングや防水層の劣化による雨漏り

 

壁面からの雨漏り、コーキングの劣化に関しては、「雨漏り箇所の周辺」「隙間が空いている箇所」コーキングを重鎮して応急処置していきます。

防水層の劣化に関しても、防水塗料を塗布するか、コーキングで補修できます。

また、床がコンクリート製のベランダの場合、経年劣化によるひび割れが発生してそれが雨漏りの原因になっている場合も多いです。

コンクリートの経年劣化の場合も、コーキング剤の充填で応急処置が可能です。

 

排水講の詰まりによる雨漏り

 

排水溝の詰まりが原因である場合は、詰まっているゴミを取り除いて綺麗に清掃します。

洗車用の洗浄機などがあるようでしたら、それを使用して、一気に水を流して清掃を行えます。

 

雨漏りの応急処置は無理せず業者に依頼しよう!

 

雨漏り修理は、「建築板金基幹技術者」「雨漏り診断士」といった資格を有している業者が行う、高度な知識とスキルが要求される作業です。

自分で処置ができると思っても、処置が不十分で被害を拡大させたり、二次被害が発生する恐れもあります。

また、前述の通り、特に高所での作業は大変危険を伴い、転落によるケガなどのリスクもあります。

雨漏りの修理は業者に委託するのが最も安全で確実な方法です。

やむを得ない場合は、上記の応急処置を行うこともできますが、無理なことはせず、速やかに業者に連絡して対応を依頼する方が良いでしょう。

 

業者による応急処置の費用は2~3万円

 

業者に依頼して、雨漏りを本格的に修理しようとすると、工事の必要な箇所や広さ、使用する工法などの条件によって、かかる費用は大きく違ってきます。

しかし、応急処置だけであれば人件費のみで済みますので、およそ「2~3万円」程度で済むでしょう。

応急処置とはいえ、自分でやるよりは確かな工事をしてくれますし、素人判断で的はずれな応急処置をしてしまうことも避けられます。

なにより、高所での作業などによるリスクを回避できることも大きいと言えるでしょう。

だから、応急処置だけであっても、自分で勝手にやるのではなく、業者に委託するほうが正解です。

ただし、応急処置はあくまで「応急」の処置に過ぎません。

きちんとした原因調査を行わずに応急処置だけを施しても、雨漏りが再発する可能性が高いことは否めません。

自分が応急処置したか、業者に応急処置を依頼したか、その別なく、早めに原因調査と根本的な修理を行う方が良いでしょう。

 

自然災害は火災保険の対象?

台風などの災害が原因で雨漏りが起こった場合、築10年以内であれば火災保険の適用を受けることが可能な場合もあるので、保険会社に確認してみてください。

屋根修理は火災保険を利用すると無料でできるって本当?

 

まとめ

 

急な雨漏り対策として、「バケツ・レジャーシート・コーキング剤」など、雨漏りの応急処置に必要なものをあらかじめ用意しておくと良いでしょう。

ですが、自分で行う応急処置は、あくまで急場しのぎと考えましょう。

また、応急処置で安心して、そのまま放置してしまうことがないよう、できるだけ早めに業者に連絡を取り、検査だけでも受けるようにしましょう。

 

雨漏りの修理や対策を行うなら「 雨漏り修理110番」

 

雨漏り修理110番は、自然災害で急な雨漏りが発生した場合はもちろん、雨漏りの原因になる箇所への対策や修理を行ってくれる雨漏り修理専門の運営会社です。

全国対応で、低予算の工事でもで迅速に点検調査に駆けつけてくれて、屋根や外壁の部分的な小さな修理から屋根外壁リフォームまで幅広く相談できます。

戸建てはもちろん、マンション、アパートの雨漏りやその対策の依頼も可能です。

急な雨漏りによるトラブルが発生したら「雨漏り修理110番」はスピーディな対応をしてくれるので、まずは無料点検とお見積りを取ってみるのも良いでしょう。

低予算で、ピンポイントで部分的に屋根や外壁の修理をお願いしたい方にもおすすめです

公式サイトはコチラ

 

屋根外壁リフォーム専門サイト「プロヌリ」

 

プロヌリは、全国対応で、加盟基準を満たした「500社」の中から厳選された近くの優良業者を「1~3社」紹介してくれます。

「外壁塗装、屋根塗装、外壁の張替え、屋根カバー、屋根葺き替え、雨漏り、防水工事」と屋根外壁リフォーム専門に対応しています。

建物の劣化状況に合った、「塗料や材料(外壁材・屋根材)」の選定を行い、ご予算に合った「的確なプラン」の提案を行ってくれます。

親身に相談にのってくれる業者が多く、細かいところまで丁寧な説明を行ってくれると評判です。

費用面に関しても、自社施工店の登録がほとんどで無駄な中間マージンも発生してきません。

屋根修理や雨漏り修理の対応はもちろん、その他の修理やリフォームの提案を受けたい方、複数の業者で比較したい方は「プロヌリ」への相談もおすすめです

口コミ・評判はコチラ

公式サイトはコチラ

-雨漏り修理

Copyright© 【屋根外壁リフォームガイド】費用相場と業者の選び方まとめ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.