雨漏り修理

雨漏り調査の費用はどれくらいかかるのか?

投稿日:

 

雨漏りが発生した場合に、雨漏りの原因や侵入経路を探るために「雨漏り調査」を行っていきます。

その雨漏り調査方法も、さまざまやり方があり「調査に費用」が発生するものもあります。

ここでは、雨漏り調査の種類とその費用についてご紹介していきます。

 

雨漏り調査を行う必要性とは?

 

雨漏り箇所の特定は難しい?

 

雨漏りの「原因」「侵入経路」は、簡単にわかるものもあれば、複雑で判断が難しいものもあります。

意外な場所から雨水が侵入しているケースもあり、原因や経路を特定しないまま修理を行っても、雨漏りが再発してしまいます。

予想で修理を行い、何度も雨漏りが再発して無駄な費用がかかってしまったというケースも少なくありません。

そのため、しっかりと雨漏り調査を行って原因を特定してから修理を行う必要があるのです。

 

雨漏り箇所を特定できず放置してしまうとどうなる?

 

雨漏り調査をせず、やみくもに修理を行って原因を解決できないとさまざま不具合が生じてしまいます。

 

  • 木材が腐食して「耐震性能」の低下
  • 天井が剥がれ落ちる
  • 鉄骨の劣化、コンクリートの強度の低下、土壁の劣化
  • 漏電、アレルギー症状、害虫(シロアリ)の発生

 

このように、しっかりと雨漏り調査を行い原因を解決していかなければ、雨漏りによって状況が悪化して、二次被害も発生してしまいます。

部分的な修理費用が、大規模な工事となり、予算も膨れ上がってしまうでしょう。

 

雨漏り調査の方法とその費用はどれくらい?

 

雨漏り調査とひとことで言っても、その調査方法や費用は様々です。

それぞれの調査方法と、費用などを知ったうえで、雨漏り調査を依頼していく必要があるでしょう。

特殊な機械を用いた雨漏り調査もありますが、ここでは代表的な4つの雨漏り調査について考えてみましょう。

 

目視調査

 

もっともわかりやすい雨漏り調査の一つが「目視調査」です。

目視調査は、実際に調査員が屋根に上がったり、屋根裏に入ったりして、雨漏りが発生しているかどうか、さらにどこから雨水が侵入しているかなど、「原因予想箇所」を目視でチェックしていきます。

機械などを使用することなく手軽に行える雨漏り調査であるため、気軽に依頼することができます。

ただし注意点として、目視調査は経験がものを言う調査です。

熟練した調査員がしっかりと確認するからこそ、どこから雨水が侵入しているのか、どういった経路で屋内に達しているのかなどを把握することができます。

業者がどのくらいの経験を積んでいるのかなどを考慮したうえで調査を依頼しましょう。

 

費用相場

目視調査 「無料」

※高所での調査や、足場が必要になるケースなどでは追加料金が発生する場合もあります。

 

散水調査

 

目視調査よりもより一層正確に雨漏りについて把握するための方法が「散水調査」です。

散水調査はホースなどで屋根や外壁など(原因予想箇所)に水を撒き、実際の雨を再現するという調査方法です。

これで、どこから雨水が入り込んでいるのか、侵入経路がわかります。

ただ水を撒くだけと思いがちですが、散水調査は水の量や向き、継続時間などいろいろな条件を変えて行わなければなりません。

そのため熟練した技術と経験が必要になる調査方法です。

場合によっては1日がかりの調査になることもあります。

 

費用相場

散水調査 「3~5万円」

 

発光液調査

 

発光液調査は発光塗料を混ぜた液体を屋根(原因予想箇所)に流し、紫外線をあてて雨水の侵入経路を把握する調査方法です。

特に屋根裏など暗い部分で雨漏りが発生している場合に効果的な調査方法となります。

散水調査よりも、より複雑な雨水経路を特定する場合などに利用します。

塗料を使いますが、お家への影響はまったくありません。

 

費用相場

発光液調査 「10~15万円」

 

赤外線サーモグラフィー調査

 

赤外線サーモグラフィー調査とは、構造部分の温度変化を調査して雨漏りしている場所を特定する調査方法です。

例えば断熱材が水を吸ってしまっている場合には、雨漏り箇所の特定は困難になります。

それでもサーモグラフィー調査であれば温度変化を捉えて雨漏りしている場所を特定できます。

ですが立地条件や屋根の素材によって調査が難しい場合もあります。

費用はもっとも高く、20万円前後が相場となっています

 

費用相場

赤外線サーモグラフィー調査 「15~30万円」

 

雨漏り調査を行う場合の注意点

 

雨漏り調査は、専門的な知識が必要な作業内容です。

そのため、雨漏り調査を行う場合には、「調査を行う業者の選定」がもっとも重要となってきます。

 

経験の少ない業者に依頼してしまうと?

 

経験の少ない業者に依頼してしまうと、「雨漏りの原因」がわからず、修理を行っても再発してしまう可能性が高まります。

経験がある場合では、目視調査で原因となる箇所をある程度予想できすが、経験がないと多少複雑な場合難しいでしょう。

また、経験が少ないと機械を頼った調査が多くなる傾向にあります。

調査方法が有料な方法でしかなく、費用も高額になってしまうケースが多いので注意が必要です。

 

訪問業者(営業職が強い)に依頼してしまった場合

 

訪問業者で依頼してしまうと、調査は無料で行ってくれますが、ほとんどの場合「修理ではなくリフォーム工事」を勧められます。

部分的な修理で解決する内容の雨漏りでも、全体的な「葺き替えや張替え工事」など高額な工事に話が変わってしまうことが多いです。

確かに、全体的にリフォームしてしまえば、雨漏りが解決する可能性は大幅に高まります。

ですが、予算を抑えたい方は、費用が高額になってしまうケースが多いので注意が必要です。

 

雨漏り調査で失敗しないためには?

 

雨漏り調査を失敗しないためには、「業者選び」を確実に行う事です。

業者の選び方として、雨漏り調査でも何社かで比較していくことがとても大事です。

まずは、無料の「目視調査」を何社かに依頼して、それぞれの意見を聞いてみましょう。

何社かに目視調査を依頼すると、それぞれの業者の「知識」「経験」の差がみえてきます。

その中で、信頼できそうな業者を選び、追加調査が必要な場合には「有料調査」を依頼して、目視で判断できた場合には、そのまま「修理」を依頼していくと良いでしょう。

 

まとめ

 

雨漏り調査にはいろいろな種類があり、費用もそれぞれ異なります。

どのくらい雨漏りしているか、どこから雨漏りしているかによって選ぶべき調査も異なります。

そして、雨漏り調査は「業者の選定」がとても重要となってきます。

複雑な構造であるほど、専門的な知識や経験が必要となってきますので、業者選びも何社かで慎重に行っていきましょう。

 

雨漏りの修理や対策を行うなら「 雨漏り修理110番」

 

雨漏り修理110番は、自然災害で急な雨漏りが発生した場合はもちろん、雨漏りの原因になる箇所への対策や修理を行ってくれる雨漏り修理専門の運営会社です。

全国対応で、低予算の工事でもで迅速に点検調査に駆けつけてくれて、屋根や外壁の部分的な小さな修理から屋根外壁リフォームまで幅広く相談できます。

戸建てはもちろん、マンション、アパートの雨漏りやその対策の依頼も可能です。

急な雨漏りによるトラブルが発生したら「雨漏り修理110番」はスピーディな対応をしてくれるので、まずは無料点検とお見積りを取ってみるのも良いでしょう。

低予算で、ピンポイントで部分的に屋根や外壁の修理をお願いしたい方にもおすすめです

公式サイトはコチラ

 

屋根外壁リフォーム専門サイト「プロヌリ」

 

プロヌリは、全国対応で、加盟基準を満たした「500社」の中から厳選された近くの優良業者を「1~3社」紹介してくれます。

「外壁塗装、屋根塗装、外壁の張替え、屋根カバー、屋根葺き替え、雨漏り、防水工事」と屋根外壁リフォーム専門に対応しています。

建物の劣化状況に合った、「塗料や材料(外壁材・屋根材)」の選定を行い、ご予算に合った「的確なプラン」の提案を行ってくれます。

親身に相談にのってくれる業者が多く、細かいところまで丁寧な説明を行ってくれると評判です。

費用面に関しても、自社施工店の登録がほとんどで無駄な中間マージンも発生してきません。

屋根修理や雨漏り修理の対応はもちろん、その他の修理やリフォームの提案を受けたい方、複数の業者で比較したい方は「プロヌリ」への相談もおすすめです

口コミ・評判はコチラ

公式サイトはコチラ

 

-雨漏り修理

Copyright© 【屋根外壁リフォームガイド】費用相場と業者の選び方まとめ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.